ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【日本対ベルギー!】ドイツ紙「すべては、デ ブルイネにかかっている。」《ドイツの反応》



【ビルト】

今日、日本対ベルギー!


全てはデ・ブルイネにかかっている!



entry_img_2392.jpeg


タイトルに向けて日本はただの途中経過に過ぎない!

ベルギーは今日再びケヴィン・デ ブルイネを起用してくる。この元ヴォルフスブルクの選手は、監督のロベルト・マルティネスを批判していた。彼がここ一年半負けなしにも関わらずだ。彼はこのスペイン人監督の4231の戦術が守備的過ぎると語ったのだ。


その結果として、マルティネスは343システムを採用し、デ ブルイネを中心的なリーダーに据えたのだ。

スポンサーリンク




監督:“彼が決定的な選手だ。”



チームメートたちはこの戦術に感動した。メルテンス:“ケヴィンはいつもより低い位置でプレーしている。彼がボールを持てば持つほど僕らにとっては良い事だ。このワールドカップで彼の美しいプレーをもっと見ることになるだろう。”


日本は代表史上最高の結果を夢見ている。フランクフルトの長谷部誠:“日本はまだベスト8に進んだことがないです。今それを達成するチャンスが訪れました。”







以上です。

短いですがプレビュー記事がありました。明日は誰がデ ブルイネを抑えるか楽しみですね。低めの位置でプレーするとしたら、マッチアップするのは香川選手になるのでしょうか。香川選手はアロンゾとお互いに長所を消し合う試合を何度もしていますが、今回も地味だけれど見ごたえのなる駆け引きが見られるかもしれないですね。できれば香川選手には攻撃でも活躍してほしいです。





[ 2018/07/02 13:45 ] FIFA | TB(-) | CM(7)
そう、香川は格上との対戦だと守備面で効くんだよね。ドイツの経験で見知ってるはずのデブルイネがどういう対応するか。サイドもですが、システムが異なるチームだと引っ張り合いは特に面白い。日本は凡ミスだけは避けなければいけないし、じゃないと試合にすらならない可能性もある。単純に身体的な特徴からも、イランやロシアのようなことはできないでしょうし、戦術はもちろん、戦略と我慢の試合にもっていきたい。
[ 2018/07/02 14:29 ] [ 編集 ]
大迫、香川が前線からプレスかけるなら対応するのは柴崎じゃないですか。
[ 2018/07/02 15:44 ] [ 編集 ]
私はシティの433で、IHやってるデブルイネが好きですね。彼はフイニシャーでありパサーです。
343のデブルイネはボランチ的な仕事。守備が好きでないし、得意でないし、フイニシャーの仕事減ってるし、シティとは別人。まあルカクやアザール、メルテンスがいるから仕方ないけどデブルイネの無駄遣い。
[ 2018/07/02 16:30 ] [ 編集 ]
いかに日本の前目の選手たちが、守備でベルギー中盤の時間と空間を削れるか。我慢して最後までハードワークできればかろうじてワンチャンあるけど。
[ 2018/07/02 16:55 ] [ 編集 ]
長谷部がヴォルフスブルクを離れた約4ヶ月後に、入ってきたのがデブルイネだね。
[ 2018/07/02 17:34 ] [ 編集 ]
シティの話するならデブライネはフィニッシャーじゃないけどな、フィニッシャーやってたのは狼までで
今のデブライネはペップがチャンスとゲームメイクに集中させてるからフィニッシャーはシルバサネスターリングアグエロジェズスでしょ
だから怖いんだけどねデブライネ
[ 2018/07/02 21:14 ] [ 編集 ]
トップ下やらないならそんなに怖くない
日本が守りに行くならバイタルでボール捌かれるから怖いかな
日本は守備に徹したところで自滅するのがみえてるから兎に角攻めて攻めて攻め続ける事だな
打ち合い希望!
[ 2018/07/03 00:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。