ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【日本対ベルギー】ドイツ紙「ルカクはブルー・サムライをねじ伏せる事ができるか?」予想《ドイツの反応》




スポーツビルト】


ベルギー対日本!ワールドカップ予想!


ルカクはブルーサムライもねじ伏せることができるだろうか?



entry_img_2395.jpeg



ロシアワールドカップのグループステージは終わった。ドイツは予想に反して決勝トーナメント進出が叶わなかった。月曜日にはベルギーと日本が対戦する。

ベルギーは、イングランド、チュニジア、パナマのいるグループで難なく1位に輝いている。すでに最初の試合からワールドカップタイトルに向けてプレーしていた。しかし奇妙なことに、ベルギーは1位通過したにもかかわらず、イングランドと比較すると敗者のように映る。


スポンサーリンク


日本も似たような感じだ。アジア人はコロンビアに次いでグループ2位だった。しかし決勝トーナメント進出はフェアプレーポイントのおかげだ。西野監督はポーランド戦でみせたリスキーな考えを告白している。


ベルギーはグループリーグでは優勝候補に相応しい活躍だった。3戦全勝で、攻撃において特に高いレベルを示している。ロベルトマルティネス監督は、ワールドクラスの選手達からまとまったチームを作り上げることができる事を証明した。

エデン・アザールは弱弱しいチェルシーでは弱弱しいシーズンを送ったものの再びワールドクラスの活躍をしている。このプレーメーカーはすでに2得点を挙げており、とくに5:2で勝利したチュニジア戦で活躍している。さらにロメル・ルカクもロシアで大活躍だ。この24歳は現在マンチェスター・ユナイテッドでプレーしているが、2試合で4ゴールをあげ、ゴールへの嗅覚を証明している。
イングランド戦ではルカクは温存されたが、それはチュニジア戦で打撲したためである。ベルギーはイングランドに1:0で勝利し直接対決を制した。しかしこの試合は最初から奇妙な試合となった。両チームともBチームでスタートしたので、トップスター達の競演は見られなかったのだ。
また2位になったイングランドは、コロンビアとより難しい相手と対戦することになったが、先に進んだ場合は明らかに楽な山に入っている。“我々は一歩ずつ考えていかなければならない。でも我々はどこが相手でも大丈夫だと思う。”とマルティネス監督は語った。2位の方が良かったのではないかという質問に対しては、“正直にって今非常に幸せだ。”と語っている。日本戦では再びディフェンダーのボス、ヴィンセント・コンパニーを起用することが可能だろう。


日本は激しいスタートを切る事に成功した。予想に反してブルー侍は初戦で最有力とみられていたコロンビアに2:1で勝ったのだ。
その後、香川真司に率いられてセネガルに2:2で勝利した日本は、ほぼグループリーグ突破が確実とみられていた。しかし西野監督がポーランド戦で、このBVBスターやフランクフルトの長谷部をベンチに置いたのだ。その結果ポーランドが1:0でこの非常にみすぼらしい試合に勝利することになった。両チームともやる気のないプレーをし、多くのファンの不満と怒りをかったのだ。試合後西野監督は、“他の試合の結果にまかせる事に決めたんだ。”と語っている。“もちろんこうした状況になった事は幸せではない。点を入れられることは我々の計画ではなかった。そのため非常に難しく危険な状況になってしまった。”その結果ブルー侍は、フェアプレーポイントの結果、決勝トーナメント進出が決まったのだ。


これまでのベルギー対日本の直接対決では、わずかにベルギーが有利だ。これまで両チームは3度対戦しているが、ベルギーは1試合でしか勝利していない。その他の2試合は引き分けだった。最後に戦ったのは昨年の11月だが、ベルギーがルカクのゴールで1:0で勝利した。


予想


ベルギーが明らかに優勝候補であることは、すでに証明済みで、彼らがより先に進みたい事ははっきりしている。日本は力強いパフォーマンスの後で明らかに低迷しており、本当にぎりぎりで決勝トーナメント進出を決めている。ベルギーに対して日本は苦労するだろう。日本人が戦術的に対処したとしてもベルギーの攻撃パワーに力を奪われてしまうだろう。ルカクは再びワールドクラスに達しており、フィジカルで劣る日本は苦労するとみられている。そのためベルギーが最低でも2点差以上で勝利する可能性が高い。







以上です。

最後のベルギーとの直接対決は、数字が違いますが、いったいどこの情報なのでしょうか、日本がベルギーに勝ったのは2013年と2009年、引き分けは2002年と1999年です。こうしたデータぐらいはきちんと調べてほしいものですね。まあ大方の予想がこうなるのは仕方ないですね。しかしロシアがスペインに勝利し、きのうのデンマークもクロアチアを相手に惜しいところまでプレーしました。是非とも接戦に持ち込んでもらいたいですね。



ポーランド戦で物議を醸し、ベルギーにすっごく舐められてる
なんか起きる予感しない?
そして対馬北上する台風接近
ま・さ・に・神風じゃないか?!
ジャイキリ期待してます
[ 2018/07/02 18:42 ] [ 編集 ]
わーい!管理人さんが大量に記事を更新してくれてるので早くも盛り上がって来ました!!
今日は早く寝て試合開始少し前に起きます。
ここまでの下馬評を付けられる程の相手にどこまでやれるのか楽しみですね!
[ 2018/07/02 18:48 ] [ 編集 ]
ベルギーはルカクだけじゃなくアザールメルテンスデブライネ控えにも弟バチュアイフェライニと山ほど怖い選手がいるからな
どこもかしこもルカクルカクいっててベルギー舐めてる感がすごいが日本代表はその辺きづいてて欲しいもんだ
[ 2018/07/02 20:55 ] [ 編集 ]
渋谷でお祭り気分のサポーターなら兎も角そこそこサッカー知ってるサポーターのジャイキリとか神風とかマグレみたいなコメントにはガッカリする
単純に出せる最高のメンバーで出来ることをして勝つ、それだけでしょ
というか今回のベルギーはマグレじゃ勝てないくらい仕上がってるからね、正直ブラジルだって倒せないってくらい
[ 2018/07/02 21:37 ] [ 編集 ]
最期の対戦が去年11月の親善試合だったというのなら、親善試合も入れて良いのなら両国の対戦成績は
日本の2勝1敗2引き分けのはずでベルギーは去年の親善試合が日本からの初勝利だったはずだけど
マスコミの記者ってどこの国も適当でお気楽だねw
[ 2018/07/02 21:38 ] [ 編集 ]
ルカクよりもデ・ブライネの方が恐いわ
[ 2018/07/03 00:01 ] [ 編集 ]
日本も仕上がってるからね。ナメてると痛い目に遭うよ。
[ 2018/07/03 01:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。