ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【日本対ベルギー】ドイツ紙評「原口と乾のスーパーゴールが世界中にショックを与える!」《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】




ベルギー対日本

このスーパーゴールが世界中にショックを与える!しかしベルギーが印象深く逆転



entry_img_2397.jpeg



ワールドカップ決勝トーナメント第1回戦でベルギーと日本がそれぞれに見せ場を作った。


日本は、優勝候補のベルギーに挑んだが、専門家たちの試合前の予想では、ケヴィン・デブルイネ、そしてエデン・アザールらがどれだけ点差をつけてブルー・サムライに勝利するかどいうものだった。


スポンサーリンク


試合前に解説者のオリバー・カーンに“日本がベルギーに勝つチャンスはどのぐらいですか?”という質問が及ぶと、カーンは、“本来であれば、ノーチャンス”と語っていた。



そして前半はそれを感じさせる場面が何度も見られることになった。ベルギーは勇敢に攻め、先制するチャンスを何度も作ったのだ。しかしベルギーはポスト直撃のシュートを放ったり、もしくは川島のスーパーセーブにやられたり、または自分達で神経質になっているかだった。



原口と乾がベルギーをショックに!



後半は2度のショックが!素早いカウンターから原口元気(ハノーファー)が先制点を決めたのだ。


そして、その4分後BVBスターの香川真司は見ごたえのあるヒールキックで乾貴士にパスをだすと、彼は24メートルの距離からファーサイドに夢のようなゴールを決めたのだ。


スタジアムの日本のファン達が大喜びする一方で、ベルギーのファン達は、信じられないという表情をしていた。ドイツ、アルゼンチン、スペイン、ポルトガルに続いて、優勝候補がまたしても敗れてしまうのだろうか?


しかしベルギーの選手たちはベルギーのファン程ショックを受けてはいなかったようだ。ワールドカップ優勝候補は勇敢に攻め続けた。70分にはフェアトンゲンが一点差に縮め、75分にはフェライニが同点ゴールをあげたのだ。


そして試合終了間際にクレイジーが。夢のようなカウンターからチャドリが点を決めて3:2で勝利したのだ。


このゴールの後でベルギーの選手とファン達は大喜びをした。ベルギー人は試合終了後ほっとした様子でベスト8進出を喜んだが、日本代表はフィールドに沈み込んだ。







以上です。


本当に良い試合だっただけに悔しいですね。フェライニが出てきたところで、メンバーを変えるかなんかして何らかの対処が必要だったように見ていて感じましたが、そこが選手層の違いでしょうか。

それにしても大迫選手を1トップ、そして香川選手のトップ下、乾選手のサイド、などなどようやく世界を相手に戦える、これだと言えるメンバーが見つかったかのように見えただけに、残念です。できればもうすこしこのメンバーでの成長を見てみたかったですね。

今回の日本の活躍で、もしかしたらまた日本でプレーする選手をスカウトしにくるクラブが増えるかもしれませんね。2010年の後に一気にブンデスリーガ移籍が増えましたが、このワールドカップの後で若い選手がヨーロッパに移籍できるようになると良いですね。



[ 2018/07/03 08:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(24)
香川がキレキレで元セレッソコンビの左側が恐ろしいぐらいの脅威になってましたね。
そこへ長友なんかが絡むから、アルデルヴァイレルトがパニックに陥りコンパニ、フェルトンゲンまで釣りだされて凄かった。錚々たる最終ラインなんですがw
[ 2018/07/03 09:03 ] [ 編集 ]
一昔前ならば前半で勝負がついていたでしょう。海外の経験者が増えてメンタル含めて成長しましたね。
でも疲労感が漂っていたので、延長に入ったら点差をつけられて敗戦していた様な気がします。二点先行していながら、なおも攻めたのはポーランド戦の影響(腰抜け呼ばわり)もあるのかな。最後のコーナーで吉田まで上がったのは、延長は保たないと最後の勝負に行った気がします。間違いなく汚名はそそげたと思います。
次回大会までに選手層の充実とゲームの終わり方が命題ですね。代表諸君、お疲れ様。
[ 2018/07/03 09:06 ] [ 編集 ]
残り20分で2点差返されて逆転負けをいいゲームはない。
特にロスタイムに入ってセイフティーにいかなければいけないところを突っ込んで自滅したんだから。それもかえたプレーヤーのミスだったからな。
こんなのをいいゲームというなら欺瞞も甚だしい。我慢して我慢してゲーム作って点に絡んだプレーヤーなら内心怒ってるのが普通だよ。乾、原口、香川、柴崎あたりはいい仕事が報われなかっただけに悔しいくらいじゃ済まないと思うよ。見てる側としてはかける言葉がないな。
[ 2018/07/03 09:22 ] [ 編集 ]
本当に若い次世代の選手たちはどんどん海外にでて壁にぶち当たって乗り越えてほしいです

管理人さんも前回のワールドカップから4年翻訳し続けてくれて、日本のサッカーの為に戦った一人ですから悔しいのは当然だと思います

私も選手を4年間追ってきて選手の一人一人の4年間のストーリーが解っているので悔しい
[ 2018/07/03 09:32 ] [ 編集 ]
2-0で勝ってていくら調子いいと言っても3点目を取りに行こうとした西野監督には疑問が残る。
ポーランド戦はなんだったのか。
管理人さんも触れてるけど、2点ビハインド持ってる状況でフェライニ入ってからも35分過ぎるまで対策しなかったベンチワークの敗戦と思う。
あとは協会が今回のドタバタをどう総括するか、よくやったで終わらせてはならない大会だったと思う。
[ 2018/07/03 09:43 ] [ 編集 ]
結局はずっと言われていた攻守の切替の遅さが集約されていた3失点目でした
ベルギーの選手が走り始めているのを見てから戻りを開始する日本
誰もクルトワの前に立って妨害もしない

フェライニ投入でバランスが崩れる守備にはドログバ投入を思い出して悲しくなりました
ただ、トータルで見たら本当に善戦してくれたと思います
[ 2018/07/03 09:43 ] [ 編集 ]
長友本田長谷部が年齢的に最後なのが悲しい。
これ以上の選手が出て来ることを祈る。
[ 2018/07/03 09:50 ] [ 編集 ]
代表チームにこれほどのクオリティを感じたのは初めてだっただけに、私もこのメンバーで戦えるのは今回が最後だということを残念に思います
ただし四年後選ばれるだろう選手にも中島、森岡、南野から堂安そして伊藤など確実に選手も育ってきていますし今後も応援したいですね
今回の結果を受けてブンデスリーガに日本人選手が増えたらいいなとも思います
管理人さんもブログの更新は大変でしょうが、微力ながら応援しています
[ 2018/07/03 09:59 ] [ 編集 ]
フィジカルの圧力を処理できるセットはなかった、負ける根拠がちゃんとあったゲームだったのは了解必至。

フィジカルプレーでも1つ2つならなんとか瀬戸際で凌ぎうるが、ビハインドの相手がリスクを負って前加重になり4つ5つとフィジカルサイドのプレーが連なるとやはりそもそもの日本の耐荷重が堪えられない。つまり試合前に用意すべき耐荷重値そのものがまだまだトーナメントを勝ち上がってく水準を伴っていないということ。
最低でも各列に一人は動きのないコンタクトでも勝てる選手を配置できる布陣が日本としての限界線だというのが見えてきている。
[ 2018/07/03 10:35 ] [ 編集 ]
ベルギーおめでとう!
日本ありがとう!
敗れはしたが誇りに思うよ。お疲れさまでした
[ 2018/07/03 10:37 ] [ 編集 ]
海外での経験が必要ですね。日本は普段本気の強豪国と戦えないので個人が海外のクラブで経験を積むしかない。今回のスタメンのメンバーはほとんど海外でのキャリアが長い。特に香川はCLでの経験も豊富なんでベルギーの選手達にも全く臆するところが無かった。頼もしかったですね。

それにしてもブンデスが多くの日本人選手を育ててくれたのは間違いない、感謝ですね。あとリーガはやはり戦術やテクニックがしっかりしてるんで乾や柴崎が成長したんでしょうね。
[ 2018/07/03 10:39 ] [ 編集 ]
何時も楽しく拝見しております。ありがとうございます。

2-0となった残り時間(アディショナル含め30分程度でしょうか)の使い方。

よりホゼションを高め攻めながら守る。

※ゴールキックからのリスタートでほぼ全てマイボールから相手へプレゼント。
キーパーからのビルトアップでマイボールを確実に維持し相手の時間を減らす。

自分たちが有利な状況での狡さ、したたかさが足りない。
2006年ドイツワードカップのオーストラリア戦の逆転負けから何ら変わっていない。
次の世代には直球だけではなく変化球(狡さ、したたかさ)を学んでほしい。 
[ 2018/07/03 10:55 ] [ 編集 ]
あの状況は原口or柴崎に代えて植田、槙野等のフェライニに対するストッパーを入れるぐらいしか方法が無かったですね
成功しているフォーメーションを崩してまでの判断が出来なかったからこその山口でしたが・・・裏目に出ましたからね
悔しいですが日本の層とベルギーの層の厚さが勝敗の分かれ目ですね
[ 2018/07/03 11:20 ] [ 編集 ]
フェライニのところですぐに本田が思い浮かびましたが
セットプレーは強くはなりますが、常時のディフェンスとしてはあれなので
おっしゃる通り選手層の違いですね
大きくて強い山口のいない日本
[ 2018/07/03 13:09 ] [ 編集 ]
試合運び自体間違ってなかったけど、本来の能力に1.5倍の差を感じた。
[ 2018/07/03 13:35 ] [ 編集 ]
管理人さん、この日本ベルギー戦はドイツの民放でも放送されたんですか?
それとも有料チャンネルのみでしたか?
[ 2018/07/03 13:39 ] [ 編集 ]
確立された日本の崩し方。
アジアでは欧州選手のような正確なプレーと体格を持った選手が少ないので日本が優位に立てていますが、明らかにゴールエリアに放り込む作戦が有効だと再度晒した格好になりました。
近年では日本もアジアのチームに手子摺る機会が増えていますが、失点のパターンが毎回似通っている事が残念です。
[ 2018/07/03 17:39 ] [ 編集 ]
最後のコーナーは次の世代の事を考えると、きちんと報道すべきだと思う
延長ではもたなかったかもしれない、と庇うより、現実を報道して
次につなげないと意味がない
[ 2018/07/03 17:42 ] [ 編集 ]
本当に悔しい試合だった。
交代は見ていた自分でさえ難しいなと思ったので変えないという決断したのかなと。ただベルギーは交代した選手が活躍したのに対して日本は駄目でしたね。選手層の違いが響いた形でしたね。
ただ最後の本田のコーナーのマネジメントは本当に酷かった。悔しい。
[ 2018/07/03 18:40 ] [ 編集 ]
アザールのポストは前半じゃなくて日本の得点後だけどなー
[ 2018/07/03 20:56 ] [ 編集 ]
07/03 09:22
全く同感です。日本は劣勢時のイメージと戦略は考えて有っただろうが、2点先行した後の戦略は考えて無かった。そしてイメージの共有が無かった、そこが世界との差。
相手がシステム変更してもベンチからの対策が無かったし、それはずっと感じていた疑問。やはり監督とサブがレベル低かった。スタメン組は本当にお疲れ様。スタメン組は感動をありがとう。
[ 2018/07/04 00:00 ] [ 編集 ]
守備専門にさせられていた原口の久々のゴールは良かった
攻撃的な選手なのに守備、守備、守備の守備しか褒められず、それを当然としていた風潮は本当に哀れでしたからね
[ 2018/07/04 21:03 ] [ 編集 ]
まーたフィジカルや個の力とか言ってる人がいて悲しくなるね
各列にとかグリーズマンやサラー、デブライネやハメスはフィジカル強いのか?香川や乾、原口や柴崎は個の力ないのか?
そもそも相手に引っかかるからフィジカルが必要になるわけで、引っかからないスタイルを短い期間で見せてきた今大会の日本代表のサッカーと選手の特性を突き詰めた方が良いわ
そりゃ各々の骨格やプレイスタイルにあったウェイトバランスは必須だが、黒人や白人選手に止まったまま当たり負けしないまで増やしたら日本人最大の武器であるアジリティが下がって組織的な守備をする現代サッカーじゃ二、三人に詰められて終了だろ
[ 2018/07/04 22:15 ] [ 編集 ]
個の力とフィジカルは大きいでしょうに
それがないから今の日本のやり方なんだから
[ 2018/07/05 19:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。