ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ソクラティス!アーセナル移籍が決定!2000万ユーロで移籍!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】


ソクラティスのアーセナル移籍が決定。




entry_img_2399.jpeg

決まるまでに長い時間がかかったが、ようやく正式に決まった。


ボルシア・ドルトムントのソクラティスがアーセナルに移籍するのだ。


ソクラティスの移籍金はボーナス込みで約2000万ユーロとなっている。ソクラティスはアーセナルで元チームメートのオバメヤンとミキタリアン、そしてスカウト部長のミスリンタートに出会う事になる。


スポンサーリンク


この移籍はすでに数週間前から決定事項とみられていたが、これでようやく正式に決定した。それは決算の時期が関わっていたようだ。ドルトムントでは7月から新たなシーズンが始まる。ソクラティスの移籍金はそこに含まれることになる。


ドルトムントはすでに昨シーズン、オバメヤンとデンベレーの移籍金で大金を獲得しており、そこにソクラティスが加わるとさらに大量の税金を払う事になってしまうのだ。


ソクラティスが移籍したことでBVBはレギュラーを失うが、すでにその後継者を獲得している。マインツのディアロだ。彼は2800万ユーロでの移籍となるが、これはチーム史上2番目に高額な移籍となっている。








以上です。

ソクラティスの移籍が決定しましたね。ソクラティスはインタビューではタイトルの獲得を強調していましたが、チャンピオンズリーグのないアーセナルを選んだのは少し意外でした。他のクラブも上がっていたので。ただプレミアリーグは強いチームがいくつもありますし、そういう意味では魅力的ですね。

[ 2018/07/04 06:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(20)
チームスタイルの再獲得が急務ですかね。連携と連動、高速プレーと判断。ダフートやフィリップは才能あると思うので、連携が熟成してくれたら良いチームになりそうな気がします、攻撃陣は。守備陣はちょっと心配かな。
[ 2018/07/04 07:09 ] [ 編集 ]
ロンドンなのがいいですよね
家族持ちなら給料とか住みやすさを考えるのも解る
[ 2018/07/04 07:20 ] [ 編集 ]
エメリ(コーチ込みで)は優秀な監督ですし、リーガ時代もペップバルサ以外だったらだいたい倒してたはず。
育成、再生も得意だし(アスパスは持て余してたけど)以外と来シーズンのCL圏フィニッシュは可能かもしれません。イングランド勢主力のトッテナムは疲れで勢いがおち、モウユナイテッドは相変わらず塩試合で勝ち残っても、クロップリバポは遅攻の模索で勢いが落ち、チェルシーは監督含め、再構築シーズン。
私の覚えている限り最近プレミアに挑戦したリーガ出身監督で失敗したのって、超攻撃サッカーでおなじみのパコ・へメスくらいで他はみなそれなりに成功してると思うんですよね。
[ 2018/07/04 08:39 ] [ 編集 ]
ドルトムント、プレミアリーグ支部みたいになってきた
アーセナルは監督変わってどうなるか楽しみではありますね
[ 2018/07/04 09:02 ] [ 編集 ]
今じゃアーセナルのスタメンのほぼ三割がドルトムント出身ですね

ソクラティスは長年貢献してくれましたし、今シーズンなどはパフォーマンス落ちてたんでアーセナルで頑張って欲しいですね
ドルトムントはトプラクとアカンジは大分適応してきてるのでもう一人くらい主力級のCBが欲しいですね
ザガドゥがそうなれば良いんですが‥
[ 2018/07/04 09:25 ] [ 編集 ]
パパがいなくなるのは寂しいが裏を抜かれる事も多かったしディアロとデラネイはいい補強だと思う。特にデラネイはドリブルも出来てスピードもあるからドルにスピードが戻ってきそう
[ 2018/07/04 09:25 ] [ 編集 ]
リヒトシュタイナー、レノ、ソクラテスそんでトレイラもほぼ決まり。 ミスリンタートフル稼働ですね。補強も的確でやはり素晴らしい。
[ 2018/07/04 09:29 ] [ 編集 ]
日本のネット上では香川もアーセナルのターゲットと少数見かけたのですがドイツでは記事にはなっていませんでしょうか?
エジルがいるしガセだともちろん思いますがBVB好きとしては少し心配でしたので
[ 2018/07/04 09:30 ] [ 編集 ]
パパがいなくなるのは悲しいけど、ディアロに期待
[ 2018/07/04 09:31 ] [ 編集 ]
えーと次はヴァイグルと最後の一花で香川かな(笑)
[ 2018/07/04 10:58 ] [ 編集 ]
もはやチーム名をアーセナルに変えてプレミアに参入する勢い。
[ 2018/07/04 11:59 ] [ 編集 ]
ああパパ、今までありがとう、本当に悲しいよ
それにしても来期のCBはアカンジとトプラクですか・・・
乾いた笑いが出ますねぇ
[ 2018/07/04 21:01 ] [ 編集 ]
いやいや今やエジルと比較して香川が明らかに劣ってるって言う人は殆どいないでしょ
マンユ時代ですら香川がいたらとか言うレアルサポもいたくらいだしね
ロシアW杯の結果もあるしガナに狙われてもおかしくないと思うよ
[ 2018/07/04 21:39 ] [ 編集 ]
情報早かったのに決定が遅くなったのは税金絡みですか・・・
推定金額も思ったよりやや低い。
しかし、スタメンを考えるとザガドゥ苦しいね、ユース兼任になるのかな?

タイトルならアーセナルも十分狙えると思いますよ。
数年後ならプレミア勢復権の可能性は高いから・・・
彼の年齢なら3年後位までを視野に入れての決断じゃないですかね?
まあ、決断が正しいかはあまり重要ではありません。

プレミアは一般には最高の人材が集まる最高峰の場として魅力的なのでしょう。
人材の質から確かに強さもかなりのものです。
でも、個人的にはその辺りには全く魅力を感じないのですけどね。
[ 2018/07/05 00:34 ] [ 編集 ]
>プレミアは一般には最高の人材が集まる最高峰の場として魅力的なのでしょう。
>人材の質から確かに強さもかなりのものです。
ここは同意だけど
>でも、個人的にはその辺りには全く魅力を感じないのですけどね。
ここには同意できないな、選手だけでなく監督の人材の質すら軽視してバイエルンに集めた結果が昨今のブンデスリーガの低迷にあるわけで、同じ一強リーグでもセリエのユーべはナポリやローマからPSGもマルセイユやモナコからバイエルンほど選手獲得してないから国内リーグで最低限の緊張感は保たれてる
[ 2018/07/05 02:05 ] [ 編集 ]
香川は何処からかオファーあるにしても柴崎がドルにくるかもしれないってのも出てるね
ボランチはバイグル、デラネイ、ダフード?、シャヒン、ローデ
シャヒン、ローデは移籍あるかもだけど、、、今期のFWと監督次第ではありかな
[ 2018/07/05 04:25 ] [ 編集 ]
日本代表で一番世界に見せつけたのは柴崎だと思うけど2.5〜3.5までこなさないといけないドルトムントのセントラルは無理だろ、となればより前でとなるが香川が移籍しなきゃ被るし同国選手が異国クラブで同ポジ争うとか悲劇だわ、どちらも得しなさそう
[ 2018/07/05 06:14 ] [ 編集 ]
>2018/07/05 02:05
好みの話で自分はプレミア的な強さに魅力を感じないだけですよ。
せっかくなので意見を返させてもらいますね。

人材の偏りで低迷してるのは、ある意味正しいと感じます。
でも、少し前は周辺リーグ含めた若手発掘で好循環が成立してたと思う。
ここが色々な状況から破綻し始めてるなと考えてます。
だから、バイエルンに集まる構造が悪いとは考えてないね。
状況を覆し昔を望むのは非現実的だけど・・・
そこを変えても全体改善に繋がるように思えないからね。

まあ、他リーグは詳しくないし色々違う気しかしないのだけど・・・
他が良いとも思えないし、緊張感もピンとこない。
[ 2018/07/05 07:53 ] [ 編集 ]
柴崎が来るなら香川は移籍するべき
わざわざ同じクラブでやるメリットはない、同じポジになれば勿論のこと違うポジでもその連携に依存し片方がカタールへ行けなくなった時のデメリットの方が大きいからね
ウェルベックミキオバパパがいるアーセナルでもマタルカクポグバサンチェスがいるマンユ噂が出てるどちらでも今の香川なら上手くやるだろう
[ 2018/07/05 10:19 ] [ 編集 ]
パパは香川と同じ29歳だったんだ
しかもトプラク歳下やし
[ 2018/07/10 05:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。