ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 内田パートナー・ファルファンの膝はどの程度深刻なのか?


内田選手と抜群の相性を見せてくれるシャルケのファルファンですが、今シーズンは怪我のためまだ出場していません。

実際に彼の怪我はどの程度のものなのか、本日発売のビルトの記事を紹介します。




20150102195045c38.jpg

ファルファンのカムバックが危ぶまれる

彼の膝はどの程度深刻なのか?


彼の怪我は彼のドリブルのように混乱させるものだ・・・・。


シャルケのストライカー・スター、ジェファーソン・ファルファンは4月の5分間の出場からすでに10ヶ月も離脱している。現在は右膝の軟骨の損傷によって、リハビリのために姿を消している。

シャルケの監督であるロベルト・ディ・マッテオはファルファンが冬の準備期間からチームに合流し、カタールのキャンプへ一緒に飛び立てるという希望を持っていた。

しかし、彼のチームへのカムバックは突如として危ぶまれる状態となってしまった。このペルー人は家に残った方が良いようだ。

20150102195046d8e.jpg

カムバックが危ぶまれる - ファルファンの膝はどの適度深刻なのか?


彼の治療は最初から最善のものではなかった。シャルケとファルファンは(ファルファンは夏休みに理学療法士をペルーまで連れて行った。)最初保存療法を始めたが、それは何の結果ももたらさなかった。

そして7月には壊れた膝を手術しなければならなかった。ファルファンの代理人であるロジャー・ヴィットマンはビルトに“この負傷は決して小さなものではない。”と語っている。


スポンサーリンク


このシャルケの右サイド(シャルケで219試合に出場して53ゴール71アシスト)がいつ再び旋風を巻き起こせるかは、まったくわかっていない状態だ。負荷を重くし、良い状態に戻るまでにはもっと長い時間がかかる事もあり得る。

現時点ではサインをする時のみ働く事ができるようである。彼は今度の日曜日にヘルテンのファンクラブで行われる新年会に来るようだ。
20150102195047ed9.jpg

それ以外のスター選手にまつわる心配事は?

▶コラシナツとドラクスラー、ゴレツカそしてオバシはドーハのキャンプには同行しない。

▶それに対してボアテンは同行する計画

マティップに対しても希望がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上になります。

10ヶ月の離脱は長いですね。ドルトムントのギュンドガンも手術を拒否し保存両方を選択しましたが、結局効果が現れず手術に切り替えましたね。ギュンドガンの手術後の経過は良かったようですが、ファルファンの場合はどうなんでしょう。手術してからすでに半年ですから、心配です。

ディ・マッテオに変わってから3-5-2になり以前と異なるシステムでプレーしているシャルケですが、内田-ファルファンの連携をもう一度みたいですね。

【おまけ今日のドイツ】

20150102200729bbd.jpg

20141227225031bdb.jpg

ドイツ版ポッキーのMIKADOのモデルになったMIKADOゲーム
管理人の家にありました。

[ 2015/01/03 07:30 ] シャルケ04 | TB(-) | CM(2)
内田とのコンビネーションが見たいのもそうだけどシャルケで圧倒的な存在だから復活してほしい
あとゴレツカドラクスラーも間に合わないって痛過ぎるな
[ 2015/01/03 15:13 ] [ 編集 ]
サッカーはチームスポーツですので、パートナーの怪我は、チームにとっても痛いですね~!早く良くなり、高いレベルでのパフォーマンスを見たいですね~!!
[ 2015/01/04 07:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。