ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キーパーのレジェンド!シュマイケル!ネイマールを批判!《ドイツの反応》




ビルト】



デンマークのレジェンドご立腹!

パパ・シュマイケル!ネイマールを批判!



entry_img_2400.jpeg



ネイマールの演技とその結果。デンマークのキーパー・レジェンド、ペーター・シュマイケルが口を開いた。

一番腹が立つのはメキシコに2:0で勝利した後で、ネイマールがFIFAによってマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた事のようだ。

スポンサーリンク


“なんてこった。ネイマールがFIFAによってMOMに選ばれるとは。でもFIFAは彼のプレーする態度をもっとよく見るべきだね。これは大損害だ、という以外に言葉が見つからないよ。”とシュマイケルはテレビ番組、ロシア・トゥデイで語っている。



現在のデンマーク代表、カスパー・シュマイケルはさらに続ける。


“私、この選手がプレーしなければ良かったと思っているよ。彼を見るのは本当に腹立たしいからね。彼が相手の選手が罰せられるように挑発する様子と言ったら・・。”


ネイマールの演技を見た彼はこう思ったようだ。“担架が運ばれてきて、彼は病院に運ばれると思ったよ。そしてもう見ることはないとね。”


残念ながら間違いだ!ネイマールは金曜夜の準々決勝、ベルギー戦に出場する。







以上です。

これはなかなかすごい回転でしたね。ドイツの解説者はかつてレヴァークーゼンでプレーしていたブラジル人のロベルトだったのですが(ドイツでは、ツェー・ロベルトと言われています。)、元ブラジル代表の彼でさえ、ネイマールには呆れているといった発言をしていました。素晴らしい選手なんだから、こんなのしなければ良いのに・・と。

しかし、これはもはやある種の様式美というか、ネタとしてみれば第三者にとっては中々面白いですよね。



[ 2018/07/04 10:45 ] FIFA | TB(-) | CM(22)
自分もネイマールの受け入れ方に困っています。 これじゃオオカミ少年ですよ。 実際腰椎骨折なんて大怪我もしているはずなのに、同情するという思考が沸いてきません。このやり方じゃ失うモノの方が多いと思うんですけどねぇ
[ 2018/07/04 11:02 ] [ 編集 ]
活きのいい魚
おもちゃ屋で駄々こねる子供
ロープを探すレスラー
前世はエビ
殺虫剤噴きかけられた虫

あだ名がどんどん増えていってますね……
[ 2018/07/04 11:24 ] [ 編集 ]
スアレスとネイマールがピッチに転がってても、審判、味方含めてピッチ上にいる選手全員が無視してプレー続行してるシーンを見るのが私は大好きです

でも、日本のナイーブな試合運びを見ると、ネイマールの勝ちへの執念は見習うべきですね
相手ペースに絶対させない為にプレーを切りたい、流れも渡したくない、という主張に見えますから。やりすぎはよくありませんが、イライラしてしまったらネイマールの作戦勝ちです

日本はアジア予選で中東のチームが似たような事をするので、慣れてしまった人も多く、今日もネイマールはゴロゴロしてるなあ、とのんびり思う人もいるでしょうね
[ 2018/07/04 11:47 ] [ 編集 ]
実生活であんな痛がってる人を見たら「この人の命が危険」って判断すると思う。
ああいう事をしてると本当に危険な時に後悔する。
[ 2018/07/04 11:57 ] [ 編集 ]
スアレスのダイブのネタ動画があるのですが、世界一周する勢いでした(笑)
日本ではネイマールではなくダイバールとかコロガールとかネイマルな!とか言う人もたまに居ます。もう何処まで転がるのやら…(笑)
[ 2018/07/04 12:00 ] [ 編集 ]
様式美!!
うまいこと言いますね!
[ 2018/07/04 12:02 ] [ 編集 ]
ネタとしては笑えるんだけど本人のものすごい素質を考えるとなぁ・・・
リーガで10点くらいのストライカーがやるなら ああまたあいつか くらいで終わるんだけども
ネイマールはもったいなさすぎるんだよなぁー性格酷いのも突き抜けてるから今後改善する気も全くしないが・・・w
[ 2018/07/04 12:06 ] [ 編集 ]
面白くはないなー
プレー止まる、相手をだます、審判だます
フットボールと全く関係のない演技で、なおかつ周りに害が及ぶ

不快極まりない。
シュミレーションがあるのだから、粛々とカードを提示すべき
[ 2018/07/04 12:17 ] [ 編集 ]
ネイマールは本当に痛いときは全然動かないよ。ソースは背骨折ったときの映像
[ 2018/07/04 12:23 ] [ 編集 ]
『様式美』に爆笑してしまいました
[ 2018/07/04 15:16 ] [ 編集 ]
背骨の時は痛くて動けないとかとはまた違うんじゃね?笑

まぁネイマールよりエムバペの方が爽やかでクリーンで好きだけどね。
[ 2018/07/04 18:36 ] [ 編集 ]
彼は演技をカメラに抜かれるのが快感なんじゃないのかな(笑)
サッカーより演技を見せられたようで、彼の出る試合は時間を無駄にした気分になる
[ 2018/07/04 19:32 ] [ 編集 ]
リードしてると長くなるから味方を休ませたり守備確認したりの時間らしい
日本と真逆だね
[ 2018/07/04 21:18 ] [ 編集 ]
世界ではこう言われてるのに日本ではネイマールが良い奴フェアプレイヤーみたくメディアが流してるのが草
一試合目のシミュレーションは本当に酷かったからな
VARあって良かったわ
[ 2018/07/04 21:36 ] [ 編集 ]
 そこまでするのかってくらいネイマールは自己PRを欠かしませんね。チームの為ではなく自身をPRする為の所作のように思います。

 まぁでも、あのエビのような跳ね回りや、芝刈り機のような回転は世界中のサッカーファンを笑わせました。秀逸なGifが量産されていて、それらが私を楽しませています。彼は超一流の才能をもった芸人として人々の記憶に残ることでしょう。
[ 2018/07/04 22:56 ] [ 編集 ]
まあネイマールに限らず南米はこういうの多いよね
でもそれには理由があると思う
南米の田舎でサッカーやってたら、そうやってアピールしないと審判が見逃す割合が高いんだと思うよ
そうなると削られまくるわけだから、なにかしらの策を講ずることになる
やり返すか、過剰な演技で審判にアピールして相手がやりづらくさせるようにするとか
やり返してたら自分が退場になるリスクがあるわけだから、ネイマールのような将来有望な選手は演技に走るんだと思う
演技は好きじゃないけど、そういう背景があることを考えたら理解はできる
ネイマールは一応脚を踏まれていたわけだし、ああいう細かいところもVARで即処分できるようになれば変わると思うけどね
[ 2018/07/04 23:26 ] [ 編集 ]
審判やルールが変わらないなら立派な駆け引き材料なんだけどな、あぁいうのって。
勝ちに拘るか自分に対する評価に拘るかの違いであって、今回のネイマールは前者やろ。兎に角勝ちたいからルールに沿って時間稼ぎしてるに過ぎないと思うけど。
実際カード貰わずに結構な時間稼げてるしな...あら有効な手段よ。非難も全部ネイマール行き。ネイマール本人がいいなら使わない手はない。
[ 2018/07/05 01:11 ] [ 編集 ]
卵と鶏。実際にネイマールの被ファウル数も多いわけで……まぁ、ネイマールの演技は酷すぎるけどね。ネイマールってフェアで対人に強いDFだとイライラして自滅したりもあるんだけど、そんなDFは少ないからね
[ 2018/07/05 01:55 ] [ 編集 ]
いや他の選手ならファウルにならないようなものでもネイマールだけはなる、貰うのが上手いんだろうけど最早やりすぎなんだよね
[ 2018/07/05 06:08 ] [ 編集 ]
オオカミ少年ネイマールが、もし本当に骨折しても、もう誰も信じないね。
奴は!前回大会で怪我して同情されて、いい思いしたのに味を占めて繰り返してるんじゃない?
[ 2018/07/05 06:43 ] [ 編集 ]
たぶん民族によって捉え方が違うと思います。日本人とドイツ人は感性が似てるので、ネイマールの様式美?は称賛されないと思いますが、クリロナだってペナルティエリア内ではふれただけで派手に転びます。ハリルによれば、日本人にはずる賢さが足り無いそうで、これを見習えとの事。原口は本当にハリルのお気に入りだけあって、痛がり方や転び方が派手で上手い。リプレイ見ると殆どふれただけなのに…でも夫は原口のそういう態度にいつもキレてますし、私も好きにはなれませんね。
南米や東欧等、戦争や貧困の中生き抜く術としてのずる賢こさは、あちらでは当たり前。ドイツ、日本では生理的にムリ。   
[ 2018/07/05 10:09 ] [ 編集 ]
ネイマールのアレが狡賢さに思えるなら毒されてる証拠、どう考えても行きすぎ
いくら正当化しようがそんなのスポーツでもなんでもないから
そもそもクリロナのファールの貰い方は倒れるまでは一緒でもすぐ起き上がるし転げ回ったりしないから
[ 2018/07/08 02:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。