ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 ロイス、バルサへの夢叶わず!


こちらは12月31日にビルトに掲載された記事になります。バルセロナの移籍に関するペナルティーを受けて再びマルコ・ロイスに関する様々な憶測が飛び交っています。



2015010405300274f.jpg

マルコ・ロイス:BVBのスターはバルセロナに移籍出来ない。



バルサへの夢叶わず!(訳注:ドイツでは夢は破裂すると表現)

スペインのクラブに対する移籍禁止措置が決定!彼はドルトムントに残るのか?



マルコ・ロイスの将来に関する決定が昨日スイスのローザンヌで下った。彼の夢のクラブであるバルセロナは来年夏、このドルトムントの選手を獲得することはできない。


国際スポーツ裁判所はバルセロナに対する移籍禁止措置を下した。このカタルニアのチームは2016年から再び新しいスター選手を獲得することが出来る。


原因:このメッシチームは2009年から2013年にかけて10人の未成年の選手を不正に義務付けていた。

201501040530051b2.jpg


なぜロイスの移籍に関係があるのか?

このドルトムント出身の選手は幼稚園のころからバルセロナのファンであった。レアル・マドリッドが彼にオファーを出したとしても、この夏の彼の個人的な候補はバルセロナであった。そこでは彼の元チームメートで友人のマーク・アンドレ・テア・ステーゲンがプレーしている。


しかし現時点ではまず実現はしない!

もしロイスがこの夏契約解除条項を実行しなければBVBは彼を留めるための良いカードを手にしたことになる。

▶ロイスがもし残るなら、ドルトムントは2017年まで契約期間があるにもかかわらず、彼の給料を一気に引き上げるつもりである。(今の所年収400万ユーロ)

▶このスーパースターは、ドルトムントがスポーツ面において危機的な状況にあるにも関わらず、シュヴァルツ・ゲルプ(黒と黄色)が居心地が良いと感じている。ドルトムントのボスたちはロイスの免許スキャンダルにおいても彼をしっかり支えた(彼はオランダ制の偽装免許で運転)。


ローザンヌのスポーツ裁判所の下した判断によってロイスのバルサへの移籍は最終的になくなってしまったのだろうか?

このクラブはこの措置を“極端なもの”であるとし、スイスの上級裁判所に控訴するつもりである。しかしそのチャンスは低いと見られている。


スポンサーリンク


以上です。

最近はバイエルンも口を閉ざしていますから、ロイスの移籍に関しては割りと静かです。とりあえずバルセロナに対してこういう措置が決定したので、記事にしたという感じてはないかと思います。この話は前からあったので、ロイスを含め多くの人がこのような結果をある程度は予想していたのではないかと思います。

ロイスは免許のスキャンダルの後ですぐに正式な免許を獲得したようですね。2014年は彼にとっては散々な一年でしたから今年は良い活躍をしてもらいたいです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_5557.jpg

近所で飼われている羊
前回は白い羊でしたが今回は黒い羊です。どちらもなかなか可愛い顔です。
[ 2015/01/04 07:35 ] マルコ・ロイス | TB(-) | CM(4)
No title
どこいくんかね
このままBVBって考えてる人は少なかろう
[ 2015/01/04 08:25 ] [ 編集 ]
No title
怪我ばっかりだしなぁ
[ 2015/01/04 14:44 ] [ 編集 ]
No title
ミキタリアンとの併用は限界見えてるけどどうするんですかね
[ 2015/01/04 15:41 ] [ 編集 ]
No title
バルセロナに移籍したところで
100%控えになる
そういう状況でも行きたいのかなロイスは
[ 2015/01/04 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。