ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 スポーツビルトがブンデスリーガ歴代ベスト100を発表!一位はベッケンバウアー

本日発売のスポーツビルトがブンデスリーガの歴代ベスト100を発表しました。100人を選んだのは、バイエルンとBVBをCL優勝へ導いたオットマール・ヒッツフェルトをはじめ、ギリシア代表をユーロ優勝へ導いたオットー・レーハーゲル、ルーディ・グーテンドルフ、アルミン・フェー、マルクスマインツィール、ライムンド・ヒンコの6人。

その中から上位10人と、主に現役選手を中心に抜粋してランキングを紹介したいと思います。
201501080133430be.jpg




1位 フランツ・ベッケンバウアー 442試合44得点、優勝5回、年間MVP4回
20150108013345898.jpg


2位 ゲルト・ミュラー 427試合365得点(記録)、優勝5回、得点王7回、年間MVP2回

20150108013345ee6.jpg

3位 ローター・マテウス 464試合121得点、優勝7回、MVP2回


4位 ウーヴェ・ゼーラー 239試合137得点,MVP2回


5位 ギュンター・ネッツァー 230試合82得点、優勝2回、MVP2回


6位 マニュエル・ノイアー 268試合、優勝2回、MVP2回 現バイエルン・ミュンヘン


7位 ヴォルフガング・オーファーラト 409試合 84得点、優勝1回


8位 バスティアン・シュバインシュタイガー 328試合41得点、優勝7回、MVP1回 現バイエルン・ミュンヘン


8位 フィリップ・ラーム 324試合 12得点、優勝6回 現バイエルン・ミュンヘン


10位 カール・ハインツ・ルンメニゲ 310試合162得点、優勝2回、MVP1回


11位 オリバー・カーン 557試合、優勝8回、MVP2回


12位 ゼップ・マイアー 473試合、MVP3回


13位 アリアン・ロッベン 119試合66得点、優勝3回、MVP1回 現バイエルン・ミュンヘン


14位 ユップ・ハインケス 369試合220得点、優勝4回


15位 マティアス・ザマー 178試合41得点、優勝3回、MVP2回


16位 パウル・ブライトナー 285試合93得点、優勝5回、MVP1回


17位 ミヒャエル・バラック 267試合77得点、優勝4回、MVP3回


18位 アンドレアス・ブレーメ 301試合50得点、優勝2回


19位 ルーディ・フェラー 232試合132得点、MVP1回


20位 フランク・リベリー 189試合65得点、優勝4回、MVP1回 現バイエルン・ミュンヘン
スポンサーリンク


以下は現役選手や監督を中心に抜粋

20150108013347081.jpg

23位 トーマス・ミュラー 現バイエルン・ミュンヘン


25位 ピエール・リトバルスキー


26位 ミロスラフ・クローゼ 現セリエA ラッツィオ


27位 ユルゲン・クリンスマン


32位 ウリ・ヘーネス


33位 フェリックス・マガト

201501080143495ef.jpg


44位 クラウディオ・ピサロ 現バイエルン・ミュンヘン


56位 マリオ・ゲッツェ 現バイエルン・ミュンヘン


58位 マルコ・ロイス 現BVBドルトムント


60位 ウーヴェ・バイン


63位 トニー・クロース 現レアル・マドリッド


68位 ジェロム・ボアテン 現バイエルン・ミュンヘン


73位 マリオ・ゴメス 現ACFフィオレンティーナ


20150108014351ad5.jpg

87位 イェンス・レーマン


97位 サミ・ケディラ 現レアル・マドリッド


98位 ダヴィット・アラバ 現バイエルン・ミュンヘン


100位 ダンテ 現バイエルン・ミュンヘン





以上になります。


これはブンデスリーガでの活躍を対象にしたものなので、どの程度それ以外の要素が入っているかは分かりませんが、ベッケンバウアーはいまだに伝説扱いですね。ベッケンバウアーは選手としても監督としてもワールトカップを優勝しています。1974年に西ドイツはワールドカップを優勝していますが、その次代に活躍したユップ・ハインケスやギュンター・ネッツァーそしてゲルト・ミュラーは今でも上位に来ています。あの頃はグラートバッハが強かったようですが、管理人が生まれる前の話です。


現役選手ではノイアーが最高の6位、そしてシュバインシュタイガーとラームが8位にランクインしました。

その他にはリトバルスキーやウーベ・バインなど日本でも活躍した選手がランクインしていますね。

100位がバイエルンのダンテと日本人選手は残念ながら今回のランクインはありませんでしたが、ここに入ってくる選手が現れることを願って応援したいと思います。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/01/08 03:33 ] メディアの反応まとめ | TB(-) | CM(8)
No title
ラームはブライトナーやブレーメより上か
高く評価されてるなぁ
[ 2015/01/08 04:56 ] [ 編集 ]
No title
スポーツビルトがバイエルン・ミュンヘン歴代ベスト100を発表!

……そして燦然と輝くゼーラー
[ 2015/01/08 06:45 ] [ 編集 ]
No title
レヴァンドフスキ入れてやれよ
[ 2015/01/08 08:19 ] [ 編集 ]
No title
エッフェは入っていないのかな
[ 2015/01/08 10:55 ] [ 編集 ]
No title
個人的にはカーンが3位ですね。彼のキャプテンシーとGKとしての貢献は、ストライカーに例えれば200得点以上の価値があると思います。
[ 2015/01/08 14:07 ] [ 編集 ]
カーンが意外に低いなと思いました。

ノイアーも上位で、さすがはドイツのGKですね。
[ 2015/01/08 16:07 ] [ 編集 ]
No title
ミュラーが1位かとおもた
[ 2015/01/08 17:15 ] [ 編集 ]
No title
鹿島のジョルジーニョ確認
あと多分エフェンベルグとかもいるんだろうな
[ 2015/01/08 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。