ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アメリカ・ツアーの勝者と敗者は?ドイツ紙査定!《ドイツの反応》







スポーツビルト】

BVB、アメリカ・ツアーの勝者と敗者!!



entry_img_2471.jpeg


勝者

マリオ・ゲッツェ

シュテーガー元監督の下では、このワールドカップ優勝者は補欠でしかなかった。しかしファヴレの下では彼はどの試合でも良いパフォーマンスを残している。マンチェスター・シティ戦では得点者として輝き、ベンフィカ戦ではアシストをしている。ゲッツェはすでに万全のようで、長い休暇を利用して新シーズンに向けて準備したようだ。

スポンサーリンク




クリスティアン・プリシチ
このUSボーイは自身の故郷で輝いた。彼はPR活動でも良く働き、フィールド外でも多くの人々を幸せにしている。リヴァプール戦では2ゴールをあげ、ベンフィカ戦で見せたドリブルにはスタンディング・オベーションも起こった。彼のスピードはファヴレにとっては大きな武器だ。




ヤコプ・ブルーン・ラーセン
このツアーでの静かな勝者だ。ゲッツェやプリシチのようなスターの陰で、彼も良いプレーをmしえた。シュルレの放出の後で、彼は突如として左サイドでプレー時間を得た。テストマッチでは彼のポテンシャルの高さを披露している。リヴァプール戦では3:1となるゴールをあげた。





敗者


マルヴィン・ヒッツ
このスイス人は、ワールドカップ第3のゴールキーパーの座を捨てた。BVBですぐにプレーするためだ。しかしロマン・ビュルキ不在の状態で彼は決してポイントを集めることができなかった。ライン上では手堅かったが、組み立てでは欠点も見られた。ファヴレはどちらかと言えば、試合に関与できる選手を起用するだろう。



アレクサンダー・イサク
この夏の休暇の間にも彼の筋力はアップしなかったようだ。このセンターフォワードはまだ華奢だ。十分なプレー時間を得たにもかかわらず、目立つことはなかった。シュートはほとんどなく、一対一でもほとんど勝てていなかった。彼のローン移籍の可能性はあるだろう。



アンドレ・シュルレ
水曜日にアメリカから去ると、土曜日には戻ってきた。今度はチャンピオンズリーグではなく降格争いとなる。ドルトムントはシュルレがフルハムに2年間ローンで移籍することを発表している。







以上です。

アメリカ・ツアーの選手査定が出ていました。ゲッツェとプリシチは調子が良かったようですね。フィリップも2ゴールしたので名前を出しても良かったようなきもしますが・・・。来週からはフルメンバーでの合宿となりますから、テストマッチにも注目しています。



[ 2018/07/29 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(10)
リバプール&ベンフィカ戦を見ましたが、同じような感想ですね。

プリシッチは19歳ながら「戦時プリシッチ」と言わしめるほど一人での打開が可能であり、さすがメガクラブがこぞってオファーに動くだけの若者。

ゲッツェはキレさえ戻ればワールドクラスレベルの選手だったので、次戦以降もこれを続けられるかどうかが重要。
天性のテクニックとセンスはチーム随一。
判断の速さもズバ抜けていて、ボールを触るたびに目を奪われるものがあった。
[ 2018/07/29 19:34 ] [ 編集 ]
 ビルドはタブロイドですから国内選手にスポットライトを当てるのも納得でしょうか。専門誌だと選手ではなくファヴレの戦術にスポットライトを当てるかな?
[ 2018/07/29 19:47 ] [ 編集 ]
W杯出場者がチームに戻って来たのでこれからがポジション争いの本番ですね。それにまだメンバーは確定していない、誰かが出ていくかもしれないし入ってくるかもしれない。
[ 2018/07/29 19:59 ] [ 編集 ]
スタメン選手が居なかったのでW杯に出なかったサブのメンバーがそれなりにやってましたね
プリシッチには自国の補正のご祝儀がありましたし
シュルレはそもそもプレーしてないので載せるべきなのかと疑問ですが
[ 2018/07/29 20:05 ] [ 編集 ]
ゲッツェを評価する人は攻撃のセンスしか語らないが現代サッカーは守備のセンスも必要だと思うんですけどね。
[ 2018/07/29 21:28 ] [ 編集 ]
相変わらずゲッツェ復活主義の人たちはPSMだけ見て大喜びですね、あれだけ期待も数字も裏切られたのに
そしてプリ打開好きの人は実際に何処のクラブが公式にオファー出したか教えて貰いたいですね、第三者の記事だけでこぞってとか過大評価は本人のためにもそして周りひいてはドルトムント自体のためにもならないと思いますけどね
[ 2018/07/30 06:00 ] [ 編集 ]
ラーセンも評価高いのは判るけど、彼は特徴が掴めなかった。
良く判らないけど良い働きに成ってる感が強かったですね。
それにしてもヒッツはあれで敗者扱いって厳しいね。
ビュルキの苦手部分では勝る出来に見えたので・・・
競えるレベルで不安無しって印象だったのでずけどね。
イサクはアピール所で目立てず、失敗と言われても仕方ないね。

フィリップも良かったけど期待を上回った感は低いかな。
でも、勝者に含めて良いと思う出来だったね。
まあ3人はユース出身だし文章的な記事の都合かな?
[ 2018/07/30 10:51 ] [ 編集 ]
チェルシーはすでにプリシッチに入札していますよ。
あの「戦術家サッリ」が認めたのですから、素晴らしいですよね。

ほかにレアルマドリー、バイエルン、リバプール、マンチェスターユナイテッド、ローマなどが彼の獲得に興味を持っていると、すでに世界中で報道されています。
やはりあの「打開力」を評価しないなど有り得ませんので。
[ 2018/07/30 19:25 ] [ 編集 ]
打開力だけじゃワールドクラスにはなれない
サッカーはそんな単純な競技じゃないし、個人競技でもない
もちろん、彼はポテンシャルが高いから本人次第ではワールドクラスになれるはず
あくまで今はポテンシャルを買われての評価だから、異常に持ち上げてるは人には違和感だな
[ 2018/07/30 22:53 ] [ 編集 ]
世界のあらゆるメガクラブやサッカー関係者から評価されているのに、わざわざ貶める必要もありません。
稀代の戦術家たちが大絶賛している。
それがすべてですね。
[ 2018/07/31 18:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。