ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブンデス公式特集!「長谷部はまだまだ衰えていない!!!」《ドイツの反応》

【ブンデスリーガ公式ドイツ語版】


1168394_imgw968.jpg

フェアヘーヘ、ラフィニア、長谷部、ラファエル!!この大黒柱はまだまだ衰えていない!!


長谷部誠 フランクフルト 34歳



ニコ・コヴァチ監督にとって、長谷部誠は3バックにおいて欠かせない存在だった。元フランクフルトの監督はこのディフェンダーの素晴らしいプレーを何度も大絶賛している。長谷部は昨シーズン、フランクフルトがリーガ2位の守備を見せた事に大きく貢献している。フランクフルトは29試合の時点で33失点しかしていなかったが、これより少なかったのはバイエルンだけだ。しかし最後の5試合で12失点をしてしまったことで、この結果をダメにしてしまったが、その代わりフランクフルトはポカールを獲得している。また長谷部はその力を日本代表のキャプテンとして、ワールドカップでも証明してみせた。


スポンサーリンク




長谷部は2016年の秋から守備の中央でプレーしている。その前は6番だったが、アルミン・フェー監督の下ではサイドバックでもプレーしている。もし新監督のアディ・ヒュッターが4バックを採用するなら、日本人としてブンデスリーガ最多出場記録を誇る長谷部(260試合)は6番でプレーする事になるかもしれない。



しかしそうなると彼の長所が奪われる事になる。長谷部は昨シーズン、キーパーが相手に敗れた際、3度もライン上でボールをクリアして見せた。これはリーガ最高の記録だ。





以上です。


ブンデスリーガ公式サイトのドイツ語版が長谷部選手を含む4人の年配の選手を特集しましたが、長谷部選手の部分を抜粋しました。


長谷部選手はワールドカップでも素晴らしかったですね。フランクフルトでは監督が変わってしまいますが、その力は十分に証明済みですから、新シーズンの活躍にも期待したいですね。

[ 2018/07/29 21:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(6)
誰が監督になっても信頼される真にプロフェッショナルな選手ですね。
34歳まで代表をまっとうした間違いなく日本のレジェンド。
[ 2018/07/29 21:16 ] [ 編集 ]
3度もゴールを掻き出してんのか たしか膝の大怪我もバイエルン戦でゴールを防いでポストに激突したときだったなあ
[ 2018/07/29 22:03 ] [ 編集 ]
長谷部の真価は特定の戦術、ポジションではなく与えられた仕事を理解し、キッチリこなす事だと思います。
新監督でも長谷部の価値は揺るがないと思います。
[ 2018/07/29 22:39 ] [ 編集 ]
ここ数年で衰えを感じる。昔は攻守に効いていたが最近は守ることさえ精一杯な印象。足元がおぼつかなくロストも多くなってきた。代表では相方が山口から柴崎になって守備だけに集中出来るようになって良かった。役割分担出来るとまだやれる選手だと思う。
[ 2018/07/30 00:01 ] [ 編集 ]
違う二つのクラブでタイトルを獲ってるのはすごいことですね。
[ 2018/07/30 11:05 ] [ 編集 ]
長谷部はWボランチよりもアンカーが一番合っていると思うんですよ。前の選手がゲームメイクや対人守備をして上手くいかないときや交わされたときに中盤の底より下がり目の位置からビルドアップしたりカバーリングしたり。アンカーだと最終ラインに降りてCBのカバーも出来るからゴール前でクリアする機会もあるだろうし。ポジショニングの良さ、戦術理解の高さが長所だしね。ヒュッター新監督はどのような戦術を執るのか楽しみでも不安でもあります。
[ 2018/07/30 15:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。