ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴァイグル!パリSGと移籍で合意か!?《ドイツの反応》


【SPOX】

julian-weigl-1-600.jpg

BVBニュースと噂!

ユリアン・ヴァイグルはパリSG行きを決断した?


ユリアン・ヴァイグルはかつての恩師を追っていくのだろうか?このミッドフィルダーはパリSG移籍目前とみられている。それと同時にベルギーのアクセル・ヴィッツェルが月曜にもメディカルチェックを受けるとされている。


スポンサーリンク



“パリ・ユナイテッド”が報じたところによると、ユリアン・ヴァイグルはパリSGへの移籍を決断したようである。これまでもフランスのメディアはこのミッドフィルダーの移籍を噂してきた。

しかしドルトムントは、彼を放出する前に、まず彼の代わりとなる選手の獲得をするつもりだ。しかしそれもすでに見つかったようである。すでにフランスのラジオ放送RTBFも報じているように、ベルギー人のアクセル・ヴィッツェルは月曜にもメディカルチェックを受けるようである。ヴィッツェルは中国のティアンジンと2019年の12月まで契約している。

このベルギー代表の獲得のためにドルトムントは2000万ユーロを支払わなければならないが、まだBVBはこれに関しては公式には発表していない。





以上です。

ヴァイグルのパリ移籍の噂が複数のメディアで取り上げられています。もちろんヴァイグルだったら、ヴィッツェルを獲得するよりも高額で売れると思いますが、それで良いのでしょうか・・。

もちろん誰かは放出しなければならないわけですが、まさかヴァイグルとは・・。

まだ決まったわけではありませんが、これが本当だったらがっかりですね・・・。

[ 2018/07/30 16:38 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(23)
同じポジションの放出候補が放出出来ず代わりに放出されるのが未来ある若手ドイツ代表ですか‥
ヴィッツェルには期待していますがこの結末は見たくなかったですね‥
[ 2018/07/30 16:46 ] [ 編集 ]
ヴァイグルが出て行きたがってるならとめようもないのかもしれないけど、他にいるでしょ。他に。そんでPSGはカンテも取っちゃう訳?トゥヘルニッコニコ違いますか。ヴィツェルを取るのもまぁねぇ。いいけど給料どこまで値切れるんですかね。これでプリシッチにも逃げられたらロイスのメンタル大丈夫ですかね。
[ 2018/07/30 17:13 ] [ 編集 ]
何年もこのクラブは優遇する選手達を間違えている
ロイス以外の活躍した選手は優遇されなてない、普通は逆なのに
[ 2018/07/30 17:24 ] [ 編集 ]
引き止められなかったならもう仕方ない、でもそうは見えない。ずっとドルトムントはそうでアヤックスを継いでしまっている
そして今アヤックスはどうなっているか、、
[ 2018/07/30 17:34 ] [ 編集 ]
高額なら放出してもいいと思うがヴィツェル購入でちゃんと儲かるのか気になる。
[ 2018/07/30 17:56 ] [ 編集 ]
ドルトムントは本当にお金が第一なんですね。短期的な利益だけを考えてるようにしか見えない。
[ 2018/07/30 18:00 ] [ 編集 ]
ヴァイグルはトゥヘル一年目のクオリティをずっと出せていなかったので本人としてはしあわせな選択では。
今年一年またここ数年のパフォーマンスをやっても5000万ユーロとかにはならないでしょうから理解はできます。

デラネイ、ヴィツェルが基本で、シャヒン、ローデがサブ、ブルニッチ、ゴメスはローンですかね。
4-4-2、4-1-4-1、4-2-3-1のどれにしても後ろ目の中盤はスカッドに4枚が上限だし、サブにおくにはヴァイグルは高すぎる選手でしょう。
フィリップ(イサク)
ロイス(サンチョ)、香川(ゲッツェ)、プリシチ(ヴォルフ)
デラネイ(シャヒン)、ヴィツェル(ローデ)
シュメレ(ゲレイロ)、ディアッロ(ザガドゥ)、トプラク(アカンジ)、ピスチェク(ハキミ)
ブルキ(ヒッツ)
としても、まだトルヤンやラーセンを含め頭数が多いですから、まだ何人か放出するでしょう。
[ 2018/07/30 18:04 ] [ 編集 ]
チームの未来を売って得る金銭で肥え太り満足か?
[ 2018/07/30 18:08 ] [ 編集 ]
え〜…
嘘だと思いたいですね
もうドルトムント応援する気がでないですね…
[ 2018/07/30 18:10 ] [ 編集 ]
ネイマールやムバッペ達とチームメイトになりたいっていう動機は分かりますね、ドルトムントサポーターからすると寂しいけど。
[ 2018/07/30 18:13 ] [ 編集 ]
終わりの始まり
ゲッツェを復調させるために、ただただ犠牲にしただけの1シーズン。
いったいどれだけの能力ある選手たちが巻き込まれたことか。
選手を見る目がない無能な監督を就任させ、
ちっともヴァイグルを守ろうとはしなかった!!

こんなクラブから出て行かれて当然です!!
トゥヘルのもとで光り輝け!
ヴァイグル!!
[ 2018/07/30 18:28 ] [ 編集 ]
まぁヴァイグル本人の意志がどうなんですかね。パリはスター選手もいますし、ドルトムントは転売屋だし、夢を追うならパリっていう選択肢も仕方ないのかなと思います。
ヴァツケが転売屋宣言したした時点で選手はドルトムントでの野心は持ちにくいでしょう。
[ 2018/07/30 19:07 ] [ 編集 ]
プレシーズンのファブレ戦術的に、たった3試合それもサブ組では何とも言えないけど、私がヴァイグルならトゥヘルの元に行きたいと思う。
ヴァイグルは強いクラブ、攻められる事の少ない攻撃的なクラブで輝くアンカーだよ。攻撃力ではワールドクラスのボールチラシだから…でも昨年の様な攻められる事も多いと守備で問題を抱える。消されやすい。
ファブレは何方かと言うと守備的なサッカーだった、先ずは守備。たぶんヴァイグルはファブレの1stチョイスでは無いと思う。PSGの様に圧倒的強さを誇るクラブの方が彼のよさが出る。
[ 2018/07/30 19:51 ] [ 編集 ]
いいぞ〜ヴァイグルもそろそろリーグタイトル欲しいだろうしトゥヘルの元なら安心だろ、応援してるぞヴァイグル
[ 2018/07/30 20:13 ] [ 編集 ]
>2018/07/30 19:51

 私もそう思います。ボールを楽に保持していられるポゼッション率が高いクラブのほうが彼に向いているでしょうね。
[ 2018/07/31 01:34 ] [ 編集 ]
自分はヴァイグル出て行って欲しくないのが本音だけど、トゥヘルに見出され輝いた選手だから仕方ないかな
真の強豪ビッグクラブでスター選手と共にプレーしたいと思うよね
でもロイスに次ぐ時期キャプテン候補の自国選手でプリシッチら外国籍のそれとはクラブ的に立ち位置扱いが違うんじゃないかな
じゃないとブランドイメージ的にまずいでしょ
ドルトムントとしてはヴァイグル自身が余程移籍希望して居ないなら何としても残留に努めないといけないじゃないか
[ 2018/07/31 11:09 ] [ 編集 ]
能力のある選手はなるべく早くこのクラブからステップアップしていってほしいですね
[ 2018/07/31 12:04 ] [ 編集 ]
他のクラブなら必死に引き止めにかかるが、ここは転売屋さんだからなー。
もはやスポーツクラブではない。
なぜなら勝つことを諦めて転売に命をかけてるからだ。今のフロントがトッテナムに就職したら、ハリーケイン、デリアリ、ソンフンミンあたりはすでに売却済みだろうな。
こんな情けないクラブが他にあるだろうか?
[ 2018/07/31 12:23 ] [ 編集 ]
引き止めに必死感が伝わってこないのですが、ファブレも本当に使うつもりないってことなんでしょうか。ダフードいるしヴィツェル欲しがってるくらいだしな。ヴァイグルプリシッチと出してしまったら本当に転売屋から抜けられないけどヴァツケが転売屋って言ったようなもんだしね。もうバイエルンじゃなきゃええわって感じ。しかしこの流れいつまで続けられるんですかね。CL圏そのうちダメになりそうな予感がするのですがファブレのお手並み拝見ですね。サンチョは次はオレって狙ってると思います。
[ 2018/07/31 17:05 ] [ 編集 ]
メガクラブの噂すら出ないような選手ならどうでも良いが、パリやマンチェスターシティ、バルセロナなどから常に興味を持たれている天才を手放すとか馬鹿ですね。
[ 2018/07/31 18:34 ] [ 編集 ]
プレスかかると途端にパス散らせないし、かといって守備うまいかというとそうでもない
個人的には何で評価高いのか謎な選手
緩いプレッシャーの中では抜群に上手いですけどね
[ 2018/07/31 19:09 ] [ 編集 ]
新シーズンのドルトムントのスタメンは、ロイスやアカンジを除き、どのポジションも新加入選手ばかりが並びそうですね。
[ 2018/07/31 19:23 ] [ 編集 ]
07/31 12:23
エリクセンがいなくてソンがいる不思議
[ 2018/08/01 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。