ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「時々やり過ぎちゃうんだよ!」ネイマール!演技を認める!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】


nezmar.jpg


スーパー・スター、ネイマール!演技を認める!

“時々やりすぎちゃうんだよ!”


ブラジル人スーパースターのネイマールはワールドカップロシア大会での演技で大きな話題となっていたが、それを初めて認めた。“時々やり過ぎちゃうんだよね。でもフィールド上で痛い思いをしているのも本当だよ。”とこのブラジル人は、スポンサーのビデオの中で語っている。この映像は日曜日にブラジル書く放送局でも放映された。


ネイマールはワールドカップロシア大会で何度も相手を欺くような演技をしたため、大きな批判を受けていた。


スポンサーリンク



ネイマールはビデオの中で、自分は変ったと発言している。彼は“みんなの批判を受け入れるのに時間がかかったし、鏡を見て新たな自分になろうとするのに時間を要した。”と語っている。彼はファンに対してこれまで通りにサポートしてくれるようにと訴えている。“君たちはこれまでのように僕に石を投げる事もできるが、その代わりに石を捨てて、僕を助けることもできるんだ。”と語っている。

ネイマールはこうした演技や、敗戦の後の振る舞いについてこう説明している。彼によるとフラストレーションが溜まるという事はどういうことか、また観客を落胆させるという事がどういうことかを学んでこなかったようだ。彼は“自分の中の若さ”を保とうともしていたようである。






ネイマールがワールドカップでのファール後の過剰な演技に対して口を開いたようですが、ブラジルではかなり批判があって、それを受けての事のようですね。石を投げられたと感じているようですから、相当な批判があったのでしょう。いちおうこのビデオ内では改心したことをアピールしたようですが、“新しい自分”に期待したい所です。

[ 2018/07/30 16:56 ] 未分類 | TB(-) | CM(13)
…時々?
[ 2018/07/30 17:13 ] [ 編集 ]
やったー!認めたー!
[ 2018/07/30 19:51 ] [ 編集 ]
過剰に痛がることについては言及してるがダイブについては何も言ってないな

ベルギー戦の、ヴィツェルの足にかかりにいって空ぶったシーンについて自分でどう思ってるのか聞いてみたいわ
[ 2018/07/30 19:57 ] [ 編集 ]
もう条件反射で痛がる癖があるとしか思えない
昔ならそれでファールが取れるから有効だったけどねぇ
そんな事をしなくても凄い選手なんだから辞めて欲しいと思う
[ 2018/07/30 20:05 ] [ 編集 ]
この野郎!毎試合最低2回はしてるだろうが!
[ 2018/07/30 20:11 ] [ 編集 ]
うーん。。
[ 2018/07/30 20:35 ] [ 編集 ]
助けなきゃいけない事が想定される場合とどう助ければ良いのかを事前に具体的な解説で伝えてくれなきゃねぇ・・・
[ 2018/07/30 21:21 ] [ 編集 ]
まああそこまでやっちゃうと流石に恥ずかしいですが、演技は多かれ少なかれ皆やってますからね。
日本人は非常に少ないですが。
正直能力があれば個人的には気にならないですね。
[ 2018/07/30 21:58 ] [ 編集 ]
過剰演出の癖が付いてスーパープレー出来るチャンスを逃がしてたりしますね
エンタメを楽しんでる観客に失笑されるか賞賛されるかと言ったら圧倒的に前者になってるのが現状
[ 2018/07/30 22:52 ] [ 編集 ]
実力でダマらせればこんなこと言われないのに
わざわざダイブするのは何故なのか。
演技バレたら情けないのにね。
[ 2018/07/30 23:24 ] [ 編集 ]
ネイマールさん今はただのコロガールさんです。それ以上でもそれ以下でもありません…(笑)
[ 2018/07/31 04:03 ] [ 編集 ]
あまりにも非難轟々だから焦って反省ポーズ取ったようにしか見えん
[ 2018/07/31 05:35 ] [ 編集 ]
演技よりサッカーを勉強すべき。
[ 2018/07/31 17:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。