ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》バイエルン:ダンテがミュラー達を威嚇 ドイツ人の反応

昨年のブラジルワールドカップで1:7でドイツに大敗したブラジルですが、チーム内でもダンテはからかわれる事が多かったようです。ダンテも我慢の限界であると言うことが1月6日の記事になっておりましたので紹介します。また少しですがドイツ人の反応を付け加えました。

また今シーズンに入ってからのダンテのインタビューでも少しこの事に触れていますので、興味のある方はこちらもご覧ください。




201501080814035ff.jpg

バイエルンスター・ダンテがミュラー達を威嚇


バイエルンのブラジル大敗に対するからかいには我慢ならない。


冗談もいつかは冗談ではなくなる。

彼はもうそれを聞くことはできない。バイエルンのスター・ダンテはチームメートのミュラーの言葉に心を痛めている。

我々のワールドカップでの英雄たちは事あるごとに1対7となったワールドカップの歴史的な敗退を引き合いに出していた。しかしダンテにとってはもう沢山だ。このディフェンスのスターはこうしたからかいに抵抗している。


ダンテ:ブラジルの大敗に対する“からかい”はもう沢山だ。

20150108081405df8.jpg

ダンテはブラジルのテレビ番組“TV グロボ”に対して、“ドイツ人達はこの事についてかなり冗談を言っていたんだ。僕が‘気をつけろよ、もうそれについて冗談を言う時間は終わりだ’って言うまでね。この敗戦は彼らが想像している以上に深刻なものなんだ。”


2014年7月8日の敗戦はブラジルにとってはトラウマとなっている。ドイツ代表はワールドカップの準決勝でセレソンたちを打ちのめした。キーパーのジュリオ・セザールがゴールを決められた時に選手やファンたちは涙を流したのだ。

ダンテはこの恥辱を忘れることができない。このディフェンスのスターはバイエルンのチームメートの言葉をもう聞くことはできない。彼はこう威嚇する:“僕らは全ての事柄に対して冗談を言い合えるけど、これについてはだめだ。そうでなければトレーニングで一発くらわすだろうね。”


201501080814064db.jpg


特に一人の選手がワールドカップ以来ダンテの事を狙っていた。トーマス・ミュラーだ。この代表選手は事あるごとにからかっていた。ダンテにとってはもう沢山で“何よりも沢山の冗談を言ってきたのはトーマスだね。だから彼に対して‘もう冗談はやめるんだ、そんな事を言ったって僕を笑わせることはできない。むしろ頭に来るし爆発するよ。”

バイエルンのトレーニングで爆発する危険。ペップ・グアルディオラは水曜日に冬休後のトレーニングを開始するがダンテとミュラーも一緒だ。

スポンサーリンク



20150108081407ed2.jpg

ドイツ人の反応


・なんで暴力で威嚇しようとするんだ・・。


・ミュラーはまだ若いけど、その線の線引は知らないとね。


・彼がドイツにいる間はこれに耐えなければならないだろうね。


・僕だったらダンテに17番の背番号を与える。


・↑71の方がいいのでは・・・。


・ダンテはそんなに敏感じゃないと思う。


・ドイツからブラジルに帰れば問題ないよ。でもそうしたらダンテは稼ぎがぐっと減るけどね。だったらミュラーの冗談を聞いているほうがまだましか。


・きっとミュラーのこれまでのサッカー人生においては、ブラジル戦ほど興奮するような試合はなかったんだろうという事は十分に理解できる・


・これが逆だったらブラジルも同じことをしたらろう。ダンテは自分のパフォーマンスに集中すべき。もしみんなが状態が良ければ彼はベンチ入りもしないだろう。ダンテはボアテンかベナティアが出れない時だけプレーしている。


・彼はドイツ人になりたいんだよね。だったら彼はもっとこうした事のかわし方のユーモアを身につけなければいけないよ。ブラジル人みたいに噛み付くような事はここでは通用しないね。


・僕はトーマスが変わっているから好きだけど、もう少しIQが高くても良い。


・さすがにブラジルが2桁で負けたら冗談では済まなかっただろうと思う。そしてそういう可能性もあった。


・彼はとりあえずサッカーに集中すべき。


・マルティネス、ボアテン、バートシュトゥーバー、ベナティアが健康だったら彼の居場所はないね。


・でももう少ししたら仲良しストーリが出るんだよね。


・いったいいつの話をしてるんだ?


・僕もブラジル人だけどこれには笑えない。だけどブラジル人はこれがただのスポーツだって事も理解できないんだよね。


・ミュラーは限界を知らない。


・ダンテはいつも機嫌が良いサッカー選手だ。こうした状況でもうまくできるだろう。


・ダンテ、君はこれを受け入れなければならないよ。


・僕はダンテの気持ちを理解できる。


・ダンテが正しいね。ワールドカップはもうとっくに過ぎてるし。


・ダンテ、ドルトムントに来いよ!






以上です。


コメントはそれ程ダンテにとって好意的でもありませんでしたね。普通のドイツ人の感覚からすれば、ただのスポーツなんだからという感じなのでしょうか。ブラジル人のコメントにもありましたが、たかがサッカーで終わらない所がブラジルなんだろうなと思いました。

【おまけ今日のドイツ】

IMG_1275.jpg

近所のヤギ
近所で飼われているヤギが力比べをしてるように見えました。ダンテとミュラーではありませんよ。

皆様のコメントをいつも嬉しく読んでいます。どうもありがとうございます。
今後もどうぞよろしくお願いします。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/01/08 14:00 ] バイエルン | TB(-) | CM(14)
No title
ヤギかわええ…

ドイツ人は自分が逆の立場ならどんな気持ちになるか考えないのかと
やっぱ感覚が違うんかなーと釈然としなかったがヤギ画像でちょっと癒やされた
[ 2015/01/08 15:30 ] [ 編集 ]
No title
ダンテは図体はでかいけど中身はちっちゃい男だなぁ。
[ 2015/01/08 16:03 ] [ 編集 ]
No title
ミュラーは若いなぁ。そして、メディアに吐き出してしまうダンテも青いね。
ダンテはブラジルメディアではなくクラブのキャプテンに相談すべきだよ。
[ 2015/01/08 16:09 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ人にとってはミュラーは英雄の一人ですからね

ただ負けることも理不尽も知らずエリートの階段を登ってきた人間らしいというか……彼の年齢にしては未熟な一面ですね
[ 2015/01/08 16:34 ] [ 編集 ]
ミュラーか…
プロのサッカー選手にとって、サッカーは、ただのスポーツではなく人生をかけた大切なものだと思う。
ましてや同じチームメイトであるにもかかわらず、しつこくからかうのは、どうかと思いますね。
少し残念に思います。
[ 2015/01/08 16:45 ] [ 編集 ]
ミュラーはブラジル戦のハーフタイムでの発言や薄ら笑い、試合後の内田の握手のシカトでクズってイメージしか無いわ
[ 2015/01/08 18:58 ] [ 編集 ]
No title
安定のミュラー
[ 2015/01/08 21:32 ] [ 編集 ]
No title
いやいやサッカーで飯食ってんのにたかがとかあるわけねえだろw
ダンテの言い分通りなら、1度や2度なら良いが餓鬼じゃねえんだししつこいにも程があるミュラーを俺なら2,3発ぶん殴って収めるね。
[ 2015/01/08 22:42 ] [ 編集 ]
他にもコメありますが、ミュラーの言動に全く良いイメージがないので、個人的にはダンテに同情してしまいます。。
凹んでるのを見て余計に面白がり、しつこく絡んでそう。
[ 2015/01/09 01:56 ] [ 編集 ]
No title
1-7はからかわれても仕方ない。
だってあのブラジルがホームで1-7だぜ。
その中心だったネイマールは戦犯の責任としてサッカー辞めたほうが良いと思うよ。
[ 2015/01/09 10:37 ] [ 編集 ]
う~ん、という感じ。ラグビーの世界では、試合終了後に結果はどうあれ、ノーサイドの精神で敵・味方に関係なくお互いをたたえ合います。一流のサッカープレイヤーも出来れば見習って欲しいですね!!ダンテの気持ちをチームメイトをもっと受け止めて上げて欲しいですね。
[ 2015/01/09 11:47 ] [ 編集 ]
これもしJリーグの出来事なら、日本人サポ達のコメントは(ごめんなさい)のオンパレードだろうな。ドイツ人のコメントはかなり違和感を感じたな。ミュラーもどうかと思うがサポ達も…これが普通のドイツ人の感覚…ブンデスで頑張ってる日本人選手達も大変だな。
[ 2015/01/09 18:45 ] [ 編集 ]
No title
ダンテしょうがないじゃない
[ 2015/01/09 22:15 ] [ 編集 ]
No title
気持ちはわかるけど、それをメディアで暴露しちゃうダンテもどうかなあ。
しかも、暴力に訴えてやるみたいな言い分。
プロなんだしちょっとは考えて

ミュラーは、まあそういう空気読めなそうだよね
[ 2015/01/10 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。