ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルン監督コヴァチ!「選手の方が重要だが監督の移籍金はもっと高くなるべき!」《ドイツの反応》





ビルト】



選手の方が重要だが。。


コヴァチ、監督の移籍金が高くなることを願う!



entry_img_2481.jpeg


バイエルンは、ニコ・コヴァチ新監督に220万ユーロの移籍金を支払った。これは非常に控えめな金額だ。


コヴァチはキッカーのインタビューで、移籍金の金額についてはコメントしなかったが、もっと移籍金が高い事を望むと語っている。


スポンサーリンク


コヴァチ:“監督の移籍金がもっと高くなることを願っているよ。”



ではいったいどうしてだろうか?コヴァチは説明する。“それによって監督がもうすこし長生きするチャンスが増えるからだ。沢山を金を払ったからには、そう簡単には失いたくないだろうからね。”これは選手にとっては普通の事だ。



それでもコヴァチは監督の価値は選手よりは高くないと見ている。“サッカーで最も重要なのは選手だ。フィールド上でパフォーマンスを発揮しなければならないからね。監督はチームの一部だし責任があるけれど、だからと言って一番偉いわけじゃない。”


現在バイエルンはアメリカでPRツアー中だ。そこでユベントス(0:2)とマンチェスター・シティ(2:3)とテストマッチを行っている。



監督はその出来については、“僕たちはまだ決して安定していないね。守備においてミスが多すぎたよ。守備をもっと良くしなければいけない。”と語った。


8月2日からバイエルンは合宿に入るが、そこでワールドカップ優勝者のトリッソも合流する。8月5日はアリアンツ・アレーナでマンチェスター・ユナイテッドとテストを行利、その一週間後の12日にはフランクフルトとスーパーカップで対戦する。そこでコヴァチはいきなり元クラブと対戦する。







以上です。

確かに監督はすぐに首になる事が多いので、移籍金が高くなればその予防にはなるかもしれないですね。でも監督の首がつながっても、成績が下がってしまっては意味がないので微妙な所でもあります。

あと2週間で公式戦が始まりますね。今シーズンはワールドカップがありましたので、それほど休みが長くは感じませんでしたが、早く始まってもらいたいです。

[ 2018/07/31 14:28 ] バイエルン | TB(-) | CM(3)
確かにこれは理にかなってる意見だなぁ、と納得しかけたけどよく考えればおかしい。そうなると格差が広がるだけで能力が高く人気がある監督は既に違約金はありえないほどに高い場合が多いし、途中で解任になればしっかりと契約で高い給料は保障される場合がほとんど。金よりも仕事したい!なら給料の受け取りを放棄すればいい。クラブはクラブで結果重視で解任を早めにするってのはクラブ運営の観点からすればとてもじゃないけど人事で余裕をぶっこいてられるのはそう簡単じゃない。監督の悲鳴はわかるんだが、クラブ側は降格やEL・CLを逃すだけで末端のスタッフを解雇することになるかもしれないし、監督はまだ保障されてる身分なのは確か。選手の移籍金が高騰するのはそれだけ儲かってるんだし、クラブ自体の儲けが莫大になってるんだから一番大元になる選手に集まるのは自然な気がする。
[ 2018/07/31 17:49 ] [ 編集 ]
1.バイエルン
2.シャルケ
3.ホッフェンハイム
4.ドルトムント

忘れがちですが、今後はドルトムントは、この立場からバイエルンに対して言わせて頂かなければならないのですね…
[ 2018/07/31 19:16 ] [ 編集 ]
ある意味では正解だな
ここの人でもチームが負ければいの一番に選手批判を始め、勝てば真っ先に監督の采配戦術等を賞賛する人がいるくらいだから
移籍金云々は置いておいても今以上にサッカー界は監督の重要性を重んじるべきだと思う
[ 2018/07/31 23:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。