ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

パリSG監督!トーマス・トゥヘルの年俸が明らかに!!フランスでトップに!《ドイツの反応》

【Tオンライン】

entry_img_2483.jpg

トーマス・トゥヘルの年俸が明らかに!!


フランスのスポーツ紙“レキップ”がフランス一部リーグの監督の給与を公開している。その頂点に立ったのがPSGの監督トーマス・トゥヘルだ!


トーマス・トゥヘルはパリSGで年俸504万ユーロ(税込み)を受け取っており、リーグ1でトップとなっている。月曜日の“レキップ”が報じていた。



かつてはPSGは税抜きでの給与を基本としていたが、そうした時代はもう過ぎ去ったようだ。過去には、1998年に優勝したブランクが税込みで月々70万ユーロ、そしてアンチェロッティは税抜きで50万ユーロだった。トゥヘルは月42万ユーロを受け取るとみられており、タイトル獲得のボーナスを含めると一年間で504万ユーロとなる。




スポンサーリンク



これでトゥヘルは監督としてはフランスのトップに立った。2位にはモナコのレオナルド・ジャルディム監督が税抜きで400万ユーロの年俸を受けて取っている。しかしこれを税込み価格に直すと、おそらくトゥヘルを上回るとされている。


モナコでは基本的に税抜きで支払われ、過去にはブンデスリーガのクリンスマンなどが大きな利益を得ている。





以上です。

税抜きか税込みかはそれぞれの国によって発表が異なるようですが、トゥヘルはフランスではトップになったようですね。ドルトムントを首になりましたが、結果としてはステップアップを成功させた印象が強いですね。

ちなみにドイツでの給与は基本税込みで発表されています。

[ 2018/07/31 19:00 ] トゥヘル | TB(-) | CM(3)
献上クラブ

■アーセナル
ミスリンタート
ムヒタリアン
オバメヤン
ソクラテス

■パリ・サンジェルマン
トゥヘル
ヴァイグル?
ゲレイロ?


芋づる式で引き抜かれそうな、負け組ドルトムントさん。
まあだから私は「ムヒタリアンとオバメヤンを近づけるな」と警笛を鳴らしていたんですよ。
[ 2018/07/31 19:06 ] [ 編集 ]
他人の懐事情なんか気にしてる場合じゃない。
他所の監督の話をして面白がる程の余裕はBVBには無いでしょと言いたくなる。
[ 2018/08/01 06:41 ] [ 編集 ]
世界共通で税抜きに統一して欲しい
[ 2018/08/01 12:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。