ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ユベントスのイグアイン!ドルトムントではなくACミラン移籍が間近!!《ドイツの反応》



ハンデルスブラット】


イグアイン!ユーべからACミラン移籍間近!!





アルゼンチンのストライカー、ゴンザロ・イグアインのユベントスからACミランへの移籍が間近となっている。


この30歳はまずは、ミランにローン移籍となるようだ。その後ミランは3600万ユーロでの買い取りオプションを備えている。火曜日にスカイ・スポーツ・イタリアが報じている。

スポンサーリンク


イグアインの移籍は、レアル・マドリッドからクリスティアーノ・ロナルドがやってきた事で決定事項とされていた。ロナルドは112ミリオンユーロで移籍している。ユベントスは2016年にイグアインをナポリから9000万ユーロで獲得していた。これはこれまでセリエAで最も高額な移籍とされてきた。


それとは逆に、レオナルド・ボヌッチが一年の時を経てミラノからトリノへと帰って来ることになる。この31歳はユベントスへ帰りたいと以前からその望みを口にしていた。さらにこれとは逆に、ディフェンダーのマッティア・カルダーラもイグアインと共にユベントスからACミランに移籍する事になっている。







以上です。

昨日、ドルトムント移籍の噂が出たばっかりなのに、もう決まってしまいそうですね。ACミランになったのは、ボヌッチ、カルダーラの移籍も含めての事のようですね。

ドルトムント行きがなくなって残念ですね・・。

[ 2018/08/01 06:00 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(9)
ミランはシュールレに断られてたけどその代役ですかね
[ 2018/08/01 06:12 ] [ 編集 ]
ボヌッチが復帰となると、ユーベはやっぱりガチでCL優勝あり得ますね。
しかしロナウドの移籍があったのに、レアルやプレミアの玉突きが全然起こらないですね…
あと一週間でプレミアの移籍市場は終了しますが、どうなるでしょうか?
[ 2018/08/01 06:38 ] [ 編集 ]
まあイグアインはセリエの環境が合ってると思いますね
[ 2018/08/01 08:44 ] [ 編集 ]
数年前は下手したらアーセナル、ユーベやリバプールと伍して争える空気感ありましたし、ミランやインテルなら勝ってる感じすら有りました。
でかいチャンスを逃しましたね…
[ 2018/08/01 10:00 ] [ 編集 ]
ドルトムントもだがそれ以上にミランなんかに行って何すんだろ?まだモドリッチピダルの噂があるインテルならまだしも、エルシャラとかですらローマに逃げてウハウハなのに
[ 2018/08/01 11:49 ] [ 編集 ]
ミランなんかよりインテルのが怖い
モドリッチピダルナインゴランの中盤とかね、ユーベもロナウド獲ったしローマはベスト4時の面子だしセリエ復活も近いかも知れない
まあだからドルトムントは若手転売ばかりしてちゃ駄目だって言ったんだよ、バイエルンライプツィッヒシャルケドルトムントが頑張らないと直ぐにセリエはおろかリーグアンにすら置いてきぼりにされるよ
[ 2018/08/01 13:29 ] [ 編集 ]
ミランはどん底だが金をそこそこ使えるから現状からの成り上がりが可能だし、クラブチームもトップを目指すでしょ
BVBはCEOからしてトップじゃなくCL出場権狙いで、監督に時間を与えろ言ってますしね
野心が違いますよー
[ 2018/08/01 16:32 ] [ 編集 ]
もうとっくにブンデスはセリエより下ですし、ドルトムントがセリエに行ったら6位に入れるかどうかレベルでしょう。
[ 2018/08/01 20:02 ] [ 編集 ]
ドルトムントの評価は妥当でしょうがイグアインレベルが行くようなクラブじゃないのがミランって言ってるだけで脊髄反射的にブンデスまで批判してきていて笑えませんね、ミランこそブンデス来てもCL圏入れないでしょうし資金力があっても本当に野心があるなら本田が来る前にユーベと優勝争いしてるクラブになってると思いますけど?エルシャラもオバも逃さなかったでしょうし、
セリエの方がブンデスより上なのはユーベローマナポリが強いのであってインテルミランは過去の栄光にいつまでもファンもフロントもかまけてるだけで弱いことを自覚して貰いたいものですね
[ 2018/08/03 06:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。