ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表キャプテン、ノイアー!「エジル問題はとても厄介で骨が折れたよ。」《ドイツの反応》


【ビルト】

neuer.jpg

ドイツ代表キャプテン、ノイアー!「エジル問題はとても厄介で骨が折れたよ!」


ドイツ代表キャプテンが口を開いた!


ワールドカップ敗退から5週間がたち、ドイツ代表キーパーがエジルの代表引退について口を開いている。


このバイエルンのスターはバイエルンの合宿地で、“どこに行ってもその事について書かれたり話されたりしていた。こうした記事を読んだ人にとっては、本当に厄介で骨の折れる事だった。”と語った。


スポンサーリンク



エジルの代表引退については理解をしているようだ。“それは選手個人の決断だ。理由はそれぞれが自分で探すべきものだし、彼はそれを見つけたんだから、僕たちはそれを受け入れるよ。”



チーム内で差別はなかったとノイアーは語る。“僕たちは全ての選手をチームに溶け込ませるように努力してきた。それは全ての選手が対象だ。みんなが良い気持ちでプレーできるようにね。”


ノイアーはドイツ代表選手に対してこう要求している。


“どのようにチームを構成するかどうかはドイツサッカー協会の仕事だ。でも成功するためには、その国の代表としてプレーする事を誇りに思う選手が必要だね。”



ドイツ代表は9月6日にワールドカップ優勝者のフランスと対戦する。


ノイアー:“その試合ではすべてを出して、これまでとは別な顔を見せなければならないね。”




以上です。

ワールドカップ史上初のグループリーグ敗退となったドイツですが、やはりエルドガン問題の影響がなかったとは言い切れないでしょうね。

ドイツサッカー協会はこの問題を軽視していたと思います。エジルとギュンドガンを代表に選出した事で騒ぎがさらに大きくなってしまいましたが、そうなる事までは予想していなかったんだと思います。ギュンドガンへのブーイングにしろ、結局騒ぎは収まるどころかワールドカップに向けて大きくなってしまい、選手たちにとっては重荷となった事は十分に想像できます。

エジルとギュンドガンをノミネートしなければ、それこそ差別だ!と騒ぎ出すメディアがドイツにはたくさんありますので、それを恐れての判断だったのかもしれませんが・・。日本とドイツ、どちらも戦後教育で愛国心を育てることができず、国に誇りを思う、などと言おうものなら右翼とみられてしまいます。こういうところは少し似ていると感じます。





[ 2018/08/03 21:02 ] ドイツ代表 | TB(-) | CM(12)
戦後日独は連合国によって自虐史観を植え付けられた
しかし、決定的な違いは日本は先祖を咎めてはいないことだ

負けはしたがお国のために戦ったわけで日本にとっては英雄だ
だから靖国神社などもある
これは元々先祖崇拝の要素が強い神道という文化が根付いてたのが大きかった
連合側はこれが気に食わないから靖国批判をする

そしてそれがないドイツは自分たちで自分たちの先祖を悪人認定してしまった
悪人の子孫であると自他ともに認めてしまったのだから取り返しがつかない
自分で認めたのだから何を言われても反論一つできない

日本は他国になんと言われようが国内視点では英霊の子孫なのでいくらでも反論が可能なだけ救いがある
ドイツは国としては生き残っても民族としてはもう死んだ国だ
ナチを持ち出されたら何をされても黙る他ない
なにせ自分たちで自分たちの爺さん婆さんを悪人にしたんだからな
誇りのない民族は消えていくのが世の定め
[ 2018/08/03 21:21 ] [ 編集 ]
国を誇ることを禁じられることほど、酷いことはないですよね
[ 2018/08/03 21:28 ] [ 編集 ]
エジル国歌歌わないくせによく言うよな
俺は活躍してた頃からドイツ代表でプレイするトルコ人だと思ってたよ。
[ 2018/08/03 21:42 ] [ 編集 ]
ノイアーが正ゴールキーパーとして全試合フル出場した事はドイツでは問題視されないのでしょうか?テアシュテーゲンは不満無かったのでしょうか?

サッカー協会会長は民族融合はお伽噺だと明言してますが、そんな人が会長努めているのを容認している事がおかしい。
ドイツ敗退の責任をエジルの問題にしているドイツ人に不快感しか有りませんね。
[ 2018/08/03 21:59 ] [ 編集 ]
 問題をうやむやにして最終メンバーを選んだのが間違いだったかもしれないですね。釈明したギュンドアンは選んで、沈黙のエジルは除外するのが妥当な落としどころだったのかな?


>どのようにチームを構成するかどうかはドイツサッカー協会の仕事だ

 レーヴ監督ではなく協会の仕事と言ってるのが気になりますね。私はドイツサッカー協会が機能不全の戦術に固執してしまったのではないかと推測しています。
[ 2018/08/03 22:13 ] [ 編集 ]
ノイアーのコメントのように、どこにルーツがあろうとも、その国の代表としてプレーする事を誇りに思う選手が代表に相応しいって、大切な事ですよね。

ギュントガン、エジルを代表に選出しなければ、それ自体、差別とも受け取られるかもしれないからと、代表に選出し、その結果、騒ぎが大きくなったのは皮肉なものです。
[ 2018/08/03 23:41 ] [ 編集 ]
抑圧は爆発に繋がりますからね
日本人もドイツ人も完璧主義的なところがあるせいか、極端から極端に流れがちなところは似てると思います
それでも最近の日本は「外国に褒めてもらう」という迂遠な方法ではありますが、ようやく愛国心的なものを主張してもいいような雰囲気が生まれてきたのかな・・・?
[ 2018/08/03 23:53 ] [ 編集 ]
強制じゃなくて自分でドイツ国籍選んどいて
ドイツ国家歌わないとか
ドイツ国民から何だコイツって思われるの仕方ないでしょ

他のドイツ代表からしたら
政治や宗教持ち込んで来て面倒臭いって思われててもおかしくないし
近寄って得なことないから無視られてたんじゃない?
[ 2018/08/04 03:41 ] [ 編集 ]
内容が違うけど、フランスはベンゼマを外した事は、毅然とした対応にみえました。
管理人さんの言う通り、それぞれの国の事情なんですね、、、
[ 2018/08/04 04:16 ] [ 編集 ]
個人的にはやはり国歌も歌わない人間がいくら素晴らしい選手でも代表として選ばれるのは違うとは思う
エジルを超える才能ある選手はドイツなら探せば必ずいるはずだし、エジルだって代表戦でなくても輝ける場所はあるはずだし、結果論だけどお互いに損しかしてないよね
[ 2018/08/04 07:51 ] [ 編集 ]
国歌歌わない選手なんてごまんとおるわけですが
[ 2018/08/04 13:46 ] [ 編集 ]
差別する奴らは気がついてないかもしれんが、差別と受け取られるかもしれないという差別をしてるだよ
[ 2018/08/04 15:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。