ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェとロイスはファブレ監督の下で再び輝きを取り戻さなければならない‼!《ドイツの反応》

【RPオンライン】

w950_h526_x1500_y1000_DPA_bfunk_dpa_5F9A02006693ACE4-ebf128718b498071.jpg

ゲッツェとロイスはファブレ監督の下で再び輝きを取り戻さなければならない!!



ボルシア・ドルトムントはまたしても新しい監督で新シーズンをスタートする。ルシアン・ファヴレの下でBVBは昔の力を取り戻すべきとされている。なによりも、この二人がファヴレから大きな利益を得ることができるかもしれない。



ボルシア・ドルトムントは、水曜日からスイスのバート・ラガーツで合宿中だ。9日間のアメリカツアーの後で、これからルシアン・ファヴレの非常に集中したトレーニングが始まる。


今シーズンは新たな始まりでもあり、期待も大きい。その理由はルシアン・ファヴレだ。


ペーター・ボシュとペーター・シュテーガーに率いられたパッとしないシーズンの後で、ファヴレはドルトムントを昔のレベルに近づけなければならない。はっきりした計画に基づいて。この60歳はどのようにすれば良いか分かっているようだ。高いポゼッションによる試合のコントロールだ。“でも我々はカウンターもものにしなければならない。”とファヴレは語っている。“カウンターが出来ないチームは決して偉大なチームではない。”

スポンサーリンク




はっきりとした哲学だ。“彼が率いたチームは常にはっきりとした構造を持っており、守備と攻撃のバランスも良かった。”とツォルクは語る。“それに加えて彼は一人一人を良くすることができ、それによってチームも良くなるんだ。”と続ける。

w940_h526_x470_y264_264ea35d0c0a6c5b.jpg


何よりも、二人のBVBスターがファヴレの効果に期待している。マルコ・ロイスとマリオ・ゲッツェだ。ロイスはファヴレに関して、“いままで仕事をしてきた監督の中で、人間的にも最高の監督”と語っている。ロイスは2011/2012シーズンにグラートバッハでファヴレと共に働いており、そこでロイスは毎週最高のパフォーマンスを披露していた。彼はブンデスリーガで18ゴールをあげたが、これ以上の得点を挙げたことはない。さらにそのシーズンは11アシストを記録している。この数字に見合うプレーは、ドルトムントに来たばかりにしか見せることができていない。それは何度も負傷していためだ。


そのため新シーズンはロイスにとっても新たなスタートとなる。この中盤の選手はチームでの自分の役割も十分に承知している。


また力を証明したいのはマリオ・ゲッツェも一緒だ。この26歳にとっては、この先のサッカー人生を左右するシーズンになるだろう。ミュンヘンから帰ってきて以来、彼はいまだにその期待に応えることが出来ていない。多くの負傷、そして不調のため、彼はワールドカップ入りもできなかった。しかしファヴレの助けで、彼は再びベストな状態とならなければならない。

w940_h526_x470_y264_66f37e684e0ef57c.jpg


すでに最初の数週間で、ゲッツェがファヴレのシステムで中心的な役割をこなすことができることが明らかになっている。最初のテストマッチではファヴレは彼をキャプテンにし、6番として起用した。不慣れなポジションでありながら、彼はその才能を生かして、試合をコントロールする事ができたのだ。彼は何度も下がってボールをもらいに行っては、それをうまくさばいていた。しかし今後もゲッツェがそのポジションでプレーするかはまだ不明だ。


監督からの信頼は、ゲッツェにとっては明らかに良いようだ。彼はアメリカツアーでも上り調子であることを証明している。しかしこのBVBスターはそれでも控えめだ。ゲッツェは“チームは良くなるまでには時間を必要とするだろう。”と語っている。


ファヴレの下での最初の公式戦は8月20日のポカール一回戦となる。そこでBVBはグロイター・フュルトと対戦する。その後ブンデスリーガ開幕でホームでRBライプツィヒと対戦する。






以上です。

ファヴレが語っているようにポゼッションだけでなく、カウンターもできるチームにしてくれたら本当に嬉しいですね。ゲッツェもロイスもとにかく怪我しないで準備トレーニングに参加できるのは大きなプラスですね。ゲッツェは何かと香川選手とも比較されますが、チームのために活躍してくれればそれに越したことはありません。



[ 2018/08/04 16:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(15)
ゲッツェとまともに競争して評価してくれるなら解るんですが、昨シーズンはピッチに立ってるだけでゲッツェはよくできた!採点2、とかハア?同じ試合見てたよね?みたいな事をドイツメディアがやってたから日本人としては納得できませんでしたね

シーズン通して採点だけはよくとも、ドイツ代表に選ばれなかったのも納得の状態でした
[ 2018/08/04 16:24 ] [ 編集 ]
過剰にゲッツェを叩いてた連中も多かった
[ 2018/08/04 17:14 ] [ 編集 ]
それよりも6番の位置のほうが心配かな
パリ行きと不安定と怪我がちの選手しかいない
[ 2018/08/04 17:34 ] [ 編集 ]
クロップ辞めてから何人目の監督だ?
ここらで立て直さないとブンデスの地盤沈下と共にただの中堅クラブになるぞ
[ 2018/08/04 17:54 ] [ 編集 ]
そしてまた今年もゲッツェ再生計画が始まるんですね。他の選手ならもうとっくにドルを出ている出来でもドルのフロントもメディアも決してゲッツェを諦めないのが不思議ですよ。
[ 2018/08/04 20:44 ] [ 編集 ]
管理人さんもですが皆さん何シーズン裏切られれば目を覚ますんですか?他のクラブもしくは他の選手なら何年も期待外れだと諦めてバッサリ切られるはずなんですがね。ドルトムントはまだブラジルW杯時のドイツ代表なんですか?はっきり言って普通じゃないですよ。優遇ともとれる過剰な期待は他の選手のモチベーションを下げる結果にしか繋がらないと思いますけどね。だって公平じゃないですから。
[ 2018/08/04 23:57 ] [ 編集 ]
08/04 17:14さん
過剰?選手間ワーストイレブンに入ったゲッツェの話ですよね?つまりプロ選手達が過剰に叩いてたって話ですか?
[ 2018/08/04 23:59 ] [ 編集 ]
ドルトムントの監督もコロコロ代わって何人目?ゲッツェの待望論も何回目?
監督が変わるたびにゲッツェの評価が白紙に戻され、再生が始まるのは、もうドルトムントの恒例になりそうで、少しウンザリです。時間が止まってしまったようにも思えます。W杯優勝者のシュールレ、ドゥルムも出て行きましたし、ゲッツェ本人は環境変える意思はないのかな?

管理人さんのおっしゃる通り、ドルトムントで活躍すれば、チームとしてそれに越したことはないのですから 、次のW杯目標に、今年こそ良いパフォーマンスを見せてほしいです。
[ 2018/08/05 00:58 ] [ 編集 ]
先にコメントされてる方に似てますが、ゲッツェ再生のために他のメンバーがサポートして勝てればまだ報われますが、昨シーズンの様では他のメンバーモチベ保てないのでは?W杯も終わりましたし。まずは自分の役割をしっかり全うして欲しいですね。自己アピールはそれからですよ。ピッチの中でも外でも、特にゲッツェさん
[ 2018/08/05 06:20 ] [ 編集 ]
ゲッツェも昨シーズンの出来で「クロップが以前僕を欲しがったから相談してみたい」な感じのこと言ってましたよ
結局、自分の不出来も認識してるしクロップに相談したけどダメだったってことでしょ
[ 2018/08/05 06:22 ] [ 編集 ]
今シーズン結果が出なかったらヴァツケは辞任すべきでしょう。
[ 2018/08/05 06:36 ] [ 編集 ]
普通は2年間期待を裏切ったら放出されるよね。
たぶん病気だったていうのと、ドイツ人のアイドルだから優遇されてるのかな。

ただ、そのせいでカストロが犠牲になったね。
香川 カストロ ヴァイグルのトライアングルはしっかり機能していた。なのに、フロントの介入か、ボシュの見る目のなさか、そこに無理やりゲッツェをねじ込んだから、無茶苦茶になってしまった。
そしてカストロは戦犯の烙印を押され、チームを去ることになった。
他のビッククラブでこんなことがまかり通るってことありますか?
もしあったら誰か教えてください。
[ 2018/08/05 07:47 ] [ 編集 ]
何年同じ事言ってるんですかね。ロイスはケガさえなければですが、ゲッツェの他に期待しなきゃいけない若手いないの?公平な競争がないように見えるからまた今年もかよあーあって感じになるんじゃないですかね。もうゲッツェも26なんですか。そんな年になっても自分から居心地いい所から出ていってやり直そうって気概もないと思いますよ。国もかえてやり直すってシュールレの方がよっぽど気概を感じました。
[ 2018/08/05 08:34 ] [ 編集 ]
自分もこれならカストロ香川ヴァイグルでええやんて昨シーズン何回も思いました。結局この3人が怪我したり使われなくてリズム崩したりで。上の方も書いてらっしゃいますが1番煽りを食ったのはカストロじゃないですか。不公平で理不尽でもゲッツェが結果出してチームも勝たせてればそりゃ仕方ないよ。ヴァツケはゲッツェと心中でいいだろうけど他の選手は短い現役人生それじゃたまらん。シャヒン、ローデの何年かイマイチだった選手たちは放出の噂が出るけどゲッツェはそれもない。毎年再生再生。病気だったけど本人は大丈夫って言ってるんだから。やはりおかしいよ。外の選手から見てワーストだったって事は中の選手はどう思ってるんですかね。言わないだろうけど。
[ 2018/08/05 15:14 ] [ 編集 ]
ドルトムントで復活してくれればチームのためにも

こんなのは綺麗事なんです。一人の選手が活躍するために他選手が犠牲になることが何シーズンもあってはならない、そこにドルトムントサポーター達は気づくべきなんです。ここまで言っても気づかないようなら落ちぶれるだけですよ、選手間でワーストに選ばれるということは客観的に見ても救えないということですからね、そんな選手を優遇し続けるクラブに有望な選手はやっては来ません
[ 2018/08/06 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。