ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部同僚ボアテン!ポカール優勝パーティーで発煙筒を灯し、警察が捜査に動く!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

large-16-9 (1)

発煙筒パーティー!
ケヴィン・プリンス・ボアテンに対して警察が動く!


フランクフルト会長は怒り!


非常にリラックスしたフランクフルトでのパーティーもボアテンにとっては尾を引くことになりそうだ。この元フランクフルトスターに対して警察の爆破捜査係が捜査に動いている。


2018年の5月20日はフランクフルトにとって長い間記憶に残るだろう。ポカール決勝でバイエルン・ミュンヘンを下したアイントラハトは、約10万人のファンを集め、フランクフルトのローマ広場で優勝セレモニーを行ったのだ。そのパーティーでケヴィン・プリンス・ボアテンとアイメン・バラコクの二人がバルコニーで発煙筒を灯したが、それに対して匿名希望で多くの告発があったようである。


スポンサーリンク



告発した人物によると、この二人の選手たちは、あまりにも羽目を外しすぎていたようで、とうとう警察も捜査に乗り出すこととなったようだ。


警察広報のカリーナ・レルヒは、“ポカール優勝セレモニーでは複数の人物からそれに関する捜査願いが出された。現在警察はこの二人の選手、それから同様に発煙筒を灯したファンに対して捜査中である。”と語っている。


クラブはすでにその直後に選手に対して懲罰措置を下したとのことだが、告発人に対しては理解に苦しんでいる。“恥ずべきことだね。そうした行動は私には理解できないよ。だけど、優勝セレモニーに参加した人は、だれもこうした行動によって喜びを削がれてはならない。”とプレジデントのペーター・フィッシャーは語っている。



では、これに対する罰はどうなるとみられているだろうか?法律的には最大で3年の禁固刑となる可能性がある。しかし現実的にはボアテンとバラコクには罰金が科されるとみられている。2012年に昇格を果たしたデュッセルドルフのアンドレア・ランベルツとマキシ・バイスターは昇格セレモニーで発煙筒を灯し、それぞれ4000ユーロの罰金を払っている。




以上です。


発煙筒はいけませんね。クラブもその後選手に罰を課したとのことですが、今回は複数の住人が告発したことをうけて捜査がはじまるようになったとのことですね。決して一人や二人ではなかったようです。最近はスマートフォンで誰でも写真が撮れるようになりましたが、住人が駐車違反の車の写真をとって役所におくれば、駐車違反した人の家に、罰金を請求する手紙が届くようになりました・・・。

[ 2018/08/04 20:45 ] 未分類 | TB(-) | CM(3)
選手がやるのはダメってことね
フランスなんかとんでもないことになってたのに
[ 2018/08/04 21:57 ] [ 編集 ]
まあ優勝パーティーくらいはいいんじゃないの。
[ 2018/08/04 22:18 ] [ 編集 ]
え?ブンデスはハーフタイム明けに、もくもくしてて画面見えねーよの状態で後半スタートする試合を時々みますがダメなんですね
[ 2018/08/05 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。