ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》バイエルン トーマス・ミュラーインタビュー


本日のビルト紙において、バイエルンのトーマス・ミュラーのインタビューが掲載されましたので紹介します。




2015011105342245b.jpg


ワールドカップの英雄 トーマス・ミュラー ビルトインタビュー



“ナイスガイ”をやめることもできるんだ


バイエルンは昨日カタールのキャンプに到着した。


ビルトはワールド・チャンピオンのトーマス・ミュラーに質問をした。

あなたは10日間の苦しみと、一日2回のトレーニング、どのぐらい楽しみですか?


もちろん10日間も家から離れているより素晴らしいことはあるだろうね。トレーニングキャンプでは何も考える時間がないんだ。一日に2回トレーニングするし、話し合いやそれ以外の予定もある。夜の9時にはもうくたくたさ。時が経つのはものすごい早いんだ。僕らはなんで自分たちがここで苦しまなければならないか知っているし、ここで流す汗がなんのためになるのかも分かっているんだ。そのためにこの10日を有効に使うんだよ。


でも楽しむことが最重要ではありませんね。


準備なくして成功なしさ。楽しみは僕達が優勝を祝う時に十分味わえる。だからそのためだったら喜んで苦しむよ。それでもフィールド上には楽しみがあるけどね。


休暇では何がもっとも素晴らしかったですか?


自分の時間がある事とやろうと思えば予定を相手に合わせられた事かな。自由な感覚!こうした感じはそう多くは味わえないんだ。

20150111053425c3e.jpg


あなたは時々普通であることに憧れますか?


ミュラー:具体的にどういう事?


例えば誰にも見られずに道を歩くとか。


もうそうした段階は過ぎてしまったね。そうした“普通”の事はおそらく2度とないだろうね。だからそれについては考える必要はないんだ。もちろんもう少し匿名性があったら良いと思うこともあるよ。でもそうしたら別な仕事を選ばなければならないよね。それでもなんとか自由な時間を作る事ができるよ。本当にプライベートで外出する時は、ちょっとだけど“ナイスガイ”をやめる事も出来るんだ。例えば写真撮影を断るとかね。時と場合によってはプライベートである事も許されていると思うんだ。それはファンも受け入れてくれてるよ。

20150111053426e4c.jpg


ペップ・グアルディオラはここ何週間かで、何度かバイエルンはもっと向上することができると言っています。そしてそうした可能性もあると。でもそれと同時にあなた達は最高レベルでもありますね。いったい何処にまだ可能性があるんですか?


ただの一試合として完璧だったことはないね。例えばマインツ戦ではリズムが悪く、完璧とは程遠い出来だった。だからペップが僕らがもっと向上できると言っていることは正しいね。誰でも常に向上することが出来るんだ。ビルトやビルトのレポータもね・・・。


201501110534272d5.jpg

野心家の人々は常に良くなりたいと思いますね。そうなるには少なくともリーグ優勝、ポカール優勝、そしてチャンピオンズリーグ準決勝が必要になりますね。クレイジーではないですか?


僕たちには後半戦にむけて素晴らしい条件がそろっているんだ。さらに素晴らしい一年となるためのこうした前提は本当に素晴らしいね。メンバーは素晴らしいし、コーチもすごいよ。成功のための前提条件は良いものだ。それが成功を約束するものでもないけどね。だけど僕ら自身よりも、自分たちに多くの期待を寄せている人達はいないよ。


スポンサーリンク


ドイツ人の反応

・トーマス・ミュラーは本当に親しみやすくて正直なやつだな。


・私はバイエルンファンではないけど、ミュラー、アラバ、バートシュトゥーバー、シュヴァイニ-は親しみやすいわ。でも特にミュラーは気に入っている。彼は勝って幸せなときも、敗けてしまった時もいつも正直に本当の事を話すし。


・ミュラーば単にいいやつだね。とてもリラックスしてるしね。ドルトムントに足りないのはそこだね。ロイスの代わりにミュラーが来れば素晴らしいだろうな。


・僕も彼がドルトムントに来れば瞬く間に人気者になると思うよ。


・↑僕はクロップは彼のようなタイプとは上手く付き合えないんじゃないかと思うな。


・ミュラーはオリジナルだ。僕は彼が好きだね。彼のユーモアは良いね。ミュラーはドルトムントにも合うだろうね。


・やっと正しい奴が現れた。


・サッカーには彼のようなタイプが必要なんだ。


・このミュラーは本当に地に足がついた奴だね。彼は対戦相手にとってはまさに悪夢だろうけどね。休むこと無く走り回っているし、予想も付かないからね。バイエルンにとってはとても重要な選手だよ。


・ミュラーは口を閉ざしてもっとゴールすべき。


・トーマスは100パーセントバイエルンだ。彼は土地も人々も家族も愛している。彼はFCバイエルンだ。こうした選手がいることは素晴らしいね。


・トーマス・ミュラーは僕にとってはとても自然で親しみやすく見えるよ。だけど、レストランでおばあさんが彼が食事が終わるのを待ってから写真を彼に頼んだら、彼はプライベートだからという理由で断ったんだ。それからは見方が変わったね。


・↑まあそう説明したんだったら礼儀正しいんじゃない?


・ミュラーは一度も“ナイスガイ”ではなかったね。口の大きな奴だね。


・ミュラーは人を騙すのが好きなんだ。彼は筋肉もない。


・トーマス・ミュラーはドイツでも歴代最高の選手だ。


・僕もトーマス・ミュラーが好きだよ。


・僕は好きではないね。


・リベリーは本当にひげを剃るべきだな。


・トーマスはすばらしい奴だね。


・良いインタビューだったね。







以上になります。

トーマス・ミュラーは試合後のインタビューでもユーモアたっぷりなのでドイツでは人気者ですね。今シーズンはブンデスリーガ16試合に出場して7ゴール8アシストとチーム1のスコアポイントを記録しています。2位は10ゴール3アシストのロッベンです。


【おまけ今日のドイツ】

IMG_1316.jpg

ミュラー
管理人がスタジアム観戦した際に撮ったミュラーの写真です。ドイツ人の反応にもあったように、彼を実際に生で見た時にあまりにも足が細く華奢でびっくりしたのを覚えています。ボールの来る所にいつの間にかいてゴールチャンスをいつも狙っている恐るべき選手ですね。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/01/11 07:40 ] バイエルン | TB(-) | CM(2)
No title
飾らない感じの良い選手ですよね。管理人さんの写真が微妙(肝心の細さが判り難い)で、思わず笑ってしまいました。
[ 2015/01/11 19:06 ] [ 編集 ]
No title
ミュラーは小心者のダンテの事なんて気にしなくていい。
そのままでいてくれ。
[ 2015/01/12 05:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。