ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督!「タイトルを獲りたい!」バイエルンに宣戦布告!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

nagelsman.jpg


ナーゲルスマン!バイエルンに宣戦布告!


ナーゲルスマンは今シーズンでホッフェンハイムを率いるのが最後となるが、バイエルンに対して宣戦布告をしている。“僕にとっては常に最高の結果を求める事が大事だ。そしてそれはタイトルの事だ。でも難しいだろうけどね。”と昨シーズン、チームを3位に導いた監督は金曜日に語った。


ナーゲルスマンは昨シーズン、クラブを史上最高の3位に導いたが、2019年にリーガライバルのライプツィヒに移籍する。しかし移籍する前に、“昨シーズンの成績を上回りたい。そしてチャンピオンズリーグのグループリーグを突破し、ポカールでもこれまで以上の成績を出したい。”と語った。


スポンサーリンク



そして彼はチームにも同じように目標を高く持つことを要求する。彼は金曜日に、選手に新シーズンの目標を紙に書かせたようである。“結果にあまり違いがないことを願っている。”とナーゲルスマンは語った。


この31歳はライプツィヒ移籍の決断を長引かせず、素早く下した事が正しかった事だと証明するつもりだ。そしてシーズン開幕3週間前に、彼はその野心を見せている。“僕たちはサッカーをしたい。決して殴り合いではない。”とナーゲルスマンは語る。“前よりも自信が付いたよ。なぜなら僕のサッカーで成功を収めることができるという事に気が付いたからね。”


それでもバイエルンを引きずり下ろすことは簡単ではないようだ。“もしかしたら他のチームとも助け合わなければならないかもしれないね。”と語った。




以上です。

最近のブンデスリーガはみんな腰抜けチームばかりとなっている中でこの世な発言は非常に頼もしいですね。もっとこういう姿勢を見せてほしいものです。ナーゲルスマンの最後の助け合い発言ですが、これはほかのチームもバイエルンを倒さなければならない、という事ですね。



[ 2018/08/05 19:30 ] ナーゲルスマン | TB(-) | CM(16)
はあ、、、、

つくづくナーゲルスマンにドルトムントに来て欲しかったです。
[ 2018/08/05 20:57 ] [ 編集 ]
こういった熱意がドルに移植されてればなぁ
でも足を引っ張るヴァッケに嫌気が差して出て行ってしまうか…
[ 2018/08/05 21:09 ] [ 編集 ]
こういう気概は大事ですねえ
[ 2018/08/05 21:11 ] [ 編集 ]
素晴らしい。
たとえ優勝できなくても、勝ちたい意志を持ち続ければいつかゴールにたどり着くかもしれない。何年、何十年かかるかもしれない。
でも少なくともゼロパーセントではない。

ドルトムントはゼロパーセントだね、最初から諦めてるから。
1パーセントとゼロパーセントは天と地の差があるということをわかってない。
[ 2018/08/05 21:49 ] [ 編集 ]
ヴァッケに是非聞かせたい(泣)
今シーズンはW杯後でドイツ代表を最も抱えてるバイエルンは選手のメンタルコントロールに苦心する筈で王者の座から引きずり下ろす絶好の年になると予想される
なのに早々白旗宣言は情けなさ過ぎる
せめてファブレは対抗して優勝狙い発言して欲しいものです
[ 2018/08/05 22:04 ] [ 編集 ]
ドルトムントは裏切ってバイエルンの味方をしなきゃいいんだけど…
[ 2018/08/05 23:32 ] [ 編集 ]
 監督はこうして強気の発言をするのは素晴らしいと思います。監督の仕事は戦術ですから、優勝できるだけの戦術を自分は持っているという自信の表れと見てとれます。ファヴレも気概を見せてほしいな。

 経営陣は立場が違うので、同じ発言をしても意味が変ってくる。経営サイドが優勝というのは、運に寄らずに優勝できるスカッドを用意するということ。つまり、バイエルンに匹敵するスカッドを形成する為の資金力を用意できると宣言するのと同じです。簡単に口に出せるものではないですね。
[ 2018/08/06 01:05 ] [ 編集 ]
いいねー!闘志出してこ!!
[ 2018/08/06 01:06 ] [ 編集 ]
3位様からすれば、4位のドルトムントなんてもはや眼中にないという(泣)
[ 2018/08/06 01:40 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンさんはドルには来ないですよね。この発言する位だから、タイトルよりもチームのアイドルの再生に何年も費やして経営の安定を最優先しているクラブでは打倒バイエルン!は空念仏だわ
[ 2018/08/06 06:30 ] [ 編集 ]
トゥヘルと上手く行かなかったのでドルのフロントはベテラン監督を呼んでますが改革を求めるなら野心のある若い監督を連れて来た方が良いですね。しかしまあ今季どうなるのか興味深いです。
[ 2018/08/06 09:27 ] [ 編集 ]
これだよこれ
監督がタイトル取る気があるのを明言することでチームもサポもモチベが上がるんだわ
クロップ以降のドルトムントにはそれがないならミキフンオバパパと選手に逃げられるんだわ
[ 2018/08/06 13:17 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイムでの集大成の年にしたい監督とチームのCEOを比較している人が多すぎますね。
ここ数年、監督人事が落ち着かないドルトムントのCEOがメディアに向けて優勝にこだわる発言をした場合、もし成せなかったら例え2位になっても監督刷新の話になりますしシーズン中も新任監督を過度なプレッシャーにさらされます。
メディア向け発言を除外して実際に運営側がどう動いているかというとバイエルンを超える総移籍金で選手を獲得しています。
内心は打倒バイエルンにメラメラですよ。
ドル経営陣の歯切れが悪いのはそういう背景です。

ドルトムントは転売クラブになったなどの経営陣批判もよく見ますけど
ドルトムントは選手総年俸ランキングでは60位ほどなんですよね。
破産危機を乗り越えだいぶ良くなってますが、メガクラブの選手総年俸と比べると30〜40%です。
別にケチっているわけではなくそれが今のドルトムントの体力です。
なのでビッグクラブから高年俸で誘われた選手を引き止めるのも難しい。
無理に引き留めてレヴァの時のようなことにはなりたくない。
だから今はまだこのスタイルでも仕方がないです。
香川がドルトムントに行けたのもこのスタイルのお陰でもあります。
[ 2018/08/06 14:02 ] [ 編集 ]
この監督見てるだけでモチベーション上がってくる。
戦術が複雑化している今、監督選びは本当に重要で、若返りが必須になってきている。
[ 2018/08/06 14:48 ] [ 編集 ]
下らん、香川がドルトムント行けたのはミスリンタートのおかげであってドルトムント自体のおかげではないのは今まで見てりゃ明白な上に、
フンミキオバパパみたいな主力選手やクロップミスリンタートトゥヘルみたいな有能スタッフが抜けてシュールレゲッツェみたいな無意味な選手補強したのはどう考えてもフロントのミスだし、その原因の一つにタイトル獲得を明言しないことも関係してるのは去っていった者たちのコメントで明らかにされてるだろ
選手ありきだってことを忘れ蔑ろにし無理にフロント擁護するファンがいるから過去のマンユやミラノ勢みたいな落ちぶれが始まるんだよ
[ 2018/08/07 03:43 ] [ 編集 ]
ナーゲルスマンの発言とドルトムントフロントの発言、私には殆ど同じ様に聞こえますけど。何方もハッキリ優勝目指す等は言ってません、大変難しいけど頑張る、目標はCL権とポカール取れたら取りたいな…という本音。
日本はとりあえず優勝目差すと誰もが言いますが、優勝出来なかったって誰も責任取らない、無責任体質。海外は目標達成出来なければ監督その他が辞任するのは当たり前の責任体質。 
ドルトムントフロントは不言実行してますよ。近年の補強費見ればわかります。優勝目差すとは言わないけど、それだけのお金は使ってる。それ以上お金持っているバイエルンやプレミアに敵わないのはある意味仕方ないです。
[ 2018/08/07 16:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。