ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブレーメン大迫「人生の夢がかないました!」ドイツ紙インタビュー《ドイツの反応》

【ヴェザー・クリエール】


大迫インタビュー!夢がかなった!


osako 2


ヴェルダー新加入の大迫勇也がワールドカップ日本代表、そしてブレーメン移籍についてインタビューで語っている。またどのようにして人生の夢を叶えたかも語っている。


大迫さん。ワールドカップではコロンビア戦でゴールをあげましたが、その時の喜びよう関しては、アメリカの“Time”も報じたそうですね。その時の様子を聞かせてください。


これまでのキャリアでそれと比較できるような事は一度もありませんでした。ワールドカップでゴールをするという人生の夢がかなったんです。その瞬間に夢がかなったので、あんなに喜んだんです。


あなたの喜びが世界中の注目を集めた事には気が付いていましたか?


日本での反応は見ました。だれもコロンビアに勝利するとは思ってもいなかったので、日本でも大感動でしたね。でもそれを受けて世界で話題になったことは知りませんでした。


スポンサーリンク



日本代表として決勝トーナメントまで進出しましたが、大会の総括をお願いします。



決勝トーナメント行を決めたことはみんな喜んでいます。ベルギーを倒せるという希望も持っていました。勝てたかもしれない試合だったのであのような終わり方をして残念ですし悔しいです。でもそれでもワールドカップを総括すればポジティブだったと思います。チームのパフォーマンスは良かったですし、僕たちのプレースタイルも良かったと思います。これからの基礎を築けたと思います。


ベルギー戦は考えさせられる試合となりましたね。2:0のリードから20分で2:3とされてしまいました。大会の印象に一つの影をおとすことになりませんか?



2:0になった時点で勝てると信じていました。なので試合後の落胆は大きなものでした。でも喜びの方が勝っています。誰も大会前には決勝トーナメントに行けるとは思っていませんでしたから。このパフォーマンスは今後の日本代表の発展に希望を与えると思います。


ワールドカップは大きな舞台ですね。しかしどうして大会前にヴェルダー行きをきめたのですか?


移籍の決断をしなければいけない時期が契約で決まっていたんです。5月までに決断しなければいけませんでした。フロリアン・コーフェルトと話をしてヴェルダー行を決めました。それはワールドカップが終わった今でも特に問題ありません。


ブンデスリーガにはあなたを欲しがったクラブが多くあったようですが、どうしてヴェルダーにしたのですか?


フロリアン・コーフェルトの下でブレーメンはアグレッシブで魅力的なサッカーをしていました。そして成功も収めています。監督は話し合いで来シーズンもこのスタイルを継続すると話してくれました。他のクラブの事は考えませんでしたね。


コーフェルトはあなたの役割についてしっかりとしたプランがあると強調しています。その役割とはなんですか?


スペース(ポジション)の間です。僕が好きなのは9番と10番の間のスペースです。もちろんサイドもオプションの一つではありますが。


あなたがドイツに来て以来日本のジャーナリストがあなたについて沢山報道していますが、その背景はいったいなんですか?


流行に対して感動するのは日本のメンタリティなんです。特にスポーツでは。誰も逃したくはないんですよ。ワールドカップの後でサッカーに関する興味はより大きくなりました。もしかしたら日本のメディアは僕を通してヴェルダーにも注目するかもしれませんが、それは良い事だと思います。


ヴェルダーではあたたは奥寺に続いて二人目の日本人となります。あなたは彼を知っていますか?


もちろん知っていますが、個人的にはまだ知りません。日本でサッカーをやっている人ならだれでも奥寺さんの事は知っています。彼はレジェンドですから。彼はヨーロッパでプレーした最初の日本人です。


奥寺はブレーメンで3回準優勝を果たしています。これはあなたの目標でもありますか?


まずはヨーロッパリーグでプレーする事ですね。そのためには全力を尽くします。


クラウディオ・ピサロも同じ目標を上げていました。あなたは昨シーズンケルンで彼とプレーしました。また一年プレー出来て嬉しいですか?


もちろんです。クラウディオはいい奴です。彼は控室にリラックスした雰囲気をもたらしてくれます。いつも上機嫌ですしね。彼のサッカーの能力は尊敬しています。彼がいることは良い事ですね。特にPエリア内での彼の能力はもっとよく見たいですね。


あなたはまだブレーメンに来てから数日しかたっていませんが、もう街はみましたか?


まだですね。まだホテルに住んでるんです。もうすぐアパートを借りるつもりですが。でも家族はデュッセルドルフに残ります。休日には行き来しなければならないですね。


サッカーしない時は何をしますか?


家族の下で過ごしています。小さな娘がいますが、彼女と沢山過ごしています。でもブレーメンでは一人が多くなるので、どうするのか、まあ見てみましょう。


あなたはドイツに来て4年半になりますが、文化の違いはどうですか?


日本とドイツの文化で似ている所は結構あります。綺麗で人々は真面目です。でもサッカーにたいする価値観は違いますね。ここでは非常に大きな意味合いを持っています。日本では野球がものすごい人気です。ここではサッカーがすべてですね。サッカー選手としては言う事なしです。





以上です。大迫選手のブレーメン初インタビューとなります。ブレーメン地元紙は結構頻繁に大迫選手を取り上げていますが、それだけ注目の高さが伺えますね。ワールドカップのゴールも追い風になっているようですので、これからも注目していきたいです。







[ 2018/08/06 15:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(3)
表情に貫禄が出てきましたね。
同じ代表の遠藤航が「大迫選手のプレーが凄かった」と絶賛していましたよ。
[ 2018/08/06 15:22 ] [ 編集 ]
夢がかなったって移籍じゃなくてワールドカップの話かw
移籍するたびに夢をかなえるムヒかと思ったわ
[ 2018/08/06 15:42 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうござます。大迫選手の半端ない活躍を期待したいですね。
[ 2018/08/06 17:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。