ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

これが新しいドルトムントだ!!ドイツ紙スタメン予想!!《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト】

w950_h526_x1500_y1000_DPA_bfunk_dpa_5F9A02006693ACE4-ebf128718b498071.jpg


新加入に7300万ユーロ

ヴィッツェル、ディアッロ!これがドルトムント先発予想だ!


“我々は夏にはスカッドの調整が必要となるだろう。後半戦の結果次第だけれどね。”とBVBのハンス・ヨアヒム・ヴァツケは2月に語っている。そして、これは成し遂げられた。ボルシアはこれまで新加入に7300万ユーロを投資し、それはブンデスリーガで今の所最高額となっている。そして最近加入したのが、アクセル・ヴィッツェルだ。トランスファー・マルクトはルシアン・ファヴレの先発メンバーがどうなるか議論し、その予想スタメンを発表する。


スポンサーリンク



予想スタメン 4231

ビュルキ
ハキミ、アカンジ、ディアッロ、ゲレイロ
ディレイニー、ヴィッツェル
プリシチ、ゲッツェ、ロイス
フィリップ




ヴィッツェルの年俸は750万から1000万ユーロの間とみられているが、彼はスタメンが確定しているだろう。このベルギー人はこの夏のスター補強となる。そして最初の疑問は、では誰が彼の隣でプレーするのか、という事だ。テストマッチではファヴレは対戦相手により、4231、433、4141、442を採用した。


ここ2年はユリアン・ヴァイグルがターニングポイントといて6番でプレーしていたが、彼は昨シーズン、他のチームメート同様に調子を落としている。彼を放出候補とみるファンも少なくない。トゥヘルのいるパリSGやグアルディオラのマンチェスター・シティへの移籍が何度も噂されている。


またファヴレはマリオ・ゲッツェを似たような役割で起用して成功している。時には守備的、そして時には攻撃的に。どこでプレーしようが彼がプレーを指揮するのだ。ゲッツェは“複数のポジションでプレーできるし、それはシステム次第だね。僕が中央が最も好きなのはもちろんだ。”と語っている。


ファヴレは短いパス、そして素早い攻守の切り替えが好みだ。そして時にはロングボールも好む。またブレーメンから2000万ユーロで移籍してきたトーマス・ディレイニーもこうした役割に相応しいかもしれない。


“チーム内でのバランスが最も重要だ。”とファヴレは語ったが、中央では贅沢な悩みを抱えることになる。ヴィッツェル、ゲッツェ、ディレイニーの他に、ヴァイグル、シャヒン、ローデ、ブルニッチ、ダフード、香川、そしてゴメスと7人もいるのだ。


また同様にスタメン争いが激しくなるのはマリウス・ヴォルフにとってもそうだろう。この新加入はクリスティアン・プリシチのバックアップとなるだろう。プリシチはテストマッチで力強いパフォーマンスを発揮しており、有利だ。しかしプリシチが残留するとはまだ決まっていない。木曜日までチェルシーとリヴァプールには時間がある。


はっきりしないのがストライカーだ。ミッチー・バチュアイの後継者がまだ表れていない。ツォルクはフィリップが18ゴールはできると信じており、フィリップもそれができると思っているようだ。


しかしファヴレもゲッツェも高まる期待に警鐘を鳴らす。“まだ始まったばかりだから、これから集中的に取り組まなければならないよ”とファヴレは語った。





以上です。

先発予想メンバーの記事が上がっていました。

たしかに新加入に対する期待は分かりますが、新加入の選手は、これからできる事を証明していかなければなりませんし、あまり高い期待は禁物ですね。それぞれ元クラブで良いプレーはしていましたが、移籍元はマインツやブレーメンなので、国際経験はあまりありませんし。やっぱりストライカーはもう一人獲得しないと心配です。





[ 2018/08/07 06:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(32)
いくらゲッツェに期待してもプレッシャーきつくなるとレンヌ戦みたく中盤機能しなくなるのはもう毎年のこと
[ 2018/08/07 06:12 ] [ 編集 ]
ここ2日間、ゲレイロは練習ではインサイドハーフで起用されているみたいですね。
さらに、ブラジル人CF獲得の記事も出ているようですよ。
となるとサイドの競争もエグくなるわけですが、このような数打ちゃ当たる作戦はちょっと酷すぎませんかね。
フロントの計画性の無さを押し付けられている形で、選手たちに同情してしまいますね。
[ 2018/08/07 06:32 ] [ 編集 ]
高額で買ってきた選手はもちろんスタメン予想に入るのは分かりますがゲッツェに関しては、いくら昨シーズン悪くても監督が変わりシーズンが変わるとまたスタメン。しかしドルではロイスとゲッツェは特別枠なので香川は一からアピールして行くしかない。怪我さえなければやれると思うので頑張って欲しい。
[ 2018/08/07 06:54 ] [ 編集 ]
こんな前線機能するわけがない
[ 2018/08/07 06:58 ] [ 編集 ]
個人的にはゲッツェ使うなら香川だと思っているのですが間違っているでしょうか
[ 2018/08/07 07:15 ] [ 編集 ]
誰がスタメンに定着するのかわからないですね。
最近の新加入選手でレギュラーと言えた選手はあまりいませんから。
[ 2018/08/07 07:56 ] [ 編集 ]
むちゃくちゃ弱そう。
6位くらいかな。
[ 2018/08/07 08:03 ] [ 編集 ]
ゲッツェ


またゲッツェを無理に使うんですね
競争なんて存在しない
[ 2018/08/07 10:25 ] [ 編集 ]
中盤もっと放出してCFをもっと早く獲得するべきだったな
ストライカーがいないといくら支配してても勝てないだろうに
[ 2018/08/07 12:35 ] [ 編集 ]
 ゲッツェスタメン時はチーム失点率がやたら高いのです。これは二連覇の頃からずっとそうなので、そういうデータがクラブには存在するでしょう。それをファヴレがどう判断するかかな。

 マクシミリアン・フィリップは名前がカッコイイので好きなんですけど、ポテンシャルを客観的に考えると難しい気がします。絶対的な実績のないフィリップにチャンスをあげるなら、イサクにも同等のチャンスをあげて欲しい。
[ 2018/08/07 12:52 ] [ 編集 ]
本気で香川にはいいとこのオファーがあるなら移籍してほしい
もうこういう若手とかを集めてやるようなレベルの選手じゃないんだよ
ロイスもそうだが
ピスチェクだってホントならもっと大きなクラブにいけてたと思う

成熟したチームに行くべき
[ 2018/08/07 15:05 ] [ 編集 ]
08/07 06:54
どうしてこういう人がいるんだろう?
流石に29歳にもなって毎年恒例のように実力に見合ってないスタメン争いを不毛にさせられる自国選手がいたら「頑張れ」ではなく「ふざけるな」もしくは「移籍するべき」が最初に出るはずなんですけどね?日本人の悪いところは理不尽な要求を受けても言葉を飲むところだと思いますよ
[ 2018/08/07 16:28 ] [ 編集 ]
ゲッツェより香川といいますが香川がゲッツェよりも格段にいいと言える点はどこでしょうか?
それがなければゲッツェを使っていくのは当然かと思いますが
[ 2018/08/07 16:38 ] [ 編集 ]
ロイスは特別枠なのは納得できる。ケガばっかりでも納得できる。ゲッツェの特別枠は本当にうんざり。
[ 2018/08/07 16:39 ] [ 編集 ]
ゲッツェは今年活躍するはず!
[ 2018/08/07 16:56 ] [ 編集 ]
ゲッツェとプリシッチはスタメンに相応しくない。ヴォルフはどうした? サイドは体格ある選手が必要で、故にゲレイロもダメですね。
中央は香川。せっかく新しい選手とったのにこの3人を使うようならドルトムントの復活はないですね。日本は今期からスカパー放映になりますが 
ふざけたスカッドにするならNHKで放送された時くらいしか見ないかも。
それくらいドルトムントに魅力ないです、ロナウドのユーベや新生インテル追っかけてた方が良いくらい。さてブンデスリーガは正念場ですよ、リーグアンにも越されそうな勢いで、どう巻き返すんでしょうか。
[ 2018/08/07 17:32 ] [ 編集 ]
これだけ入れ替えると、昨年のミランみたいに、当初は相当苦労すると思います。ゲッツェなんか使ってる場合ですかね?
[ 2018/08/07 17:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェは一見いいプレーをしてるように見えるけど全然中盤をまとめられてないから勝ちに繋がらない
[ 2018/08/07 18:43 ] [ 編集 ]
このスタメンなら今シーズンも香川はキャリアを無駄にしドルはCLに出場できりゃいいことが確定だな
[ 2018/08/07 18:55 ] [ 編集 ]
BVBのスタメン予測はどれかな?まさかこれじゃないだろう?ははは

ゲッツェが入るのはいつも通りだろうだし、それは何故かと言うとドイツ人のアイドルだからさ
バイエルンに行ってもシャルケに行ってもスタメン予想には入るよ
クラブチームじゃなくドイツって国のアイドル様だからな

スタメン予想はダフードがゲッツェ、SBが変わってるくらいで概ねそんな感じだろうなってスタメンだね
実際は下記見たいな感じになって欲しいけどさ

獲得すべきFW
ロイス、獲得すべき右サイド
香川、デラネイ
ヴァイグル
ゲレイロ、ディアロ、アカンジ、ピシュチェク
ビュルキ
[ 2018/08/07 20:08 ] [ 編集 ]
自分もゲッツェより香川だと思いますが、前提として香川は助っ人、ゲッツェは自国の人。
ブンデスリーガの根本はドイツのためのリーグで自国民や自国の活性に繋がることが前提。
比較としてはちょっとおかしいかもしれないが、日本で言う宇佐美。
その才能をそのままにするには惜しいんだよ。
理想や願望も含まれてるけど、ドイツのリーグだからそれも当然。
それが嫌なら香川がそれを圧倒的に上回る助っ人としての活躍をするか、自国リーグでやるか、他国で競争出来るチームに移籍するかしかない。
ゲッツェ批判やドイツ批判は間違ってる
[ 2018/08/07 21:40 ] [ 編集 ]
香川に不毛なスタメン争いを止めてドルを出ろと簡単には言えない。それは香川が諦めずに頑張ってるから。香川のファンは悔しいけど一番悔しいのは香川。彼がその道を選ぶなら応援するしかないと思いますけどね。それに香川はその中でも結局スタメンになってますから。成長してますよ。
[ 2018/08/07 21:56 ] [ 編集 ]
個人的にはヴィツェル程度で多少の騒ぎが起きるドルのレベルの低さを悲しく感じます
移籍期間はありますがワールドクラスの選手は当然として、そこから二段階ぐらい落ちる選手しか取れないんだなあと
[ 2018/08/07 22:11 ] [ 編集 ]
08/07 16:38

昨シーズンのキッカーアンケート
ブンデスリーガの選手たちが選ぶもっとも失望した選手1位に選ばれたゲッツェ。
戦った選手たちが一番よくわかっていると言うことです。
[ 2018/08/07 23:46 ] [ 編集 ]
香川がゲッツェより格段に優れているところ、、国籍以外の全部だと思います。
国籍だけはさすがに不利ですね。
むしろゲッツェのどこが香川より優れてるいるのかわかりません。
昨シーズンなんかはっきり違いが出てたと思いますけど。
[ 2018/08/07 23:54 ] [ 編集 ]
チューリッヒとの試合で早速ロイスにアシストして逆転に貢献しましたね、それ以外の部分でも試合を仕切ってたみたいですし、やはりゲッツェでは相手になりません、特に出場時の勝率は明らかに別格ですから。
あとラーセンがハット決めたみたいです
0-1シェーンベヒラー
1-1ラーセン (Aロイス)
1-2ロイス (A香川)
2-2ロドリゲス
2-3ラーセン(Aハキミ)
2-4ラーセン (Aロイス)
3-4ロドリゲス
[ 2018/08/08 03:42 ] [ 編集 ]
今の香川がゲッツェより毎試合違いを作れる選手かと言われればそうでもないだろう 色眼鏡抜きに見ないといけないよ
[ 2018/08/08 03:46 ] [ 編集 ]
>ゲッツェより香川といいますが香川がゲッツェよりも格段にいいと言える点はどこでしょうか?
それがなければゲッツェを使っていくのは当然かと思いますが
>それが嫌なら香川がそれを圧倒的に上回る助っ人としての活躍をするか

香川は怪我が影響した時期もありましたが、ゲッツェより圧倒的に上回る活躍をしていますよ。スコアポイント、前線のプレス守備、対人守備、運動量、プレーの精度、判断の的確さと速さ、ファイナルサードでの打開力、チャンスメイク力、ゲームメイク力、創造性、連携力、ポジショニングの良さなど全てで圧倒的に香川の方が上です。狭いスペースで相手に囲まれた状態でもキープができ相手をいなす力は卓越していますし、チームの流れを良くする為に中盤で繋いだり周りの選手の為に囮となったりと地味な役割も献身的にこなせます。今のゲッツェの方が良いのはミドルシュートの威力くらいでは? パフォーマンスが良くないにも関わらず、ゲッツェが起用されることが多いので、批判されているのだと思います。
[ 2018/08/08 06:09 ] [ 編集 ]
色眼鏡抜きで考えてゲッツェより香川というのが個人的な意見。
[ 2018/08/08 06:29 ] [ 編集 ]
批判してはいけないとは、いつかの時代の言論統制のよう。
で、香川に対する批判や不公平な扱いは受け入れろと。
おかしい話ですね。
そもそも理不尽な批判でない限り、外からの批判こそ当たり前であり当然のことです。
それを理由をつけて弾圧しようとすることこそ間違っています。
それに一部の選手優遇は外国人だけでなくカストロやヴァイグルといった同国人もあおりを受けており、根本的に国籍がメインの原因ではありません。
[ 2018/08/08 08:46 ] [ 編集 ]
香川真司 14-18 107スタメン 9515分 69スコアポイント
ゲッツェ 16-18 40スタメン 3377分 13スコアポイント
香川 1.5試合に1SP 3.4試合に1G
ゲッツェ 2.9試合に1SP 9.4試合に1G
これだけ差があっても色眼鏡?
色眼鏡で見ているのはどちらだろうね?
少なくともブンデスリーガの選手達がワーストつけるくらいゲッツェは落ちていると思うんだけど
どんな点で違いを作れないと思うのか数字という根拠を交えて説明して欲しいな
[ 2018/08/08 09:44 ] [ 編集 ]
ゲッツェこそ思いっきりいい方に色眼鏡目線でしょ。香川は結果出しても黒子やっても大したことないゲッツェより明確に劣ってるって意味の色眼鏡目線で見られてるけど。香川評価してる方たちだって大半は正しい批判や香川よりチーム問わずに格上だな〜って思える選手がいれば受け入れる冷静さは持ってると思いますよ。まぁドルトでゲッツェとスタメン争いってある意味めっちゃ厳しい環境だと思います。不毛だからもう辞めてほしいけどね。
[ 2018/08/08 16:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。