ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB新加入、ベルギー代表ヴィッツェルってどんな選手?過去には悪質ファウルで8試合出場停止も!!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

BVB-Witsel-Axel.jpg


ボルシア・ドルトムント!

アクセル・ヴィッツェルにまつわる5つの事実!!



アクセル・ヴィッツェルはボルシア・ドルトムントでプレーする事になった。まだみんなが知らない5つの事実を紹介しよう。

1.ヴィッツェルはフランス代表にもなれた


この29歳は正式には、アクセル・ローレン・アンジェル・ランベルト・ヴィッツェルという名前だが、フランスとベルギー人の間にベルギーのリュッティヒで生まれた。しかし彼がフランス代表としてプレーするとは少しも思わなかったようだ。この186センチのミッドフィルダーは、ジュニア代表からずっとベルギーでプレーしていた。そしてU17では、現在トッテナムでプレーするアルダ―ヴァイレルトと共にプレーし、親交も深めている。


スポンサーリンク



2.すでに20歳でベルギーの年間最優秀選手に


すでに20歳でヴィッツェルはベルギーの年間最優秀選手になっている。その年にはリュッティヒでリーガ優勝を果たした。その時2位に選ばれたのが、当時のチームメートのミラン・ジャヴァノヴィチで3位に得ればれたのが、現在マンチェスター・ユナイテッドのフェライニだ。


3.ヴィッツェルはお金のために中国移籍を選んだことを認めている


ヴィッツェルはリュッティヒの後で、ベンフィカ・リスボン、ゼニト・サンクト・ペータスブルク、そして中国のティアンジンに移籍した。中国移籍の前に、彼はユヴェントゥスからもオファーを受けていたが、中国行を選んだ。彼はその理由について、“ユヴェントゥスのようなトップクラブからのオファーに関しては長い間考えるものだ。でも家族を考えて、中国からのオファーを簡単に断る事はできなかったんだ。”と正直に打ち明けた。ティアンジンでのヴィッツェルの年俸は2000万ユーロだったとみられている。


4.ホラー・ファウルで8試合出場停止、そしてその後殺人予告


2009年のリュッティヒ対アンデルレヒト戦で、開始30分に相手ディフェンダーのヴァシレフスキーにファウルした。この結果ヴァシレフスキーは足を二か所骨折した。その時の写真は世界中に出回り、殺人予告も出されたために、彼と家族は警察に守られることになった。この時彼は8試合出場停止となっている。ヴィッツェルはその後ヴァシレフスキーとその家族に謝罪している。

w940_h526_x470_y264_2ac3337df2f5ebd8.jpg

5.バイエルンもヴィッツェルの獲得に動いていた


元バイエルンの監督、カルロ・アンチェロッティが2017年に彼を中国からミュンヘンに連れてこようとしている。彼はそれを光栄に思い、“今から2週間前にアンチェロッティ監督がファビオ・カンナヴァーロ(当時のティアンジンの監督)に電話し、僕に接触してもよいか尋ねたんだ。これは中国でプレーしているからと言って、世界から忘れられたわけではない事の証明だね。”と語っている。





以上です。

ヴィッツェルに関する5つの事柄ですが、契約解除条項があったので、バイエルン行を希望すれば、本人は移籍する事も可能だったという事でしょうか。でもドルトムントを選んだのは、ベルギーがすぐ近くという事もあるかもしれませんね。ドルトムントから彼の故郷のリュッティヒまでは高速を使えば車で2時間半で行けます。


[ 2018/08/07 17:06 ] ヴィッツェル | TB(-) | CM(2)
ウチにはバイエルンから来た選手が2人いますが…

それはさておき、ヴィツェルってアンカーできるのですか?
プレー集を見る限り、433ではなく、4231か442のダブルボランチで起用される選手ではないかと思ったのですが。
それだとヴァイグルとの併用もあるといえばあるし。
433だとどちらかというとまだアンカーよりかは、インサイドハーフ向きなんじゃないかと思ったんだけど、違うんですかね。
[ 2018/08/07 17:19 ] [ 編集 ]
ビッグネームが来たような扱いに少し違和感を感じますが、そんなにすごい選手なのでしょうか。
今までにいないタイプなのでどんな感じになるのか楽しみではあります。
[ 2018/08/07 18:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。