ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴィッツェル加入でポジションを奪われてしまうのは誰か?《ドイツの反応》

【DW】

witsel2.jpg

アクセル・ヴィッツェルとプレーするのは誰だろうか?


このベルギー代表の選手はボルシア・ドルトムントに移籍した。これでドルトムントの中盤のポジション争いは厳しいものとなるだろう。ヴィッツェルにポジションを奪われてしまうのは誰だろうか?


ドルトムントの中盤は、贅沢な悩みを抱えることになった。アクセル・ヴィッツェルはルシアン・ファヴレ監督の望んだ選手とされている。このベルギー代表選手は2000万ユーロで中国のティアンジンから移籍したが、すでにスタメンは固いとされている。ヴィッツェルの隣の1,2のポジションをトーマス・ディレイニー、マリオ・ゲッツェ、ユリアン・ヴァイグル、モハメド・ダフード、ヌリ・シャヒン、セバスチャン・ローデで争う事になる。それに加えて育成枠のブルニッチとセルジョ・ゴメスがいる。



スポンサーリンク



ルシアン・ファヴレはテストマッチで4141、4411、4231を採用している。アクセル・ヴィッツェルが一人で6番でプレーするのであれば、その前では創造的なマリオ・ゲッツェと力強いトーマス・ディレイニーがデュオを形成することができるだろう。昨シーズンの後半戦は弱弱しかったゲッツェは、準備期間中は状態が良いように見える。代表監督のレーヴが彼をノミネートしなかったことで、ゲッツェはトレーニングを十分に行う事が出来たようだ。


もしファヴレが6番を二人採用するならば、ヴィッツェルの隣でユリアン・ヴァイグルがプレーする事が出来るだろう。ゲッツェはより攻撃的なポジションでプレーできるだろう。しかしヴァイグルは負傷のため、これまでのトレーニングを欠場していた。


ダフードはこれまでのテストマッチで沢山プレー時間を得た、ダフードは良い攻撃的な位置でプレーしており、スタメン入りも近いとみられている。彼は長いシーズン十分なプレー時間を得るだろう。


この選手たちにとっては厳しいだろう


最もチャンスが少ないとみられているのが、セバスティアン・ローデだ。この中盤の選手は昨シーズン全くプレーしていない。準備トレーニング期間中もベンチスタートが多く、時々交代でプレーするぐらいだ。負傷も多く、ファヴレもどう計画したらよいか分からないだろう。


ヌリ・シャヒンは途中交代で出場する事が出来るだろう。彼の経験はチームの助けとなる事が出来るだろう。彼はすでに昨シーズン控えとしての役割を受け入れている。もし彼が定期的にプレーしたければクラブを変えなければならない。


また放出候補とされているのが、スタメンも可能でありそうなユリアン・ヴァイグルだ。彼はパリSG行きやマンチェスター・シティ移籍が噂されている。


しかしヴァイグルが移籍したとしても、アクセル・ヴィッツェルの加入により、BVBは準備が出来ている。そして中盤でもその代わりとなる選手は十分だ。


以上です。


香川選手にはまったく触れられていませんが、忘れられてしまったのでしょうか・・。そうとしか考えられませんが、そうだったとしたら非常にけしからんですね。





[ 2018/08/08 13:00 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(23)
いや、6番8番の話がメインだからいまだに香川がシャドーやトップ下だけやってると思ってるんだろ
トゥヘルん時からインサイドハーフ、ボランチ、たまにアンカーまでやってるってのにドイツメディアは相変わらずポジションがわからんよな
[ 2018/08/08 13:49 ] [ 編集 ]
このメディア香川のこと嫌いだよね
ずっとネガキャンしてるし、わざとでしょ
[ 2018/08/08 14:29 ] [ 編集 ]
香川を忘れられるようなチーム状況に見えないのですが。
[ 2018/08/08 14:32 ] [ 編集 ]
香川はゲッツェが戻ってきて以来、常にゲッツェ次第ですよね。
ゲッツェの調子が悪ければ出られる。

いつまでこんなことするんだろ。
[ 2018/08/08 14:36 ] [ 編集 ]
管理人さん怒ってるけど、意外にドイツのスポーツメディアも思い付き、面白ネタでモノ書くクオリティの低さなんですね。まあ、日本の場合はさらに酷いですが。
[ 2018/08/08 14:41 ] [ 編集 ]
はは、香川は移籍確定ってことかな笑
[ 2018/08/08 14:46 ] [ 編集 ]
ヴァイグルは絶対に出したらダメだ!
ゲッツェなら即時放出した方がいいよ
貧乏くじ引いたのに何時までもキープしてると
どんどん負の連鎖を引き起こすから
絶対に放出した方がいいよ
解らないのかなぁ?何十年も生きてきたらこんなのふつう解ることなのに。
[ 2018/08/08 14:57 ] [ 編集 ]
このネタを元に日本のマスコミが香川のアクロバティック記事を出す!という事が賭けの対象にならないかしら?
[ 2018/08/08 15:17 ] [ 編集 ]
個人的にはシャヒン、ローデ、ダフードがリザーブ
ゲッツェ、ヴァイグル(怪我)、香川、ヴィツェル、デラネイで争うべきと思います
PSMでは量れませんが今季は違うぞって感じが見られず昨季と同じか以下になりそうなので
CFが欲しいですね。もうロイスと香川の2トップでも良いとすら思ってますが
[ 2018/08/08 15:23 ] [ 編集 ]
香川、ヴィツェル、ダフードでいいと思う。
[ 2018/08/08 15:44 ] [ 編集 ]
これは香川を中盤として見ていないんじゃないですかね。それかもう移籍したと勘違いかな。どちらにしても記者の才能は無さそう。
[ 2018/08/08 15:53 ] [ 編集 ]
ぶっちゃけヴィッツェルは良い選手じゃない
それなのにあんだけサラリーだすなら、他の選手の不満は高くなるだけだわな
価値とか言っても中国に行って膨らんだ見せ掛けの価値だろう
[ 2018/08/08 16:11 ] [ 編集 ]
やたらゲッツェが6番で使われたことを強調する記事がありましたよね
だからゲッツェもそこのポジション争いに入ってて
香川は未だに10番オンリーの選手だと思い込んでる人がいるような気がするんですよね
クロップが事あるごとにトップ下香川を絶賛して、ユナイテッドで別のポジションをやらされてた事を嘆いてた
その印象が強く残ってて、その悪影響がここに..
[ 2018/08/08 16:59 ] [ 編集 ]
これ、ゲッツェも辛いと思います。ドイツのマスメディアの期待感が凄い。逆に香川の期待値が低いのは、シーズン前の恒例行事みたいなもの。ゲッツェを引っ張り、慌てて香川酷使からの疲労骨折の過ちは繰り返して欲しくないですね。それからヴァイグルがオマケ扱いですが、いやいや調子が戻れば彼が一番。何故ビッククラブが彼を欲しがるかよく考えて欲しい。
[ 2018/08/08 17:53 ] [ 編集 ]
香川は忘れられているのではなく、スタメンから追いやられるなんて事は考えられないという事なのかも(笑)

それよりヴァイグルの代わりが本当に準備できているか、どうかはリーグが始まってみないとわからないですよね。
[ 2018/08/08 19:09 ] [ 編集 ]
香川選手にはまったく触れられていませんが、忘れられてしまったのでしょうか・・。

あえて触れない。これはわざとでしょうね。
[ 2018/08/08 20:31 ] [ 編集 ]
結局ゲッツェ推したいだけでしょう。
そしてゲッツェと香川比較したら去年からのパフォーマンスみるとかなり分が悪いのでついに無視
[ 2018/08/08 21:28 ] [ 編集 ]
ヴィツェルだけでなく、ロイスをどのポジションで起用するかによる影響もあるかと思います。
昨シーズン終盤のようなトップ下だったり、周りとの兼ね合いで様々な入れ替えやパターンが考えられると思うので。
[ 2018/08/08 21:41 ] [ 編集 ]
4231の2の話ですよね。
ドイツではいまだに香川選手はトップ下のイメージだからだと思います。
[ 2018/08/08 22:19 ] [ 編集 ]
トゥヘル時代のIHとは何だったのか
ボカール決勝でのアンカーとは何だったのか
[ 2018/08/09 14:07 ] [ 編集 ]
まあ香川が最も輝くポジションがトップ下なのは、世界中の誰が見ても明らかですよ。
もうちょい決定的な数字が欲しいですが。
[ 2018/08/09 21:09 ] [ 編集 ]
ここ数年クラブではほとんどトップ下してないんだから、タスクとポジション考えたら十分に数字出してるでしょ
なんで違うポジションの役割と結果を求めるのかね、マスコミも一部の人も
そんなの監督から求められてるものでもなんでもないよ
[ 2018/08/10 08:43 ] [ 編集 ]
08/09 21:09
クリスティアーノロナウドが輝くのはサイドとトップだからボランチでもシーズン40G取らなきゃ決定的じゃないみたいなコメントですね
[ 2018/08/10 23:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。