ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキー!バイエルン残留が決定的に!「レヴァンドフスキーは移籍禁止を受け入れたよ。」《ドイツの反応》


【スポーツビルト】
lewandovski.jpg


コヴァチ!レヴァンドフスキーは移籍禁止を受け入れたよ

レヴァンドフスキ―はバイエルンに残留する。


レヴァンドフスキ―とニコ・コヴァチ監督の間で、個人面談が行われたが、その結果このストライカーはミュンヘンに残る事になったようだ。


“先週ロベルトと私が個人面談したのは正しかった。”とコヴァチはスポーツビルトにおいて語っている。“ロベルトは私が彼をどう起用としているか、どう考えているか分かっているよ。クラブ皆が彼のクオリティーを知っている。彼は世界でもトップ3に入るストライカーだ。だから彼を放出するつもりはない。これは彼に言った言葉でもあるよ。彼もこれを聞いて喜んでいたね。”


スポンサーリンク




これによって、コヴァチはフランクフルトの教え子アンテ・レビッチの獲得を否定した。“アンテは非常に強いパーソナリティーを備えており、素晴らしい選手だ。彼はここ2年間、フランクフルトとワールドカップで非常に成長した。でも我々のスカッドは非常に高いクオリティーを備えている。そのためアンテ・レビッチを獲得する意味はあまりないんだ。”と語った。





以上です。


レヴァンドフスキ―とコヴァチが面談を行ったようですが、どうやら残留を説得する事が出来たようですね。しかしレアルもまだ思ったように補強が出来ていませんし、もしかしたら最後の最後で巨額のオファーが届く、という事もあるかもしれません。そうなったらどうなるかまだ分かりませんね・・・。

[ 2018/08/08 19:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(4)
それでも選手に敬意を払ったコヴァチは偉い!というか当然のことをきちんとしてる
一方のドルトムントは香川みたいな数字出してる外国人に対して敬意を払っているか?否!断じて否だね!
[ 2018/08/08 20:55 ] [ 編集 ]
レアルが絶対にレヴァンドフスキーを獲得したい様には傍から見ても感じませんでした。
決して若くはないですし(8月で30歳)最初から本命ではなく安く獲れれば儲け物という考えだったのではないかと。
本人からすればレアル移籍へ最後のチャンスでも相手方の考えは違ったのでしょう。
[ 2018/08/08 21:49 ] [ 編集 ]
もっと熱くなれよレヴァ!Rマドリーへの情熱はどうしたんだ!
バイエルンからRマドリーに行くんだ!
バイエルンの戦力を殺ぐためにも情熱を燃やすべきだ!
[ 2018/08/09 02:45 ] [ 編集 ]
こうしたところが監督の差なんですよね。昨シーズンフランクフルトの試合観てきたのですがコヴァチ氏の入る年の前と後では良い意味でチームの雰囲気は全然違いました。
[ 2018/08/09 04:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。