ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》アジア杯 ドイツ紙「香川が説得力のあるパフォーマンスで初戦勝利」

今日行われましたアジアカップ。ドイツでは早朝に行われたため管理人は見ることが出来ませんでしたが、ブンデスリーガ所属の選手が多く出場したことで、ドイツでも話題になっています。香川選手の所属するドルトムントの西ドイツアルゲマイネ新聞がアジアカップの記事を冒頭のタイトルで掲載していましたので紹介します。


なお、アジアカップで日本が勝利したニュースはフランクフルトを初め多くの新聞で掲載されておりましたが、国際版と言う事でほぼ同じ記事を掲載していました。





20150112213908926.jpg
西ドイツアルゲマイネ新聞の写真


アジア・カップ

香川が説得力のあるパフォーマンスで初戦に勝利


BVBのプロ選手香川真司はアジアカップで彼のパスの出し手(アシストの出し手)としてのクオリティーを証明して見せた。パレスチナに対して彼のチームははっきりとした勝利を収めた。


タイトル保持者である日本が、アジアカップでのデビューを飾ることになったパレスチナとの初戦において、全く危険のない勝利を飾った。4度の優勝を誇るチームは月曜日にオーストラリアのニューキャッスルで行われた試合に4:0と勝利した。


遠藤保仁(8.)、そして香川真司のアシストからマインツのストライカー岡崎慎司(25.)、本田圭佑(44PK)、そして吉田麻也(50.)が5回のワールドカップ出場をするチームの為に得点を上げた。


“私たちは相手チームに対して敬意を持っていますが、私達がここに居るのはタイトルを守るためです”とアギーレ監督は試合前に自信を持って宣言していた。


しかしパレスチナは90分間を通して“ものさし”となる相手ではなかった。モルジブで行われたAFCチャレンジカップにおける対フィリピン戦での1:0の勝利から11人が新たにこの大会のためにノミネートされたが、1992年、2000年、2004年、そして2011年の優勝国に対して、一度も危険なゴールチャンスを作ることは出来なかった。


ブンデスリーガでプレーする日本人6人組のうち、香川と岡崎と共にフランクフルトの長谷部誠と乾貴士、そしてシュトゥットガルトの酒井高徳がスタメンに名を連ねた。


後半からはアギーレがハノーファーの清武を乾の代わりに投入した。クループDのさらなる対戦相手はヨルダンとイラクとなっている。

スポンサーリンク



20150112213908da1.jpg
フランクフルター・アルゲマイネ新聞の写真


20150112222406a2f.jpg
ディ ヴェルト新聞の写真
得点を決めた岡崎選手を高評価





以上です。


ここ最近ドイツでは、アジアカップとアフリカカップに選手を取られてチームが嘆いている、とアジアカップの開催を間接的に批判するような記事がいくつか見られました。しかしやはりそれぞれのクラブや地元は所属選手の活躍が気になるようで、ブンデスリーガ所属の選手が得点すると大きく取り上げられます。

今回も香川選手が2アシストした事が明るい材料として取り上げられました。ドルトムントファンのコメントがどのぐらい伸びるか分かりませんが、アジアカップを通して、コメント数がある程度の数に達したらこのブログでも紹介したいと思います。



【おまけ今日のドイツ】

20150112214715dff.jpg

アジア人が経営する和食レストランのお寿司セット

多くのドイツ人は上手に箸を使ってお寿司を食べます。お寿司の種類は日本にないものが多く、太巻きを揚げたりインサイドアウトが多かったり巻物を好む欧米人向けのメニューが目立っていました。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
ドルトムントファンのコメント楽しみにしています。

お寿司美味しそうですね!日本で見るのとそこまで変わらないかと思えるクオリティ。
[ 2015/01/12 22:05 ] [ 編集 ]
No title
安定のサーモンやなあ

パレスチナ相手にこれぐらい出来ないと困るわ
[ 2015/01/12 23:03 ] [ 編集 ]
フットボールチャンネルは、なぜか香川を酷評(苦笑)
[ 2015/01/13 01:49 ] [ 編集 ]
No title
岡崎は日本のゲハルトミュラー・・・いや、ハゲトルミュラーや
[ 2015/01/13 04:03 ] [ 編集 ]
No title
↑フットボールチャンネルは全く評価していないけど、それはともかく、香川を酷評すること自体はありえる試合だったと思うなぁ。
[ 2015/01/13 04:27 ] [ 編集 ]
No title
何はともあれ、初戦の勝利は大きいです。硬くなり、ドローや敗戦スタートでなくて良かった。波に乗り大会連覇に好スタート。ちょっと早いですが、終了後は所属チームに戻り、良いパフォーマンスを期待したい。
[ 2015/01/13 06:43 ] [ 編集 ]
No title
4点中3点に絡んで2Aなのに酷評って、みんな香川に何を求めてるの?
毎試合、出来うる全てのことをやらないと酷評に値するの?
他の選手全員にも、それくらい厳しい目で見てるのかな。
香川は常に「以前の香川」という言葉と戦ってる気がする。
そんなもの、幻影で膨らんでる姿かもいれないのに。
[ 2015/01/13 07:59 ] [ 編集 ]
No title
大会で一番重要なのは結果
あれもこれも完璧じゃなきゃ酷評ってのはサッカーファンの悪いところ
勝てば多少大目に見る
これ意外と大事
[ 2015/01/13 09:35 ] [ 編集 ]
No title
前半は凄くいい流れで、全体的にも相手を制し良かった試合でした。
後半途中から緩くなって中途半端な時間が少し気になりましたが、バイタルエリアをドフリーでボールを運ぶシーンがあったり、後半最後のほうでまた勢いづいたのもあり、欲を言うともっと点は取れた試合だったとは思います。

グループステージは全勝で、同時に香川選手にも得点を取ってほしいですね。
[ 2015/01/13 11:47 ] [ 編集 ]
No title
>フットボールチャンネルは全く評価していないけど、それはともかく、香川を酷評すること自体はありえる試合だったと思うなぁ。

3得点に絡んだインサイドハーフの選手のどの辺が酷評できるの?
香川がダメなら、前線にいた清武や武藤、本田はどうだった?
[ 2015/01/13 14:05 ] [ 編集 ]
香川を酷評ありえるって2アシスト1PKでも酷評ありえるんですかね?
3得点に絡んでるし私の見た感じでは酷評はあり得ないと思う。
[ 2015/01/13 15:03 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは!
今年も楽しみにしています。
昨日のパレスチナ戦。久しぶりの日本代表。やはり香川選手が出る試合を見るのは楽しいなあ〜
日刊ゲンダイは今日「香川放出も」と書いてました。いいかゲンダイまたか・・ですが毎度毎度程度の低さとなんのためにここまで?と不思議に思っています。欧州で頑張っている青年を見守るだけでは、だめなんでしょうかねえ。
[ 2015/01/13 18:42 ] [ 編集 ]
No title
メデアも個人も選手のプレーに対しての
批判は仕方ないけど
ただの悪口としか思えないものが多い
叩けばお金でももらえるんか?w
[ 2015/01/15 16:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。