ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》アジア杯 香川の活躍に喜ぶドルトムントファンの反応

アジアカップでの香川選手の活躍を気にしていたドルトムントファンは結構いたようで、試合後のコメントも20件ぐらい伸びていましたので紹介したいと思います。





20150113204726d8c.jpg



【シュヴァッツ・ゲルプ】ドルトムント・ファンフォーラムより


・西ドイツアルゲマイネ新聞の情報によるとシンジは説得力のある働きを見せたようだね。それによると2アシストしたらしい。たとえ相手がパレスチナだったとしてもこれが彼に自信を取り戻させることになれば良いね。



・彼がそこで良いパフォーマンスを見せて自信を取り戻してくれれば僕らにとっても良いことだ。


・このユニフォームには他にもう隙間がないな。
 前はスポンサーと日本の旗、サッカー協会、アジアチャンピオン、そして番号。脇にも左右にロゴ。後ろは背番号。


・もしPKも数に入れれば彼は2点目、3点目、4点目とアシストしたことになるね。


・↑それも素晴らしい対戦相手に対してね。ため息・・・。


・↑3スコアポイントを獲得することがそんなに簡単なことなら、他のフィールド選手も達成しなければならなかったね。そうしたら15:0にならなければおかしいじゃないか。


・↑論理的な話をしているわけではないから。


・↑おお、やめてくれよ。パレスチナのような相手だったら活躍しなくても良かったっていうのかい?常にネガティブなことばかり見つけるなんて本当に良くない。


・↑僕がこの掲示板で学んだことは、どんなことでもネガティブな見方をする人が居るということだ。


・↑彼は恥じるべきだね。(ため息コメントに対して)


スポンサーリンク


【トランスファーマルクト 香川スレッドより】


・今休憩中だけど、3:0で日本が勝っている。香川は2点目の起点となる大きな役割を果たしたよ。ペナルティーエリア外からボレーで放ったシュートは枠をちょっと反れていたけど、それを岡崎が頭で決めたんだ。




・それ以外はどんな試合だった?BVBでの試合よりも良いプレーをしていたかい?




・↑もし彼がBVBよりよい試合をしていても、こんな対戦相手に対していったいどんな意味があるって言うんだい?意味なんかないよ。(アイルランド・スリゴ・ローヴァーズファン)




・君は勘違いをしているようだね。サッカーはとても心理面が大事なんだ。この試合そのものにはそんなに意味はないだろうけど、シンジにとっては自信を獲得することが何よりも大事だ。シンジがそこで良い大会を過ごせば彼は自分で自信を取り戻せるだろう。

もう一度言うけど、彼がトップフォームで帰ってくる事を言っているんじゃない。おそらくそうなることはないだろう。だけど彼の一番の問題は彼が自分自身に負けてしまっていることなんだ。なぜなら彼がポゼッションで固くなってしまっていることでなかなかパスがもらず、間違った選択をしてしまっているからね。

彼はこの大会を通してこうした不確かさを取り除く事ができるだろう。そしてそうなれば彼は最近のBVBでの試合よりもよい状態だと言えるよ。そしてそうなればBVBでも・・・・。




・↑不確かさ?メンタル?

それが変われば素晴らしいけど、彼のコンディションが良くなることはないだろう。パレスチナが良いスパーリングの相手だったとしても。




・僕は彼のコンディションが悪いって言う意見を理解することは出来ない。彼はイングランドのトップチームで十分に準備してたんだよ。それだけが彼の前半戦のパフォーマンスの説明にはならないだろう。いずれにせよ彼は最初の試合で足を攣ったけど、まあこれはコンディションが悪いことの証明ではあるよね。




・今は4:0だ。シンジが2アシストだ!




・彼は僕にとっては今日のマン・オブ・ザ・マッチだ。ピッチ上のどこにでも顔を出していたし、深く下がることもあった。2アシストとそれ以外に多くの素晴らしい攻撃があった。そのまま頑張れシンジ!!




・今日は本当に素晴らしい試合だったよ。多くのパスを通したし、ファーストタッチはいつもの様に一級品だった。前の人も言っているけど、時には下がって中継点となっていた。後半には彼が絶対にゴールを決めたいという意思を見ることも出来た。

ちょっと疑問が残るPKの判定だけど、あれをもらったのも香川じゃなかったかな?ストリームは画質がわるいからなあ。




・↑僕もシンジだったと思うよ。いずれにせよ彼は90分試合に出続けたし、それは意味があることだね。

僕も彼は良かったと思うよ。僕らが知っているシンジがしばしば姿を現したね。素晴らしいターンに素晴らしいパス。だけど試合自体を評価するのは難しいね。相手がパレスチナだから。

僕は日本が決まったところだけテンポを上げているように見えたね。それ以外はもう靴を脱いでいるようだったよ。

シンジも時々パスミスをしていたけど、おそらく集中力が欠けていたせいだろうね。僕は彼とチームがより良い対戦相手を前にどう戦うか興味があるよ。グループリーグを突破してから判断できるだろうね。




・↑シンジのようなサッカー選手はこういう状況でもいつも集中していなければならないよ。こうしたプロフェッショナルさが大事なんだ。常に一定のパフォーマンスを発揮するためにね。バカバカしく聞こえるかもしれないが、バイエルンはこれをやっているんだ。彼は成功のためなら草だって食べるぐらいだ。


僕はシンジはメンタル面では良くなって帰ってくると思う。でもこれは僕にとっては決め手とはならない。コンディションは大会のために良くはならないだろう。彼はこれで2回の準備期間を逃すわけだが、そうなると彼が試合に出るようになるのは2月後半ぐらいになるかもしれない。再び自信を失わせる事になる可能性がある。

シンジとアジアカップは僕にとってはこの冬、工事現場のままだ。シンジを僕らのチームで鍛えることのほうがもっと重要だっただろう。オバもいないけど、彼はまた別だ。前半戦ではトップフォームだったからね。ここの多くの人々は準備期間を軽視している。でも前半戦と怪我人が、一緒にトレーニングをしないとどうなるか、全てを僕らに証明してみせたじゃないか。そうなると2,3人のトップレベルの選手がいても足りないんだ。シンジなしの準備期間は僕らにとっては痛いよ。




・↑シンジの集中力が欠けていたのはそうかもしれないけど、多くの日本人選手がそうだった。これは試合の展開を考えれば当然だよ。4対0となって試合が決定したからね。僕はシンジがフル出場したことと怪我をしなかったことを喜んでいるよ。

もちろんシンジが準備期間を逃してしまうのはBVBにとっては厳しい事だよ。でも彼が代表が大きな大会に参加するときに断れないことも理解している。

僕は彼が怪我をしないで帰ってきてくれる事を願っているよ。僕は彼が全試合に出場するか興味があるね。日本は攻撃陣に幾つか選択肢があるからね。




・一試合で3アシスト!シンジのために喜ぶよ!!




・シンジにとっては良いことだね。彼はこれで自信を蓄えられるよ。そしてより力強い選手に対しても力を発揮できるだろう。




・僕はパレスチナが代表チームを持っているなんて知らなかった。イスラエルとの試合もあるのかな?




・↑だからイスラエルはUEFAでプレーしてるんだ。




・↑OK、また一つ勉強になったよ。




・パレスチナは大した対戦相手ではないけど、香川がしばしばサイドから攻撃に参加する様に指示を受けている事を見て取ることが出来る。これは彼の定位置である必要はないけど、彼のドリブルと良いクロス、そしてチップボールの事を考えれば、こうしたポジションもオプションになるのではないかな。僕らにもボールをゴールラインまで運んで中にボールを入れるサイドの選手がいないという問題があるからね。


ロイスもサイドよりは中央のほうがより危険性がある。香川がドルトムントの10番で一番強いからといって、考えを禁止することにはならないだろう?


彼は今シーズン10番の位置であまり試合に関与できなかった。彼の強みはペナルティーエリア付近でボールを貰って、そこで攻撃にスイッチできることなんだ。彼が4-3-3で試合に出た時は一列目だった。僕はそこでプレーするよりもインサイドハーフの方が良いんじゃないかと思うんだ。前半戦は彼がプレーした時は

チロ-オバ
-香川-
ミキ-ケール
-ギュンドガン-

のようだったけど、実際守る時は


チロ-香川-オバ
ミキ-ギュンドガン-ケール

のようになってしまっていた。こうなるとボールを奪取したとしても試合に関与できる可能性がほとんどないんだ。


それだったら香川をミキと交換してインサイドハーフにした方がいいかもしれない。




・僕はシンジがこの大会で成功することを願っているよ。でもシンジのようなキープレーヤーがいないのは不満だね。




・香川が自信をもってチームに帰ってきてくれ事を願うよ!





以上です。


しかしドイツから香川選手を追ってパレスチナ戦までを見るファンが居ることは驚きに値しますね。素晴らしいことだと思います。

また試合を見れなかった人はこのフォーラムに情報を求めてやってくるようです。大部分のファンは香川選手の活躍を喜んでおり、自信を取り戻して帰ってくることを望んでいるようです。一部のファンは冷静に状況を分析したりしていましたが、議論が起こるのはこのフォーラムの特徴です。

準備に参加出来ないことを嘆いているファンもいまだにいますが、それを今から変えることは出来ませんから、香川選手と日本代表にはできるだけ良い大会になって欲しいですね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
いい加減ドルサポは目を覚ませ
あの頃の香川はもう戻ってこないって事を
[ 2015/01/13 22:36 ] [ 編集 ]
No title
最近ドルトムントで90分プレイしたことがほぼなかったからフルで出れたことは本当に良かった!
自信を取り戻してクラブに合流して欲しいですね
[ 2015/01/13 22:47 ] [ 編集 ]
管理人さん早速ありがとうございます。

香川選手、以前の活躍から程遠いにも関わらず愛されていますね。
日本の記事で、ドルトムントから放出か?みたいなのを見かけたのですが、そんな話は無いですよね?
気になってしまったのでつい書き込んでしまいました。
[ 2015/01/13 23:32 ] [ 編集 ]
No title
まとめ乙です。
ドイツのファンが注目してくれるのはうれしいね。アジアカップで少しでも香川が良い方向に向かってくれることを期待するわ。
[ 2015/01/13 23:40 ] [ 編集 ]
No title
翻訳ありがとうございます!
さすがというか…すごいですね。
管理人様がコメ抜き出してるとはいえど、前向きで建設的で温かい意見が多いんですね…
さすがサッカー先進国です。
[ 2015/01/13 23:48 ] [ 編集 ]
No title
最も重要なのは怪我なく無事にドルトムントに戻ってくることでしょう。過去にアジアカップの韓国戦で骨折してドイツに戻ってましたからね。
日本代表全員が怪我なく無事に終えることだけが私の望みです。
[ 2015/01/14 00:16 ] [ 編集 ]
No title
このユニフォームには他にもう隙間がないな。
 前はスポンサーと日本の旗、サッカー協会、アジアチャンピオン、そして番号。脇にも左右にロゴ。後ろは背番号。

まじコレ。日本のユニデザイナーセンス無い。
[ 2015/01/14 04:01 ] [ 編集 ]
ポジティブな要素を探して、意識的に前向きに持って行こうとしてるようにも見える…
それだけ復活して欲しい選手ということでしょうね

写真はいつのだろ?今のユニは更に真ん中にアジアカップのロゴが入って、胸にロゴが3つ並んでる状態でげんなりだった
[ 2015/01/14 07:57 ] [ 編集 ]
No title
シーズンオフのキャンプに入れないから連携不足が気になる
後半戦開幕しばらくは使われなくなる気がする
その間チームが結果出ればそのまま香川戦力外、うまくいかなければ香川に頼るって感じになりそう
[ 2015/01/14 16:24 ] [ 編集 ]
No title
>深く下がることもあった。
トップ下だと思われてるなw
[ 2015/01/16 10:23 ] [ 編集 ]
No title
ドルはチーム自体どうにもならないほどひどいから、香川が合宿にいっても効果あるかというと疑問。チームの雰囲気も日本代表ほどには良くないから、香川は彼自身の為にもアジア杯に出た方がよかったんだよ。トーレスも古巣に戻って2ゴール決めたし。やっぱり精神的な支えになる仲間の影響は大きいよね。
[ 2015/01/16 22:01 ] [ 編集 ]
No title
そうですねー香川は悪くないですね香川以外のドルトムントの選手と監督が全部ひどいだけですね

グロスクロイツもギュンドガンも、キャプテンのフンメルスも、昔タイトルをとったチームメートが半分以上のこっているけど彼らは薄情な精神的な支えにもならない人間達ですよね
[ 2015/01/17 00:43 ] [ 編集 ]
ギュンドアンとグロスクロイツは、闘魂、必勝のそれぞれのはちまきをまいて、Facebookで応援していましたよ。
言語の問題で日本代表ほど、コミュニケーションとるのは難しいだろうけど、ギュンドアンなんかは、同じマンションに住んで交流も多かったし、シャヒンの代わりに入ってきた当初、なかなか機能しなくて、しばらくベンチだった時もあった。しばらくしてから、自信をとりもどし、覚醒していった。だから今の苦しい状況の香川の気持ちもわかると思う。
グロクロさんとギュンドアンは香川にとって大事な存在だね。
[ 2015/01/21 22:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。