ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント新加入ヴィッツェル!髪型の秘密について明かす!初インタビュー《ドイツの反応》

【BAMS】

witzel.jpg

ヴィッツェル・インタビュー


ヴィッツェルさん、ブンデスリーガへようこそ!どうしてドルトムントに決めたんですか?


ベルギー代表で信じられないようなワールドカップの後で、ヨーロッパに帰ってくることが僕の目標だった。そしてドルトムントからオファーが来た時、彼らは僕を獲得したいと示してくれたんだ。ドルトムントはヨーロッパでも最高のクラブの一つなので、これは正しい選択だったね。


中国では年俸1800万ユーロをもらっていたそうですが、ドルトムントでは1000万ユーロも減ってしまうそうですね。減給を受け入れるのはむずかしくありませんでしたか?


(笑)すべての数字を知っいて素晴らしいね!冗談はさておき、ヨーロッパに戻るのが目標だったんだ。それにはお金は重要じゃない。ここにこれてうれしいよ。


他のクラブからのオファーはありましたか?


いくつかのオファーはあったけれど、長く待ちたくはなかったんだ。ドルトムントはすぐに僕を獲得したいと示してくれたし、良い話し合いもできた。だからドルトムントに決めたんだ。

スポンサーリンク



バイエルンが獲得に動いていたというのは本当ですか?


そうだよ。僕に直接電話したわけではなくて、当時の監督ファビオ・カンナバーロに電話したんだ。そして彼がカルロ・アンチェロッティに丁寧に断りを入れたんだ。


今回の中国のティアンジンとの交渉も非常に難航しましたがどうしてですか?


それは僕にも分からない。休暇中も僕はトレーニングに集中していたからね。大事なのは今ここにいる事だよ。


中国は契約解除条項を認めたがらず、あなたの放出を拒んでいたようですが・・


たぶん中国では移籍市場が閉じていて、もう補強することができないからだろうね。


ツォルクは、あなたの獲得の理由として、中盤にリーダーが必要だったからだと語っていますが、あなたはそういうタイプですか?


そうだよ!僕はいつでもベストを尽くすし、誰とでも話をして、チームメートのモチベーションを上げるんだ。でもだからと言ってフィールド上で叫ぶタイプではないね。それはあまり好きじゃないんだ。でも僕も29歳だし、経験を伝えたいと思う。チームのリーダーであるように努めたいよ。でもまずはドイツ語を勉強したいね。


自分の性格について説明してくれますか?


野心的だけど、リラックスしており、ストレスもためない。


それはフィールド上でもあなたの長所となりますか?


もちろん。フィールド上でも私生活と同じような自分が出せるようにしているよ。フィールド上での落ち着きは重要だからね。


ワールドカップの後で現在の調子は?


良いね。休暇中にもトレーニングに励んでいたから。3週間も休むのは僕には合っていないんだ。でも100%になるには1,2試合は必要かな。


リーガ開幕のライプツィヒ戦でプレーを期待しますか?


そうだね。まだ時間はあるし、それまでには準備が出来ていると思うよ。


ドルトムントについてはどのぐらい知っていますか?


BVBのプレーは良くテレビで見ていた。2014年にはチャンピオンズリーグの決勝トーナメントでサンクト・ペータースブルクと戦って、ドルトムントのホームで2:1で勝利しているよ。結局僕たちは先に進めなかったけどね。まあ随分前の話だね。昨シーズンは4位とあまり良くはなかったみたいだ。本来であればトップ争いしなければならないクラブだからね。新たなスタートが始まるし、今シーズンの目標もチャンピオンズリーグへの参加資格を得る事だね。


あなたは誰かにBVBについて聞いたりしましたか?


前にミッチー・バチュアイに話を聞いたよ。彼は僕に選択肢があるなら、躊躇しないで行くべきだと言っていた。


中国でのサッカーのレベルはどうですか?


ヨーロッパ程は高くないね。でもそんなに悪くないよ。でも高いインテンシティが欠けているね。レベルを保つためには自分で激しくトレーニングしないと難しいよ。だから毎日必要以上にトレーニングしていた。ワールドカップに状態を合わせる必要があったからね。


インタビューも終わりに近づきましたが、あなたはこれからもアフロを保つつもりですか?



いいや、ずっとそうするつもりはないね。若いころは短い髪型だったし。でもその後、髪を伸ばしてみようと思ったんだ。今の髪型で落ち着くまで5,6年かかったね。


毎朝髪型のセットに時間がかかるんじゃありませんか?


いいや、早いもんだよ。前よりも簡単だよ。


奥さんは何て言っていますか?


彼女がこの髪型を勧めたんだ。それで、じゃあ、やってみよう、って言ったんだ。






以上です。

ビルト日曜版にインタビューが掲載されていましたので抜粋して紹介しました。今日はラツィオとテストマッチがありますが、彼が出るか楽しみにしています。開幕も近づいてきましたし、そろそろ開幕スタメンを見据えた起用になって来るんじゃないかと思います。




[ 2018/08/12 18:20 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)
バイエルンだけでなく、ユナイテッドとナポリも獲得に動いていたらしいですね。
ヴィツェルの代理人がこう話していました。
「マンチェスター・ユナイテッドとナポリが彼(ヴィツェル)のことを欲しがっていたね。
でも私は彼にこう言ったんだ。
『君はドルトムントではナンバー1だが、マンチェスターやナポリでは複数の選手のうちの1人になる』と。
そしたらアクセルは『お願いだから早めに決めてくれ。ドルトムントに行きたい』と返して来たんだ」
[ 2018/08/12 19:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。