ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表ドラクスラー!パリSGからシャルケに復帰か?シャルケは否定!《ドイツの反応》

【Tオンライン】

ドラクスラー!シャルケ復帰か?シャルケは否定!


ドイツ代表選手に関して大きな噂が巻き起こっている。ドラクスラーがシャルケに復帰するというのだ。そしてこれに対してシャルケ側はすぐに反応している。


ユリアン・ドラクスラーはシャルケに戻って来るだろうか?イタリアの“カルチョメルカート”がドラクスラーのシャルケ復帰を報じていたが、同紙はその理由として、パリSGがファイナンシャル・フェアプレー規則により、まずは選手を放出しなければならない、という事を上げていた。

スポンサーリンク



パリは昨シーズン、ネイマールとムバッペーの獲得に大金を使ったために、まずは選手を放出して収入を上げなければならないのだ。そのためドラクスラーは現在スタメンではないので、放出候補とされていた。

いずれにせよ、彼がシャルケに戻って来るのは不可能に近いようだ。その移籍金は少なくとも4000万ユーロとみられている。ドラクスラーのパリでの契約は2021年までとなっているが、シャルケのマネージャー、ハイデルは、すでに“スカイ”でドラクスラーの獲得を否定している。




以上です。

昨日はドラクスラーのシャルケ復帰の噂で結構盛り上がっていたんですが、シャルケ側はすぐに否定したようですね。ドラクスラーはシャルケにいる時は、移籍する気満々で結局ヴォルフスブルクに移籍したように記憶していますが・・。ヴォルフスブルク復帰はどうでしょうか。



[ 2018/08/12 21:15 ] ドラクスラー | TB(-) | CM(5)
ドラクスラーが移籍した2015年夏のシャルケは何とかEL出場にこぎ着けたものの
ボアテング兄の追放事件などでチームは崩壊状態でした
そんな中ドラクスラーはCL出場クラブに移籍したくてオファーがあった
ユヴェントスと個人同意していたもののユーヴェ側が提示した移籍金が
安かった為に激怒したシャルケが破談
そこにヴォルフスブルクがデブライネをマンCに売った金額の約半分を使って
獲得したと記憶しています(確か3000万ユーロ超だったと思います)

ただヴォルフスブルクでは移籍直後に発覚した親会社VWの不祥事の影響が
次第に大きくなるにつれてチーム状態が悪くなり翌年CL出場を逃すと
移籍志望を口にしてベンチ外にされ、サポからブーイングを食らうように
なって逃げるようにPSGに移籍した経緯があるので戻れないと思いますが
[ 2018/08/13 00:22 ] [ 編集 ]
いえいえCL決勝直前に移籍発表をして後ろ足で砂をかけて去った裏切り者の出戻りを許した挙句、救世主扱いで復活させるために他選手に犠牲を強いるようなクラブもブンデスにはあるくらいですから問題なく戻れると思いますよ
[ 2018/08/13 04:51 ] [ 編集 ]
シャルケのSDが2015年当時のヘルト(現ハノーファーSD)のままだったら
貰った分の金を払ってでも復帰させた可能性はあると思うけどね
今のハイデルはヘルト時代の反動で給料などのコストカットに心血注いでるという話を聞くし
[ 2018/08/13 08:04 ] [ 編集 ]
金銭面では可能だと思いますよ。

シャルケはティロ・ケーラーを€3700万でパリ・サンジェルマンに売るみたいですから
[ 2018/08/13 10:58 ] [ 編集 ]
4000万ユーロなんて払えません、という話ね
そらそうだ
[ 2018/08/13 13:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。