ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》「ロッベン、ワニに噛まれる!」報道の真相とそのビルトの記事に対する反応。

昨日、ビルトがロッベンが“ワニに噛まれたんだ”というタイトルで報道したことから、日本のスポーツ新聞でもそのまま取り上げられたようですね。そのビルトの記事の翻訳と、ドイツ人の反応を紹介したいと思います。




20150118195220126.jpg


【ビルト】

バイエルンのスター、アリエン・ロッベンが負傷

“ワニが僕に噛み付いたんだ”


アリエン・ロッベンに襲いかかった血まみれな災難


このバイエルンスターはカタールでのウエイトトレーニングにおいて左手を負傷するという困難に直面した(直訳すると、ウエイトトレーニングで左手が困難に直面した)。ひどく腫れ上がった親指、中指、薬指を固定するために包帯を巻き、そのために結婚指輪をはずさなければならなかった。(訳注:指が腫れたため切りとった?とも読めるがそこまでは書かれず。)


20150118195222be0.jpg


ロッベンは(今後も)普通にトレーニングする事ができ、冗談を交えてこう語った。“ビリヤードで球を穴から取り出そうとしたら、ワニに噛み付かれたんだ。”


スポンサーリンク


ドイツ人の反応


・なんて嘆かわしい記事なんだ。いったいこれは何だ?


・↑君はビルトをまだ理解していないのかな?


・いやいやもう少しで本当に噛まれたのかと思うところだったよ。


・この記事はビルトのレベル


・リベリーが夢遊病になって夜にロッベンに噛み付いたんだ。

20150118204426241.jpg

・スアレスよりはワニのほうがいいな。


・注目を浴びるためにこんな記事を書くなんて哀れだね。


・まあビルトだから。


・これが僕らのアリエンだ。いつも全力なんだ。


・僕はBVBファンだけどロッベンは天才的な奴だね。彼が怪我しないで良い一年を過ごしてくれることを願うよ。


・ロッベンは噛み付き返したんだろうか?


・↑彼はリベリーの足に噛み付き返したんだ。


・ビルト、いったいどうしたんだ。


・ロッベンとクロコダイルはどっちが危険だろうか


・誰かビルトに噛み付かれた人もいるかな?


・クロコダイルとはリベリーの事かな?


・全てはビルトの新しい読者のためだね。


・ロッベンのためならクロコダイルを止めてみせる!!


・そのクロコダイルは元気かな?



・これでロッベンは今までよりも素早く倒れることができるね(ダイブ)。


・いったい何だいビルト?ジャングルキャンプよりも面白いニュースはないのかい?


・スアレスよりはクロコダイルの方が良かったよ。



・アリエン、早く良くなってね。


・クロコダイルはあんまりお腹が減っていなかったようだね。そうでなかったら、記事の見出しは“ロッベンワニに飲み込まれる”となっただろう。


201501181952221f5.jpg
EURO SPORTの載せた写真


・ロッベン、良くなってくれ。チャンピオンズリーグ決勝で会いたいんだ。


・ああビルトの見出しは、なんて悲しいんだ。


・このビルトの見出しを書いたのは見習いの見習いだろうな。


・残念だね、こうした記事は。


・本当はワニではなくてヘーネスでは?


・彼は幸運だったね。他の穴にはスアレスが居たに違いない。


・このロッベンの冗談には笑ったね。






以上です。

まず、この記事の“ワニに噛まれたんだ”というタイトルに対してかなりのドイツ人が不快感を示していましたね(同様のコメントが沢山ありましたが、まとめてあります)。かなりの人々がこの見出しに引っかかったようです。それに記事もとても短くあまりにも内容がないため、ビルトに慣れた読者ですらも落胆しておりました。


コメントの中にジャングル・キャンプというのがありましたが、これはドイツで大人気のテレビ番組です。有名になりたいドイツの若手芸能人たちが、無人島のジャングルでキャンプし、さまざまな課題(ゴキブリを食べたりする)に挑戦し、最後に残った人が優勝するというものです。その番組が一昨日あたりから始まり、ビルトでも毎日そのニュースを報道していますが、それとクロコダイル発言をうまく絡めようとしたのかもしれませんね。

20150118203317ee1.jpg


日本のスポーツ新聞にはワニに噛まれた所だけが報道され、それ以外には触れられていませんでしたが、ビルトの記事を良く読んで見れば、ウエイトトレーニングで左手が困難に突き当たったとなっており、一応トレーニングで負傷したことがやんわりと書かれています。またロッベンの発言の前には冗談で、という前置きもありました。


ビルトの記事も不評でしたが、日本の記事を読んで、本当にワニに噛まれたと思った人も結構いるかも知れませんね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/01/18 20:33 ] バイエルン | TB(-) | CM(8)
えー!!!!!
ワニの件は冗談だったのですかー?
信じてました・・(笑)
本当の事が分かって良かったです一応♪
[ 2015/01/18 21:07 ] [ 編集 ]
No title
日本の記事では冗談ではない書き方でしたね。騙されました。
ウェイトトレーニング中というと、機械に手を挟んだとか、そんな感じでしょうか。
動物に噛まれるケースだと、細菌などの影響で重症にもなりえるので、事実を知れば、ロッペンファンの方達は安心することでしょう。
[ 2015/01/18 21:11 ] [ 編集 ]
信じてた、、
[ 2015/01/18 21:27 ] [ 編集 ]
No title
俺は本当にどっかから逃げ出してきた小型のワニがビリヤード台に潜んでいて、ロッベンはそのワニに噛み付かれたと思ってた。。。。
[ 2015/01/18 22:19 ] [ 編集 ]
ワニはどうしてビリヤード台に居たのかと‥だまされた!
[ 2015/01/19 01:23 ] [ 編集 ]
No title
だーまーさーれーたー(笑)
[ 2015/01/19 01:33 ] [ 編集 ]
No title
ビルトゆるさない
[ 2015/01/19 05:39 ] [ 編集 ]
No title
だよなあw
でも普通だったら騙されないような内容でも、こうやって大勢の人間が信じちゃうというのはある意味怖い話だな
[ 2015/01/19 19:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。