ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ代表監督レーヴ!ブンデスリーガのクラブボス達の前で、ワールドカップを分析!《ドイツの反応》

【ビルト】


jogi.jpg



ヨギ・サミット!


10人のブンデスリーガのボス達と会議!


これからワールドカップ敗退の分析が本格的に始まる。


ヨギ・レーヴの最初の弁論だ。この代表監督は今日、ブンデスリーガのボスたちと会談する。すでにプレジデントのラインハルト・グリンデルが日曜日にこの会議を明言していた。



スポンサーリンク



ではこれに参加する幹部たちはだれだろうか?


ドイツサッカー協会のコミッショナーたちだ:フレディ・ボビッチ(フランクフルト)、マックス・エベル(グラートバッハ)、ハサン・サリハミジッチ(バイエルン)、ミヒャエル・プレーツ(ヘルタ)、シュテファン・ロイター(アウグスブルク)、ヨッヘン・ザイアー(フライベルク)、そしてミヒャエル・ツォルク(ドルトムント)、クリスティアン・ハイデル(シャルケ)、ヨナス・ボルト(レヴァークーゼン)、イェルク・シュマトケ(ヴォルフスブルク)の10人だ。


▶どうして代表選手のいないクラブも参加しているのか?


例えばヴォルフスブルクからは一人も代表に選出されていないが、UEFAのランキングではブンデスリーガトップ5に入っているので選出されている。


▶レーブは何を説明するつもり?


彼はワールドカップの分析を行うとされている。批判点としては、情熱の無さ、走る気のなさ、戦術に柔軟性がなかった事などがあげられる。8月29日は次のフランス戦のメンバーを発表するが、そこでこの会議の結果が見られることになる。


▶ドイツの代表は“ザ・チーム/ディー・マンシャフト”というスローガンを掲げているが、今後もそうするのだろうか?

グリンデル会長は、このスローガンを辞めたがっているが、マネージャーのビアオフはこのスローガンのために戦うつもりのようだ。


その理由:“ザ・チーム”というのは、イタリアの“スクアドゥラ・アッズーラ”、ブラジルの“セレソン”、イングランドの“スリー・ライオン”などのように敬意をもって呼ばれているからだ。




以上です。


ドイツは、ワールドカップで優勝した時に“ザ・チーム (ディー・マンシャフト)”というスローガンを掲げて映画まで作りましたが、まさかその呼び方をセレソンのように広めようとしていたとは思いませんでした。この呼び方は日本には浸透していますか?

日本代表でもサムライ・ブルーとかブルー・サムライとか言われているのに、ドイツにこういう呼び方がなかったというのは逆に不思議ではありますが・・。でも“ザ・チーム/ディー・マンシャフト”というのはちょっとパッとしないですね。



[ 2018/08/21 13:16 ] ドイツ代表 | TB(-) | CM(8)
無駄にスローガン作る必要は無いと思うけどドイツ代表を一言で表すなら「ゲルマン魂」ですね
ザ・なんだらやディー・うんだらは初耳ですね
[ 2018/08/21 14:00 ] [ 編集 ]
サムライ・ブルーとか定着してないだろ
メディアが連呼してるだけ
もっとマシな呼び名が自然発生してくれることを期待する
[ 2018/08/21 14:13 ] [ 編集 ]
ディー・マンシャフトという響きはテレビやツイッターで聞いていましたが、愛称とは気づきませんでした。
単なる代表をそう表現しているだけかと思ってました。この記事でもチームという意味なら、あまりセンスがないですね・・・・・。スリーライオン、レ・ブルー、レッドデビルズなどもっと、印象に残る名前が欲しいですねー。
[ 2018/08/21 14:59 ] [ 編集 ]
サムライブルーは定着していると思いますよー。
サッカーを普段から見る習慣がない人でも何を指しているか分かるようなので。
[ 2018/08/21 15:15 ] [ 編集 ]
海外の反応サイト覗くと今回のワールドカップでサムライブルーという単語は結構目にし、実際掲示板覗きにいっても書いてあったので、以前と比べて広がってきてるんだなぁと感じます。
ユニフォームがブルーなこと、そして日本と言えばサムライというキーワードが思い浮かぶこともあって覚えやすいんだと思いますが、、
ドイツ代表は…うーん、難しそうですね(>_<)
[ 2018/08/21 18:32 ] [ 編集 ]
ざ・ちーむ初耳。

たしかにwサムライブルーと言われればサッカー日本代表のことだってわかるけど、自分らは全く使わないなw
[ 2018/08/21 19:09 ] [ 編集 ]
「サムライ・ブルー」は一般的にはそれほど定着してないんじゃないかと思わないでもない。野球の日本代表が「侍ジャパン」という愛称なだけに、ごっちゃになっている人も少なくない気もする。

サッカー日本代表の場合、マスコミでも報道でも普段の会話の中でも、その時の監督にちなんで呼ばれることが圧倒的に多いです(「西野ジャパン」「ハリルジャパン」「ザックジャパン」etc)。

一方サッカー女子日本代表の「なでしこジャパン」の定着度は非常に高いと思われる。

ってのが日本国内での状況ですかねー。
[ 2018/08/22 15:19 ] [ 編集 ]
サムライは分かるけどブルーはね
普通に国旗のホワイトとレッドじゃダメなん?
[ 2018/08/23 05:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。