ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》ドルトムント レアルの元スター選手を獲得か?【ビルト】

ケールとグロースクロイツが練習試合で負傷し、後半戦もまた怪我に悩まされるのではないかと心配されるところですが、ケールの代わりとして元レアル・マドリッドの選手に興味を持っているという記事が本日のビルトに掲載されました。








ドルトムントが元レアルのスター、ラッサナ・ディアラに熱くなる!


20150120212319eb2.jpg

この無職は、ケールの代わりとしてやってくるのか?


ドルトムントは負傷の伝染病よって新たな補強をせざるを得ないのか?


本来であれば、現在下から2番めに位置するこのチームは1200万ユーロで獲得したケビン・カンプルの他には誰も獲得しないつもりであった。

しかし現在元レアル・スターのラッサナ・ディアッラ(29)が突如として熱いテーマとなっている。


この無職の選手はケールの代わりとしてやってくるのだろうか?


ドルトムントの元キャプテン、セバスティアン・ケールは左肩を負傷した。詳しい診断結果は昨日になってもなかった。しかしケールが数週間降格争いに欠ける可能性はだんだん大きくなっている。彼は昨日、いくつかの意見を聞くために専門家から専門家へと駆けまわった。(訳注:原文では走った)


もしかしたら手術になってしまうかも?


ビルトが聞いた所によると、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケ(55)とミヒャエル・ツォルク(52)、そしてユルゲン・クロップ(47)は移籍市場が閉まるまでに猛威一度補強に手をだすか、熱く議論したらしい。


もっとも熱い候補者は:マリで生まれ現在フランス国籍(代表28試合)のディアッラである。


このレアルの元中盤スターは2009年から2012年までレアルで87試合に出場した。彼は現在どのチームにも属しておらず、移籍金がかからない。


ただ彼にとってマイナスなのは、レアルの後でディアッラのキャリアはポッキリと折れてしまった事だ。彼はその後ロシアのマシャチュカラでプレーし、その後モスカウ・ロコモティフでプレーした。そしてロコモティフでは契約を延長されることもなかったのだ。


しかしながら、短期間であればディアッラはBVBを助けることはできるだろう。でもポルディが在籍するインテルも彼に興味を示しているようだ。

スポンサーリンク


この記事に対するドイツ人の反応(バイエルンファン多数)

201501202134273bf.jpg


・ドルトムントは自分たちのユースにはもう誰もいないのか?


・BVBは彼がいなくても今シーズン最終的には一桁順位で終わると思うよ。


・移籍金がかからないのは、とりあえず魅力的だね。でも本当に彼がケールの代わりになるべき選手なのかな?僕にとっては彼は第2のマニュエル・フリードリッヒに思えるね。


・なんかもうパニックになっているように思える。


・BVBはトップリーグのトップ選手を獲得するのは無理だろうから、こういう選手で満足するしかないだろうね。もしくはオーストリアやウクライナあたりから獲得するとか。


・無職の選手を獲得したり、オーストリアから選手を獲ったり、彼らは一体何がしたいんだ?とても動揺しているようにみえるよ。


・なんかドルトムントがやっていることは実に滑稽だね。彼はレアルだったけど、そこで力を示せなかった訳で。アロンゾに敗れてしまったわけだからね。


・僕のおばあちゃんもBVBを助けることが出来そうだね。


・BVBは2部リーガに行くならそんなに多くの選手はいらないだろう。


・いずれにせよケールもそろそろ終わりだろうからね。彼を取るのはいいんじゃないか。


・彼も子供の頃から黄色と黒のベッドで寝ていたのかな?


・クロップはもう自分たちの選手を育てる時間がないのだろうか?


・ディアッラはクロップの元でプレーしたいに違いないね。


・でもこんな経験なんて一体何の役に立つんだろうか?力が出せなきゃ意味ないのに。


・これはもう笑うしかないね。もう終わりに近づいている選手に手をのばすしかないとは。


・ドルトムントが必要なのは本当にチームの助けとなる選手だ。ディアッラはそうならないね。


・ディアッラがドルトムントになった!!!


・BVBは本当ならばボドルスキーを獲得すべきだったんだよ。彼はチームの雰囲気を良くしてくれる選手だからね。みんなもうあんまりやる気がないように見えるから彼なら丁度良かった。


・これは完璧だな、あはは。


・僕は彼が来ないほうが良いと思うよ。


・とりあえず、まだ冷静でいよう。


・また通訳が必要になるな。


・フリードリッヒも無所属だったけど、彼は十分チームの助けとなった。僕は彼の経験がCLとリーガのローテーションにおいて助けとなると思うよ。


・もう自分たちの若手を信用しないなら少なくとも将来性のある選手を買うべき。





以上になります。

おそらく飛ばしではないかと思いますが、ビルトのことなので侮れません。移籍に関してはかなり当てていますし、今回の岡崎選手についてはイギリス・メディアが騒いでいる間もずっと沈黙を守り、マインツのマネージャーが口を開いてから初めて岡崎選手の移籍に触れるという、手堅さもあります。


ドイツ人のコメントは大部分がバイエルンファンのコメントだと思われますが、これが本当なら哀れというコメントが多かったですね。


思い切って若手の選手を起用して欲しいとも思いますが、負けることに対して不安があるようなチーム状況で若手を起用するのも難しいのかもしれません。

いずれにせよこれ以上怪我人が増えないで欲しいです。



ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

[ 2015/01/20 21:31 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(6)
No title
いい選手でも29歳はさすがに獲得しないでしょうね
[ 2015/01/20 23:45 ] [ 編集 ]
No title
> この無職は、ケールの代わりとしてやってくるのか?

ひでえ言い草w
[ 2015/01/21 00:38 ] [ 編集 ]
No title
ギュンドガンは移籍濃厚なの?シャヒンとギュンドガンではだめなんか?ケールの代わりであればベテランドイツ人でなければ勤まらんだろう、フランス人なんてとっても意味ないわ。
[ 2015/01/21 01:13 ] [ 編集 ]
No title
丸岡使えよ
[ 2015/01/21 04:49 ] [ 編集 ]
No title
>そこで力を示せなかった訳で。アロンゾに敗れてしまったわけだからね。

アロンソに勝てる選手を探すほうが難しい気がするんだがな……w
[ 2015/01/21 15:01 ] [ 編集 ]
No title
ボランチは選手層厚いから飛ばしじゃないでしょうか  ベンダーとケールが抜けても
ギュンドアン、シャヒン、ケール、キルヒ、ギンター、ヨイッチがプレーできますし
[ 2015/01/22 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。