ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》アジア杯 ドイツ紙「香川が準々決勝に向けてゴール」と報道 

昨日行われたアジア・カップ第3戦。今回もドイツ各紙がどのような報道をしたか、見出しと写真で振り返ってみたいと思います。今回は香川選手が得点したこともあって、香川選手の活躍を見出しに持ってくる所が多かったです。






【Spiegel.online】香川が準々決勝に向けてゴール


201501211649026b5.jpg


3試合で3勝、無失点。日本は優勝候補の力を証明して見せた。6人のブンデスリーガの選手がヨルダンを征服し、準々決勝進出を決めた。BVBの選手香川真司が1ゴールを記録した。


香川真司が現在行われているアジア・カップでゴールを上げ、前回優勝者日本の3勝目(3試合で)を確実なものとした。


このドルトムントの選手はヨルダンを相手に2:0(82分)となるゴールを上げた。これによって日本はグループ一位で準々決勝進出を決め、金曜日にアラブ首長国連邦と対戦する。


このワールドカップにも参加した国の先制点は本田圭佑が決めた(24.)。香川の他にはマインツの岡崎慎司や、長谷部誠、乾貴士(アイントラハト・フランクフルト)、それに酒井高徳(シュトゥットガルト)、清武弘嗣(ハノーファー)などが出場した。


同グループの2位はキャンベラで行われた試合でパレスチナに2:0で勝利したイラクとなった。これによって金曜日に行われる準々決勝ではイランと対戦することになった。ユニス・マハムド(48.)とアハメド・ヤーセン(89.)がイラクの為にゴールを決めた。


これ以外の準々決勝は木曜日に韓国とウズベキスタン、それから中国と開催国のオーストラリアが対戦する。決勝は1月31日に行われる。


スポンサーリンク


各紙の見出し


【Tオンライン】日本がグループリーグ首位-香川がゴール


20150121165440eee.jpg



【トランスファーマルクト】アジア杯、香川と日本が準々決勝へ


2015012117104306e.jpg



【DW】日本は無失点で準々決勝へ


20150121171851ac3.jpg



【フランクフルター・ルントシャウ】アジア杯2015 香川真司が日本の勝利でゴールを決める


20150121171040d90.jpg



【キッカー】日本がグループ一位 イラクとイランが対戦

201501211737527a4.jpg



【Laola1】日本が手堅く準々決勝へ


2015012118202746a.jpg



【ルーア・ナッハリヒテン】日本がグループ首位-香川が決める


20150121165707a57.jpg



【ハノーファーアルゲマイネ】日本が無失点で準々決勝へ


20150121175039706.jpg



【Sportschau】香川が日本の3勝目でゴール


20150121170019c92.jpg



【フォーカス】日本が無失点で準々決勝へ


20150121180542653.jpg
20150121180544e6a.jpg



【南ドイツ新聞】日本が準々決勝へ-香川が決める


20150121175757c86.jpg



【ヴェルト】日本が無失点で準々決勝へ


20150121173754783.jpg



【ビルト】


20150121181632899.jpg






以上になります。


取り上げられていたのは国際版ということでほぼ同じ記事でしたが、見出しがそれぞれの新聞で少しずつ違いました。香川選手を強調する新聞と、日本の無失点を強調する新聞のどちらかという感じでした。ただ何処のメディアも香川選手の写真をトップに持ってきていました。

ドルトムントの掲示板や香川選手の掲示板では、香川選手がゴールしたことでまた書き込みが伸びてきています。3試合で1ゴール3アシスト(PK獲得をカウント)したと言って喜んでいるファンもいましたので、また後で訳して紹介したいと思います。

日本代表の試合はこれまでドイツ時間の午前中に行われているため、管理人は見れませんが、調子が良さそうですね。アギーレ監督の続投についても色々言われているようですが、最終的にはチームにもたらした成果でもって判断して欲しいと思っています。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball

No title
【ルーア・ナッハリヒテン】の香川の写真www
地元紙だろ、もっといいの使ってやってくれよ
[ 2015/01/21 18:59 ] [ 編集 ]
No title
とにかく得点できたことが大きいですね。
真正面だろうとなんだろうと、まずは得点しないとね、もっといいシュートでも外れつづけていたわけですから。^^;;;
[ 2015/01/21 20:07 ] [ 編集 ]
No title
やっぱりドイツでは香川の扱いが違うね
[ 2015/01/21 20:12 ] [ 編集 ]
No title
アジアカップ終わって戻って来ても
ドルに香川の居場所は無さそう・・
[ 2015/01/21 20:16 ] [ 編集 ]
No title
ドルサポも香川の活躍は嬉しいでしょうね
オーバメヤンも代表でゴール決めたらしいし
後半のドルトムントに期待しちゃっていいかな
[ 2015/01/21 21:12 ] [ 編集 ]
No title
香川について、自信やコンディションを取り戻せって言われてるのが納得いかない。 
たしかに最近のゴール前の得点の決定力は無かったが基本的にマンUから今まで質の高い働きをしてるのは変わらない。 

ドルではギュンドアンが怪我で復帰してからも香川とほとんど一緒にやってない。クロップはメンバー変えすぎ。特にFW。 メンバー変えすぎな点はモイーズに匹敵するぐらい。
個人的なパフォーマンス不足はスボティッチ、ムヒタリアン、ケールだと思う。
[ 2015/01/21 22:42 ] [ 編集 ]
No title
香川ファンとしては嬉しいねこの写真で取り扱ってくれるのは
[ 2015/01/21 23:01 ] [ 編集 ]
No title
無失点の部分には、中盤を支配し続けて主導権を維持している香川長谷部乾らドイツ組が大きく関与してますので、そこに注目してくれるのは嬉しいですね。
タイトル取れるかわかりませんが、怪我なく無事に個々のクラブへ戻ってほしいなぁ。
[ 2015/01/21 23:22 ] [ 編集 ]
管理人気合入ってるねー
おめでとう!!
[ 2015/01/22 00:25 ] [ 編集 ]
No title
乾の幻のゴールのアシスト微妙な判定でしたね
香川も乾もコンディション上がってるので嬉しいですわ
BVBサポの喜びのコメントの訳が待ち遠しい
[ 2015/01/22 00:42 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんありがとうございます!
引いた相手に点を入れて行った日本チームの試合見ていて
ドルトムントもこんな風に出来たら、とつい思ってしまいました。
[ 2015/01/22 02:05 ] [ 編集 ]
正直なところ、ファーストタッチの乱れやボールロストも多く、香川はまだまだって感じですが、結果が出たので今後に期待したいですね。
乾は調子いいですね。
幻のゴールや岡崎へのパスなど、乾のいる左サイドが攻撃の起点になり、右の本田が決めるといった感じになっています。
[ 2015/01/22 08:29 ] [ 編集 ]
中盤でのコントロール技術は数段上がったような雰囲気。
ゴール前に飛び込めるのはやはりためと深さを作れるFWがいることがかなり大きいからドルトムントでは苦戦を強いられる感じ。
90分間セントラルで3試合フル出場できるくらいまでコンディションが上がってるしマイナス材料は少なくなってきた。
ドルトムントも戦術をかなり練ってると思うから後半戦期待です。
[ 2015/01/22 15:07 ] [ 編集 ]
No title
ルーア・ナッハリヒテンだけ他とは全然違う写真じゃん
[ 2015/01/22 15:35 ] [ 編集 ]
No title
さすがにドルトムントサポから「なぜかクロスがうまくなって戻ってきた」と言われただけあってクロスの精度は確実に上がってますね
吉田に出したクロスと乾の幻のゴールになったクロス
[ 2015/01/22 23:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。