ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川、それともゲッツェ?香川の方が有利か!?」《ドイツの反応》

【Westline】

kagawa11.jpg


香川?それともゲッツェ?一つのポジションに二人!


移籍市場が閉まるまであと数時間となったが、BVBのスカッドはまだ整理しきれていない。特に今後マリオ・ゲッツェにとっては厳しい状況が待っているとされている。そして香川真司にも。しかし香川の方が若干有利になるかもしれない。それについて説明する。


BVBはリーガ開幕のライプツィヒ戦で4:1で勝利し、ライバル争いに勝利した。少なくとも運だけはトップレベルだ。前半終了の3:1のゴールや、試合終了直前の4:1がその良い例だろう。

スポンサーリンク



しかし結果以外の部分では、ドルトムントの課題が浮き彫りとなっている。高いレベルで戦っていくためには、ほぼすべての分野での向上が必要だ。自らに対する要求が下がっては決してならないだろう。


まだ移籍市場がしまるまで数時間あるが、現在30人にも及ぶスカッドに対しては良く話がされなければならないだろう。特に中盤においては、守備的なポジションも攻撃的なポジションも人数が多すぎるのだ。センターバックはアカンジとディアッロがレギュラーで、そこにトプラクという経験豊かなプレーヤーがバックアップする。


中盤はヴィッツェルとディレイニー、そしてダフードが引き続きレギュラーとなるかもしれないが、ダフードのポジションは、ローテーションの関係や、戦術的な理由で他の選手になる可能性は高いだろう。セルジョ・ゴメスに加えて、マリオ・ゲッツェと香川真司の二人がここのポジションの候補になる。


香川に関しては放出の噂もあるが、彼はゲッツェと同じく2020年まで契約しているので、正直この噂は理解できない。香川は今年2月に負傷するまで明らかにレギュラーであり、全体的に弱弱しかったシーズンにおいて、13スコアポイントをあげ、ポジティブな要素の一つだった。しかし今のところは、蚊帳の外となっている。


ゲッツェは香川に対して9スコアポイント上げており、準備トレーニングでもかなり持ち上げられていた。人々は彼が再び状態を上げてきて、明らかに向上した事が見て取れると語っていた。それに加えて、ワールドカップに選ばれなかった事が、彼のメンタル面にポジティブな影響を与えたとまで言われていた。BVBに集中できたというのがその理由だ。しかし最初の公式戦の後で、急に冷めてしまった。低く守るヒュルトに対して、ゲッツェの力は欠かせないとされていたが、現実はそれとは全く違ったものだった。ゲッツェは63分に途中交代となり、レギュラーの座を失ってしまったようだ。そしてまたしても代表に選ばれることがなかった。


最近では、ゲッツェがドルトムントのレギュラーとして復活するという信仰も薄れてきている。彼は公式戦ではたんなるチームメートの一員にしかすぎないのだ。ボールの扱いは確かに安定はしているが・・。彼が2020年までの契約を延長できるかどうかは、これから議論の対象となるだろう。毎シーズン、ゲッツェにとって新たな始まり、転換期、重要なシーズンと言われているが、現実的に違いはみられず、こうした話には徒労に終わってしまう。



ゲッツェにとってはアルカセルの加入は問題となるかもしれない。ファヴレがアルカセルの隣でロイスをシャドーストライカーとして起用する可能性が出てきたのだ。そうなると中盤はディレイニーとヴィッツェルだけとなり、香川、ゲッツェ、ダフードのうち二人はベンチ外となる可能性が高くなるのだ。しかし香川は442システムを採用した場合、新たな役割を担う可能性がある。ファヴレは香川もゲッツェも9.5番だと見ているが、アルカセルの加入により、香川にこのポジションができる可能性がある(ロイスのバックアップとして)。そしてこの日本人を2020年を超えてクラブに留めておくことは経済的にも意味がある事だ。おそらくそれが香川が日本に戻るまでの最後の契約延長となるだろうし、年俸も450万ユーロ程度とみられている。


もちろんそれでもドルトムントの中盤が人員過剰である事には変わらない。もし香川はこの夏移籍を希望しないのであれば、彼にチャンスを与えるのが正しい判断だ。彼のインパクトはここ数年ゲッツェよりも優れていた。だからゲッツェのために香川が放出となったら本当に理解に苦しむ。





以上です。

あと4時間ほどで移籍市場が閉まりますが、香川選手がスペインで目撃された、とか飛行場に現れたとかの情報はまだありませんね。2014年にドルトムントに戻ってきた時はすでに11時ごろにはビルトが嗅ぎつけていますので、このままだと残留の可能性が高そうですね。


そのようなタイミングでゲッツェと香川選手を比較した記事が出ましたが、ここまではっきりと香川選手の優位性を主張したメディアはこれが初めてですね。実際にプレーをみてきたファンにとっては、共感できる部分も多いのではないのでしょうか。


あと4時間ほどですが、引き続き移籍情報をチェックしたいと思います。


[ 2018/08/31 20:47 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(23)
香川を放出となれば、『キッカー』はクラブがその決断を周囲に説明する際、苦しむことを予想しています。
「彼を移籍市場の最後に手放すのは、飽和状態のドルトムントのMFを整理するにあたって、驚きである上、競技面において説明し難い決断となるだろう」だと。
[ 2018/08/31 20:58 ] [ 編集 ]
 ドイツ代表が発表されたおかげで、記者が中立的な視点で記事を書けるようになったのかもしれませんね。
[ 2018/08/31 21:02 ] [ 編集 ]
ようやくだな、精神に異常をきたしてない、マトモなことを書ける奴がドイツには居るんだな LOL
レッドブル戦は殆ど運で勝てたとかゲッツェのパフォーマンスなど現状良く見えてるじゃないか
デラネイ、ヴィツェルを使う限り香川はもちろん、ヴァイグルの去就も不安定になるのが最悪なとこだわ
[ 2018/08/31 21:22 ] [ 編集 ]
うーん、正直に言うと「 何をいまさら 」という感想です。
今回の件で、いろいろと考えさせられました。
周囲の香川の存在に対する温度差を感じましたし、香川の日本人ファンとしてはずっとフラストレーションが、、。

ドルは、短い時間で監督が変わりすぎるのも負荷がありますよね。

正当で健全な競争は大歓迎です。
ドルトムントも大好きです。香川と切っても切れないクラブだからです。
でも、実のところ、不透明な力が働いていた可能性を感じなかったわけではありません。
多くのプレイヤーがこのクラブを去っていきました。それには理由があったはずです。

香川真司が選手生命の後半をどのように過ごすのかは非常に大切です。
私個人は、香川は次のワールドカップにも出場できる可能性が高いと( 密かに) 当然のように思っています。
それだけの技術があり、総合的にバランスのとれたプレイヤーだと感じるからです。
そして、今の彼は 大きな目標を明確に掲げました。
だから、彼が快適に 正当な競争市場で がんばっていけるクラブが望ましいです。
残留するとしても、もし仮にそうだとしても、冷静に 厳しく 今後を見守りたいと思っています。
[ 2018/08/31 21:27 ] [ 編集 ]
ドイツは、4時間で閉まるけど、
スペインは、あと10時間開いてる
[ 2018/08/31 21:32 ] [ 編集 ]
管理人様、

翻訳ありがとうございます。こういう記事を取り上げることが、拡散に繋がるので香川選手にとってとても有意義なことだと思います。
一つ質問ですが、この媒体はどういう認知をされている媒体なのでしょうか?
[ 2018/08/31 21:41 ] [ 編集 ]
新加入の選手は無条件でレギュラーなのは何故ですか?
まあどうでもよくなってきましたが
見れば見るほどサッカーって歴史の割りにって思っちゃいますね。
[ 2018/08/31 21:44 ] [ 編集 ]
香川はクラブのために貢献してきた。
もちろん彼自身のためにやったことが結果的にクラブのためにもなったわけだけど、なかなかできることではないと思う。文句も言わず、一生懸命にやってきたと思う。
もちろん彼自身のためにやったことが結果的にクラブの為にもなったわけだけど、なかなかできることではないと思う。彼は文句も言わず、一生懸命にやってきた。

バステロの時の事、忘れられない。
愛されキャラで、真面目で、頑張り屋で、ほどよく負けん気も強く、努力をする人だと感じる。少年みたいなところも大好きだ。
日本人として香川真司を心から応援している。

この時期に、この記事とは、何か意味があるのでしょうか。
今、この心は突風が吹き荒れているので素直に内容を受け止められません。
香川が心のそこから移籍を望んでいたのなら、移籍させてあげたかった。
残留して頑張ろうという気持ちであるならば、正当に競争できる環境であって欲しい。
ただ、それだけだ。
[ 2018/08/31 21:49 ] [ 編集 ]
リーガは移籍期限深夜12日時まで(日本時間1日朝7時)みたいですね。セビージャは今交渉中の選手がダメそうなら次にいくと言ってます。でも香川は残留かな。
[ 2018/08/31 21:55 ] [ 編集 ]
もう無いでしょ。
なんでこんなに低評価なんだよ。
[ 2018/08/31 22:08 ] [ 編集 ]
香川の夏の移籍は無しになりそうですね。まあ少し残念ですが香川はCLを楽しみにしてると思うのでチャンスを与えて欲しいです。きっとドルのチーム力を上げてくれる。彼の経験を生かすべきですね。
[ 2018/08/31 22:10 ] [ 編集 ]
ここまで情報が全くでないとなるとさすがに残留かな?
残ってくれるとファンとしてはうれしいです
ただ、香川の言葉を信じれば、何の前触れもなくベンチ外にされたようですから、相当厳しい状況になりそうではあります
ファブレ監督は香川の何を見て、ダフードやゲッツェより下でベンチに座らせる価値もないと判断したのか
[ 2018/08/31 22:39 ] [ 編集 ]
良い傾向ですね。
ドイツ代表も崖っぷちにいますので、いい加減目を覚ました方がいいと思いますね。香川選手はディレイニーやダフードのポジション奪えますし、シャドーも勿論今でも出来ると思います。
それにはもう少しプレイに積極性を出さないといけませんが。ベンチやベンチ外にされるくらいならやってくれると思います。
30歳を迎えるベテランは牙を剥き出して若手を蹴落とす闘志をみせないと。仲良くやろうなんて気持ちじゃ若手にポジション奪われますって。
[ 2018/08/31 22:41 ] [ 編集 ]
よく言ってくれました。見てる人はわかる事。
香川は冬迄ドルトムントで試合に出ながら移籍を待つ事になると言う予想に一票。そして万全体制で移籍。
[ 2018/08/31 23:01 ] [ 編集 ]
どっちでもいいですが、どうなるんでしょうね。
[ 2018/08/31 23:09 ] [ 編集 ]
四時間じゃもうセジージャは飛行機のっても間に合わないし残留確定か
[ 2018/08/31 23:35 ] [ 編集 ]
管理人さん仕事が早い!!
今ちょうどその記事を見つけ、ページ翻訳で英語にして読んでて、今までのドイツの記事と違って面白いので、管理人さんにリクエストしようと思っていたんです。
今のところコメント欄は香川派2、ゲッツェ派1ですが、ドイツですから逆転するかもしれませんね。そのゲッツェ派のコメント、英語翻訳が間違っていなければ「昨シーズンの出来はもう関係ない」と言ってるようですが、それならゲッツェの今の出来で判断すべきだし、香川にチャンスをあげるべきですよね。
[ 2018/08/31 23:46 ] [ 編集 ]
ドイツの市場は閉まったのでドイツ内移籍は無いとして、残り約6時間、スペインとフランスですねー
どうなることやら
[ 2018/09/01 00:10 ] [ 編集 ]
もういい加減飽きたよ、ゲッツェ香川論争。
ゲッツェが輝いた試合って一つであったかな?
本当に試合見てるの?
[ 2018/09/01 01:17 ] [ 編集 ]
デスマルケでセビージャがポルトゥの交渉失敗したら香川をとりにいくと出たな
最後までどうなるかわからん
[ 2018/09/01 01:26 ] [ 編集 ]
寝られません。
スペイン市場閉鎖直前まで わからないのではないでしょうか。

明らかに、今回は何かがあったと思うのですが、その何かは わかりません。
香川さんのモチベーションはどうなんだろうと気になりますが、いつものように
たとえ残留しても しっかり頑張るのだろうと思います。そこは心配なし。
彼はプロフェッショナルです。

でも、仮に、、、ケンカして離婚しようと思ったあとに、より戻そうと言われたダンナに対しては愛情が多少冷めちゃう私は、バカなことをつい想像してしまう。香川さんは違うでしょうが、、、状況も違いますがね。すみません。

まぁ、何があろうと、ずっっと応援していきますけど。
それは変わりませんが、この夏はちょっと複雑な心情です。
ドルトムントを特別に思っていただけに、多少は残念な気持ちが残ります。
独りよがりな感想ですがね。

すっきりとリスタートしたい。
[ 2018/09/01 02:35 ] [ 編集 ]
新監督が香川の力や特徴を知らないなんて事は無いでしょう。ただ、噂通り移籍希望を出していたとしたら、監督の心情や印象は悪いと思います・・なんや?ワシとは仕事したぁ無いんか!とね。
クラブが上手く行っているうちは干され気味かもしれませんね。しかし成績が振るわなければ、私情を抑えて投入するでしょう。代表落ちしたゲッツェは、そろそろ末期ですね。でも大金を注ぎ込んでの成績低迷ならば監督の方が早く居なくなるかもの風物詩。
[ 2018/09/01 09:33 ] [ 編集 ]
移籍を信じたい。
功労者を幽閉すればドルは終わる。
少なくとも香川は尽くして来たよ。
幽閉されれば香川は終わる可能性が高い。
活躍の場は他にもあるのだから、
ドルは出すべきだし香川も決断するべきだと思う。
[ 2018/09/01 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。