ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【移籍情報】ドルトムント!さらなる中盤の選手を放出へ!香川移籍なるか?現在交渉中か?《ドイツの反応》

【Sport.de】


ヌリ・シャヒンが移籍市場が閉まる最終日にヴェルダー・ブレーメンに移籍した。

sahin.jpg

スポンサーリンク



しかしどうやら彼が最後の一人ではないようだ。


スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクはハノーファーと対戦する前に、“ユーロスポーツ”において、まだクラブは交渉中であることを認めた。これによって人員過剰となっているスカッドを縮小する事ができる。“まあどうなるか見てみよう。”とツォルクは簡潔に語っている。


移籍する可能性があるのは、香川真司、デニス・ブルニッチ、セバスティアン・ローデ、アレクサンダー・イサク、ジェレミー・トルヤンとなっている。




以上です。

ドイツの移籍市場は現地時間18時で閉まりましたが、スペインは23時59分まで空いていますね。誰に関して交渉中かは分かりませんが、ドルトムントは確かに現在移籍に関して交渉中のようです。移籍市場が閉まるまであと2時間半ぐらいになりましたが、どうなるかドキドキしますね。






[ 2018/09/01 04:48 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(8)
ハノーファー戦が終わったことだけど、移籍交渉の話よりつまらんゲームだった。
つか、点が取れる匂いすらしなかった。
ゴール前で、取り敢えずまともに前向けたのが、ロイスの前半終了間際の2回と60分過ぎのだけ。中央にボール預けられる人がいなくてサイド一辺倒なのを見切られて真ん中固められて何もさせてもらえなかった。
これでシャヒン切って香川もユリアンも使わん。ゲレーロも最後の10分だけ。いったいこのクラブは何考えてんだ?と言わざるを得ないゲームだった。
[ 2018/09/01 05:40 ] [ 編集 ]
スペイン22時59分までみたいですよ!つまり移籍は冬まで待つっぽいです
[ 2018/09/01 06:05 ] [ 編集 ]
あやや、移籍が無いのに3試合ベンチ外なら完全に監督の好みなんですかね
ハノーファ戦見てると攻めてが殆ど無い感じでしたけど
[ 2018/09/01 06:14 ] [ 編集 ]
スペインとの時差7時間。今、9/1朝の6:23。7:00になったら移籍市場が閉まる。あと20分
[ 2018/09/01 06:23 ] [ 編集 ]
間違えた
7/1朝6:25。時差7時間、あと35分でスペインが閉まる。
[ 2018/09/01 06:26 ] [ 編集 ]
放出?

もし香川が本当に放出されるのならクラブは間違った判断です。
香川が移籍希望ならば安価に放出してあげてほしい。
どんなに貢献しても認められない立場に嫌気がさしたとしても、それは尊重してあげてほしい。
[ 2018/09/01 06:48 ] [ 編集 ]
フロントは香川を今移籍させたくはなかったのでしょうか?アジアツアーって来年あるんでしょうか?
経済面だけ考えたらアジアにおいてはっていうかユニもそれなりに売れるし人気はあるし、去年の日本での浦和戦黄色のユニがあんなにいましたからね。昨年の契約延長の時SDが「シンジには長くドルに居て欲しいと思っている』とコメントしてたと思います。(真意かどうかは?ですが)フリー移籍出来るまでって長いですね。香川が「神のみぞ知る!」って言っていたのは残留含めてこういう事もあると思っていたから覚悟していたからなのかなと、でも「自信しか無い」って言っていましたから頼もしいです。
まだドルでがんばりなさいよ!夢のリーガでプレイするのはそれを乗り越えてからだよ!って神様からの愛ある試練ですねきっと、そう思う事にします。
どんなに貢献しても認めてもらえてないとしても神様はちゃんと見てますよ〜!ファンンもちゃんと見てます!ずっと応援してます。
香川の居ないドルの試合は何となく寂しい華がないよ
何だか意味ないわがままコメントになってしまいました。管理人さんすみません
[ 2018/09/01 17:26 ] [ 編集 ]
冬にゲレイロ、ヴァイグル、香川、プリが出て行ってELでリーガ勢にフルボッコされておわり
[ 2018/09/02 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。