ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェ!スタートダッシュに失敗!またしても出番なし!《ドイツの反応》

【ルーア・ナッハリヒテン】

goe2.jpg

90分ベンチ

ゲッツェまたしても出番なし!

ルシアン・ファヴレはハノーファー戦でボールをコントロールすることが出来ず、効果的な組み立ても見られなかった。しかしそれに適した選手に居場所はなかった。マリオ・ゲッツェがまたしても90分間ベンチとなったのだ。


スポンサーリンク



ファヴレは口数が多いタイプではないが、試合後の記者会見でチームが、ボール奪取において“良くなかった”と認めている。“そしてボールを持っている時は早く失ってしまった。”とも述べている。


基本的には彼は、ボールをすぐに失うようなせっかちな動きではなくて、“ポゼッション”を求めているようだ。


本来であれば、マリオ・ゲッツェは試合に安定感と落ち着きをもたらしてくれる存在であった。プレッシャーのかかる状況でもチームメートに対する視野は開かれている。しかしハノーファー戦で途中出場したのは、一対一からドリブルで対処できるジェイドン・サンチョと、ラファエル・ゲレイロだった。ゲレイロは疲れたダフ―ドの代わりに出場している。


試合後の記者会見では、ゲッツェに対して質問が及んだ。ファヴレは、“今日は非常に集中した試合だった。”と語っている。ゲッツェが状態が良くないのか、という質問に対しては、“ミッドフィルダーはたくさんいるからね。”と語っている。



90分間ベンチとなったゲッツェの様子はリラックスしたものだった。彼はキーパーのマルヴィン・ヒッツと冗談を言い合っていた。


ゲッツェはこの夏すべてのテストマッチでプレーしており、昨年と比べると明らかに状態も良く、全体的に非常に順調な6週間を過ごした。しかしフュルト戦でのパッとしないプレーが今の地位につながってしまったようだ。


ゲッツェは、素晴らしい才能を備えた“普通の”選手ではないので、すぐに議論となる。しかしチーム内での序列が下がったのは彼に責任があるだろう。彼は継続的にパフォーマンスを発揮することは稀で、さらに健康的な問題も加わっていた。


“マリオは今シーズンが自分にとって決定的なシーズンとなる事を知っているに違いない。”とハンス・ヨアヒム・ヴァツケは語っている。ヴァツケはこれまで欠けていたものが、新監督によって解決されることを期待していた。“ファヴレは彼にとって大きな助けとなるだろう。あとは自分でなんとかしなければならない。”と語っている。しかしゲッツェのスタートは良いスタートとはまったく異なるものとなってしまった。





以上です。

日本で香川選手のベンチ外が話題になるような感じで、ドイツではゲッツェの出番なしが話題となっています。ルーナ・ナッハリヒテンの記者もまだ期待しているように感じられました。

昨日の試合ではゲッツェなしで苦労したようなので、やっぱりゲッツェを使わなかったからだ、と思っている人もいると思います。



[ 2018/09/01 19:01 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(27)
ゲッツェが来る前であれば、ここで必ず香川の名前が出ていたし、出るはずなのですよ。
本当に2016年以降、確実に歪みが生まれてしまいました。
[ 2018/09/01 19:09 ] [ 編集 ]
ゲッツェを一年通して使い続ければいいのに。
[ 2018/09/01 19:14 ] [ 編集 ]
>しかしフュルト戦でのパッとしないプレーが今の地位につながってしまったようだ。


フェルト戦だけではない。
加入から2年間、ずっとこの状態が続いている彼よりも、序列を下げられベンチ外にされている日本人がいる。
それを無視し続けてきた、地元新聞「ルールナハリヒテン」
[ 2018/09/01 19:22 ] [ 編集 ]
いつまで期待するの?
結局、スタメン→悪くてベンチ→待望論→スタメン→悪くてベンチ、、、ループじゃん
何年繰り返せばいい加減気がつくのかね
現実から目を背けてもクラブのためにならないよ
[ 2018/09/01 19:23 ] [ 編集 ]
バイタルの攻め方が単調なんだからゲッツェが使われないのは当然。つかロイスも半分死んでいる。フィリップはあわや大ケガするところだった。中盤省略みたいなことするとフォワードは必然的に肉弾戦やることになる。これではテクニカルなプレーヤーはそのうち誰もいなくなる。
[ 2018/09/01 19:33 ] [ 編集 ]
 ゲッツェ起用は守備リスクがあるので守備重視なファヴレは使いたくないのかもしれない。でも、高年俸の選手をいつまでもベンチに置いておくわけにもいかないでしょう。
 走力技術戦術体格すべて整った選手はビッククラブにしかいません。BVBの選手は全員何かが欠けている。監督が工夫しなければならない。
[ 2018/09/01 19:40 ] [ 編集 ]
公式ツイッターには香川を待望する声がたくさん。
メディアによる世論形成、洗脳、イメージ操作はもう沢山。
[ 2018/09/01 19:46 ] [ 編集 ]
馬鹿らしい
ゲッツェが出てたら引き分けすら無理だっただろう
奴に創造性ってものは皆無だぞ、目を覚ませ
[ 2018/09/01 19:46 ] [ 編集 ]
なんかミッドフィルダーをこんなに沢山俺に押し付けやがってって聞こえてきた
[ 2018/09/01 19:47 ] [ 編集 ]
ルールナハリヒテンよ、お前たちはこの数年、何を見てきたのか。
[ 2018/09/01 19:48 ] [ 編集 ]
ここのとこたくさんの更新して頂きありがとうございます
ポゼッションもとめてる割にはロングボール蹴ってたように見えたけど大丈夫なんかな
[ 2018/09/01 20:09 ] [ 編集 ]
香川を入れるだけで随分違うと思いますが、まずはゲッツェを試さない訳には行かないでしょう。そしてだめなら香川の番。いずれにしても香川は我慢の時間になりそう。とはいえCLには香川を絶対に使うべきです。
[ 2018/09/01 20:13 ] [ 編集 ]
CB とDMFがガチガチに固ければ、ゲッツエにもチャンスがあるかもしれません。しかし、ポカール1回戦のプレーを見るとどうも。。。
図太そうに見えて、緊張が凄かったのかもしれなせん。次回機会を与えたらかなり切羽詰まっているので火事場の馬鹿力が発揮されるかも。いざという時に運を味方につけられる爆発力が、今までは彼を生き残させていたけれど、さあ今回はどうだろうか。
[ 2018/09/01 20:36 ] [ 編集 ]
RNはゲッツェほんとに好きですよね。
確かに昨日の試合はゲッツェ出すべきと思いましたが。
今回の香川の件でドルトムントに対しては、気持が冷めきってしまいました。
[ 2018/09/01 20:39 ] [ 編集 ]
やっと試合見ました。記事から推測していた試合とは違って、ハノーファーは決して低く守り倒す戦術では無かった、というかかなりドルトムントが押し込まれる展開(特に前半)。正直近年見た中で一番醜い試合。相手も弱かったけど、その相手に押し込まれるドルトムントって!!
ヴォルフは二度と見たくない、フィリップも。ディレネイは役立たず、ダフードは相変わらず逆起点に成りまくり…監督は動くの遅いし、何がしたいのか見えなかった。細かい指示してこれは無い。
ダフードなら、ゲッツェの方がまだマシかもしれなかた。ディレネイならヴァイグルだよ。ゲレイロもパッとはしなかったけど、先発なら違ったかもしれない。
代表ウイーク中に香川、ヴァイグル、ゲレイロやサンチョそしてアルカセルが合わせられればかなり改善すると思う。ここ迄醜いと、彼らを干すのは不可能だ。ファンか許さないよ。そしてプリシッチの控えにゲッツェが良いかも。ヴォルフよりはマシだし、プレマッチでも、9番は邪魔じゃないだけ8番よりは良かった。
[ 2018/09/01 22:01 ] [ 編集 ]
あえて引いた守備して相手に苦手なポゼッションさせてのカウンター狙いなのかなと思ってましたが、ロイスももっとプレスをかけるはずだったみたいな事言ってたし監督の思惑とは違かったんですかね。
どちらにせよまだパスミス多いし、アイソレーションもそこまで上手い事出来てないのでこれからどう修正するのか期待しときます。
出来れば香川にもチャンス欲しいなぁ…
[ 2018/09/01 22:14 ] [ 編集 ]
個がないミドルがない推進力がないさんの希望するメンバーだと無得点塩試合で引き分けだったし次は守備力あるらしいゲッツェを使ってどうなるか…リーグ三戦目期待してます!
[ 2018/09/02 04:14 ] [ 編集 ]
フュルトといいライプツィヒといいハノーファーといいドルトムントの攻略法バレちゃいましたもんね。ここにアルカセル入って新加入祭り!でもファブレは戦術家だし中盤には強度と推進力とミドルがあるし素晴らしい才能を備えた普通の選手じゃないゲッツェもいるから大丈夫ですね。
[ 2018/09/02 06:33 ] [ 編集 ]
まだ2試合ですがゲッツェを使わないファブレが香川を使うんですかね。またゲッツェを使ってからじゃなきゃ香川に順番回ってこないじゃん。シーズンインしたばかりだし試合に負けてはいないし代表ウイークでも香川ゲレイロヴァイグルの立ち位置は変わらないのでは。3人とも益々出ていきたくなるんじゃないですかね。
[ 2018/09/02 06:49 ] [ 編集 ]
中盤がボールをコントロールできないとこんな感じの試合になりますね。ダフードとディレイニーは被ってますね。何より前線の3人がなんの戦略も持っておらず、後ろでボール奪っても良い位置におらず効果的なパスも皆無。意図が見えません。守備はとにかく戻れと言われてるのか中央で固まって受ける型になってるからドン引きに見えちゃってる。
ドルトムントはまだ全然チームが出来てないですね。ファブレは細かく指示するタイプじゃないようなので、香川はスタメン奪うチャンスはありますね。まずはフィリップのCFは酷いので、(ひょっとしてロイスにスペース使われて遠慮してる結果かもしれないですけど)アルカセル期待ですね。
ヴォルフは期待です、どう動いていいか分からないようですが、今までドリブラーに任せっきりだった事、中盤が仕事しなさすぎで良い攻撃ができてないので仕方ない。新規選手はずっと使わないとチームに溶けこめないのでこのままスタメンで。フランクフルトで良かった面がぜんぜん出せてないです。次に期待ですね。
[ 2018/09/02 07:28 ] [ 編集 ]
この監督頑固らしいので、一度大きく序列が下がったゲッツェ、スタメン復帰は簡単ではないでしょう。周囲からの圧力で、残り数分なら出れる程度だと思う。 
[ 2018/09/02 08:47 ] [ 編集 ]
ピーターボスの時も良くなかったけどファブレになってチームはさらに酷くなったかもしれません
試合後の会見のコメントも不安が増すばかりで
守備も良くなったわけではなく自陣に人がそれなりに居て相手が下手だから前節はキーパーが当たったから失点せずにすんでる
攻撃は組み立ても連携もチャンスメイクもどれも本当に酷いです
まあでも今のゲッツェを入れても良くはならないでしょうが
フロントも監督も記者もみんなズレていて今のドルトムントの状態も必然ですね
ファブレは拘りが強く頑固ですが戦術家ではないと思います
いつまでもつのか分かりません
[ 2018/09/02 09:12 ] [ 編集 ]
まぁゲッツェは再生できるまでずっと使ってればいいんじゃないですか。ベンチに置いたままにするから会見で質問出たりして諦められないのループ。普通じゃないんだから使ってれば才能発揮するでしょ。復活すればよかったよかっただしダメなら納得するメディアもファンも少しはいるんじゃないですか。ドルトがそこそこでも勝てるかどうかはわからないけどフロントは優勝目指さなくていいと言ってるんだからそれでいいのでは。フロント批判とゲッツェ叩きばかりして不快と言われる香川ファンも香川と一緒に去っていけそうだし、みんなスッキリすると思いますけどね。
[ 2018/09/02 11:39 ] [ 編集 ]
中盤はヴィッツェル 香川 ヴァイグルにするな、普通の監督は。
ヴァイグルがアンカーで繋ぎとボールの散らし役、ヴィッツェルは守備役、香川は攻撃役。
これしかないだろう。
そしてこの形が最善と気づくにはあと何試合、いや何十試合を無駄にすればいいのだろう。。。
[ 2018/09/02 12:49 ] [ 編集 ]
香川がいたら気を利かせてヴォルフも上手く使ってやれるのになぁ。多分アルカセルも。まぁファブレはそういうところが気にいらないんでしょうね。指示通りで縛る感じしますし。
[ 2018/09/02 17:06 ] [ 編集 ]
7:28さま、ファブレは指示が細かいと選手が話してますよ。ロイスだったかな。ディレイニーだったかな。違ってたらすみません。どっちの足で蹴れとかまで言ってるらしいです。強度推進力があってインテリジェンスのある選手が好みでという事はファブレ的には今のスタメンはそれが揃ってるということですかね。それであの出来なんです…まだまだやる事はあるそうです。頑固ぽいので自分の首が寒くなるまでは香川の出番はなさそう。その前にゲッツェを使わなきゃならないし。指示が細かいから戦術家という訳ではないのはわかりましたけどね。
[ 2018/09/02 17:23 ] [ 編集 ]
まだゲッツェに期待してる人が沢山いて愕然としますね。
[ 2018/09/02 19:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。