ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント!シャヒン!ファンに感動的なお別れのメッセージ!《ドイツの反応》

【ビルト】


sahin5.jpg

シャヒンの感動的なお別れのメッセージ!

彼はレアル・マドリッド、リヴァプールでもプレーし、今度はヴェルダーに移籍した。しかしヌリ・シャヒンにとってボルシア・ドルトムントは特別だ。


感動的なお別れのメッセージ!



このミッドフィルダーはツイッターでファンに対してお別れのメッセージを書いている。“最後に息を引き取るまで、目を閉じるまで、君たち(※黄色の壁)が僕の名前を呼ぶのが聞こえるだろう。”


スポンサーリンク



そして、“これは我々の強い愛のささやかな別れに過ぎない。もし僕たちが何か方法を見つけたら、再び一緒になれる予感がする。”と続けた。


シャヒンは2001年にドルトムントのユースでそのキャリアを始めたが、2005年にプロデビューしている。2007年には一年間ロッテルダムにローン移籍となったり、2011年にはレアル・マドリッド、そしてリヴァプールを経て2013年にドルトムントに戻ってきた。


彼はドルトムント時代について、“15年間もこのクラブのために捧げる事ができたのは、特別の恩恵だった。このクラブが現在の僕を作ってくれた。これからの残りの人生もこの家族の一員である事を誇りに思い続けるだろう。”と語っている。


スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクはシャヒンについて、“偉大なボルッセだ。彼はこれからもこのクラブの歴史の一部であり続けるだろう。”と語った。


以上です。


シャヒンのメッセージが大きな反響を呼んでいましたので紹介しました。やっぱり本人は今シーズンもドルトムントでプレーしたかったでしょうね。トゥヘルの時はほとんど出番がありませんでしたが、それでもチームでは良いまとめ役だったようです。

確かに人数が多いのは分かるんですが、経験のある選手と新人をもう少しうまく融合できないものでしょうか・・。パフォーマンスが発揮できなければしょうがないというのは分かりますが、優勝メンバーがまた去ってしまうのは寂し限りです・・。





[ 2018/09/02 13:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(6)
ピルロの様に活躍して去るならいざしらずシャヒンは何年もなぜ存在してるのか判らなかったですから
去年のオバの移籍なんかを見るにシュメとシャヒンは良くない人物でしかなかったので、これらが今後も関わる限りBVBの状況は良くならないでしょう
良いまとめ役なら特定ドイツ人共が派閥形成なんかしなかったでしょうしね
もう少し現実に起こった結果を見るべきでしょ
[ 2018/09/02 13:25 ] [ 編集 ]
情景が浮かんでしまった。若いシャヒンにはまだまだ長い人生なのに。彼は引退後、ドルに何らかの形で関わっていくんだろう。
[ 2018/09/02 14:09 ] [ 編集 ]
シャヒンはいずれケールのようにドルに戻ってくるんじゃないですか。それにしてもまた一人優勝メンバーがいなくなり寂しいですね。ドルサポにとっても香川ら優勝メンバーは特別な存在だと思います。
[ 2018/09/02 15:46 ] [ 編集 ]
シャヒンは香川がドルトムント行った時、一番はじめに香川が信頼した選手だったよね。
シュメルは香川が二度目に戻って来た時、家が決まるまで暫く家に泊めてくれてたよね。新婚家庭だったのに(笑)

二人共優しいいい人の印象しかありませんけど…まぁ真面目なので、オバメアンやデンベレの事を眉ひそめる事はあったでしょうか。
[ 2018/09/02 17:29 ] [ 編集 ]
シュメとシャヒンは良くない人物とかドイツ人派閥とか前からたまに出てきますけど、どういうことかわからないです。具体的に何か話ありましたっけ?
[ 2018/09/02 18:00 ] [ 編集 ]
シュメもヌリもドイツ派閥に物言える人たちだったと思ってる、オバもここ数年のレヴァや主力が去ったドルを支えた功労者だ、こういった選手たちを軽視して悪く言う連中は現ドイツ代表や候補だけを持ち上げてるのとイコールだと思う、外国人や候補に入らない選手に対して敬意が足りないわ、そりゃドルトムントが落ちるのも当然だよな
[ 2018/09/02 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。