ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督の魔法はもう解けてしまったのか?《ドイツの反応》

【BAMS】

favre8.jpg



ルシアン・ファヴレの魔法はもう解けてしまったのか?



ヘルタとグラートバッハの彼は常に新しいアイデアを持っている監督とされていた。BVBのルシアン・ファヴレにはもうなす術がないように思える。


ドルトムントの監督は、0:0に終わったハノーファー戦で、アンドレ・ブラテンライターに魔法が解かれてしまった。


スポンサーリンク



ブライテンライターは徹底的にマン・ツー・マンで対応し、7000万ユーロ以上のメンバーを試合からはじき出したのだ。


ビルト日曜版はハノーファーの監督ブライテンライターに採点2を与えた。それに対して、ファヴレは79分まで選手交代もせず、アイデアもなかったため、採点4をもらっている。



またしても採点に値しなかったのがマリオ・ゲッツェだ。我々のワールドカップの英雄は、4:1で勝利したライプツィヒ戦と同様90分ベンチとなったのだ。ハノーファー戦ではゲッツェような創造的な選手が必要だっただろう。


ッツェはルシアン・ファヴレの下ではもう落第となったのだろうか?このスイス人はゲッツェに関して質問が及ぶと、“我々は433でプレーした。3人の本物の中盤の選手だ。試合は非常に激しく、一対一も多かった。どちらのチームも125キロ以上走っている。”と語っている。


つまり:ゲッツェは走れず、対人の強さが十分ではないという事だろうか?


実際、ゲッツェは昨シーズン一試合平均11.8キロメートルも走っており、これはチームでも植野方だ。いずれにせよ、そこでは爆発力は欠けていたが。


ファヴレ:“我々の中盤は多い。彼は今日はベンチだった。将来どうなるか見て見ないとね。まあそう言う事。”


BVBでフラストレーション。そしてハノーファーでは大満足!



ハノーファーのキャプテン・アントンは戦術について、“フィールド上すべてにおいて、一対一は安定していた。”と語っている。ニクラス・ヒュルクルークは“ドルトムントのスペースを消して、ロングボールを用いなければならない状況にすれば、彼らは問題を抱えるという事を僕らの監督は良く見抜いていたね。”と語っている。


このハノーファーのストライカーは試合前に契約を2022年まで延長している。彼の年俸は200万ユーロと倍に跳ね上がっている。そして彼は契約解除条項を有している。2019年だったら2200万ユーロ、そして2021年だったら1800万ユーロで移籍できる。




以上です。

やはりドルトムントは試合を勝てないとすぐにメディアに批判されますね。昨年の不甲斐ない結果がその原因になっているのでしょうが、それにしても今回はこうした論調になるのが早い気がしますね。

ドルトムントは、トゥヘルに変わった時に、大変革には時間がかかる、と言っていましたが、結局それから3年で監督が変わりまくって、大変革を続けるどころではなくなっていますね。積み上げるものがまったくないというのは厳しいものです。さすがに、このような発言は最近ではあまり見られなくなりましたが・・・。


それからファヴレが433において本物の中盤を起用した、と語った事に注目したいと思います。ゲッツェや香川選手が8番や6番としてはみられていないことがはっきりしましたね。



[ 2018/09/02 19:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(50)
ファブレが魔法を掛けたことなんかPSM含めて一度たりとも無かったでしょう
ボスの時は最初は良いスタートを切りましたし、そのボスと違い大補強してもらってこの無様さは見るに耐えれませんね
トゥヘルもファンタジックフォーとギュンに救われた口ですが、ファブレにはなんの良さも見えないのが苦痛
典型的な時代遅れな豚なんじゃないんですかね
[ 2018/09/02 19:09 ] [ 編集 ]
ファブレがいくつのオプションを用意しているのか分かりませんが、このサッカーが手堅いのは確かでEL圏はいけるでしょう。
ただ怪我人が出た時にどうするかでしょうね。
中盤は強度と運動量が求められるので故障率は高くなると見たほうがいい。

また使えるストライカーがいなければ絶対に成立しないのでロイスが怪我してアルカセルも微妙となると一気に厳しくなるでしょう。
[ 2018/09/02 19:29 ] [ 編集 ]
ドイツ紙の手のひら返しが早すぎて驚きますね
日本のアレなメディアでももう少し様子を見ると思う
一体何があったのか
[ 2018/09/02 19:34 ] [ 編集 ]
稀代の戦術家であられるファブレ監督に任せておけば心配無用ですよ
[ 2018/09/02 19:48 ] [ 編集 ]
期待の裏返しかも知れませんが、確かにまだそういう評価は早い気がします。
まぁ毎回試合内容とその後の監督のインタビュー聞くと結構真逆の事やりたかったんだって思いますが笑。
中盤にフィジカル求めてるっぽいのでゲッツェと香川はどうするのか。
個人的には色んな監督に食らいついてきた香川の更なる成長を期待してます。
[ 2018/09/02 19:55 ] [ 編集 ]
 結果が求められているのは大幅な補強をしたからでしょう。投資をしたのだから結果が求められるのは当然のこと。今は監督ですが、そう遠からず即戦力として加入した選手にも矛先はいくでしょうねぇ。

 香川とゲッツェは6番ではないですね。でも、この二人はサイドもやれるので、まだ余裕はあると思います。最も辛い立場なのはヴァイグルではないかと私は思います。
[ 2018/09/02 20:00 ] [ 編集 ]
ファブレは駄目かも知れませんね。ハノーファーやカップ戦はフラストレーションの貯まる内容でしたし、RB戦も点差ほど快勝した感じでもなかったですし。堅守というほど堅守でもなく攻撃も単調となると、他の中堅や下位チームに埋没してしまう可能性もあるのではないでしょうか。

特に今季はスコアラーだったオバメもおらず、バルサからFWを獲りましたが、縦ポンして走って得点させるにはフィジカルが足りない気がします。プリシッチも走るのはいいですが、突っ込んではロストでしょう。ロイスは競り合わせずに一瞬のキレで勝負させないと怪我するのが落ち。

交代が遅かったですが、引き出しがなくて後手に回ったのであれば、早々に対策されてしまい、冬の移籍市場が開く前に解任されているかもしれませんね。
[ 2018/09/02 20:02 ] [ 編集 ]
本物の中盤を使って昇格組ハノーファーにあの試合ですか
本物の中盤がアレなのかそれを使う監督がアレなのか
[ 2018/09/02 20:09 ] [ 編集 ]
ファブレ「3人の本物の中盤の選手だ。試合は非常に激しく、一対一も多かった。」
その3人の本物さん達がハノーファーのマンツーマンで試合からはじき出されちゃったんですか?
本物さん達は今まで所属してたクラブではそういう対応をされた事があったんでしょうか?
まあよそのクラブでやれてた選手がBVBに来るとからっきし駄目になるのは過去にもあった事なので
新加入の選手達がこれから厳しいマークにどう対応していくか楽しみではありますね
[ 2018/09/02 20:14 ] [ 編集 ]
どの選手を用いて、どういう配置で、どう戦うか。
リーグ戦とノックアウト形式で替えた方がいいかもしれませんね。
引いた相手用(弱小チーム)と、強豪相手やCLなどのノックアウト用で、入れ替えればいいと思います。
[ 2018/09/02 20:24 ] [ 編集 ]
本物の中盤ならもっと試合を作れなければなりません。肉弾戦に向いているだけでゲームを作れる中盤ではありません。ディレイニー達に毎試合13km走らせるのですかね…どんどん質が落ちてくるでしょう。目に見えますね。
[ 2018/09/02 20:36 ] [ 編集 ]
こんな早い時期に攻略されてしまったのはまずいですね、他のチームも早速真似してくることでしょう
ボスの時は攻略までに間があったので貯金が出来ましたが、今回はそれも叶わない可能性があります
そしてファブレ自身がしばらくこの布陣は崩さないであろうことが想像できるだけに最悪の事態も…
[ 2018/09/02 20:39 ] [ 編集 ]
勝たなければいけない相手に勝てなかった。
試合を見た人が危機感を抱いた。
〜 って感じでしょうか。


[ 2018/09/02 20:51 ] [ 編集 ]
いわせてもらえば
今ある本物の中盤を使ってこの程度って事ですよね。
おそらくファブレのほぼベストメンバーで得意な戦術なのでしょう。
そして地力がかなり劣る相手にこの成績
これは大問題ですよね。
大きな変革を求めるならば
もう肌の色や得意の戦術にこだわるべきではありませんね。
普通に考えてください。
サッカー以外のスポーツや会社などで
新しい指揮官や監督が来たのなら
まずは手持ちのカードを把握して長所を生かす方針を立てる訳ですが。
サッカーだけは手持ちを無視して監督の得意な戦術だけを遂行しますよね?
トゥヘルの一年目が良かったのは
手持ちに対して一応対応できる戦術の引き出しを持ち合わせていて前半だけでかなりの貯金ん作れたから良い成績でしたが
後半戦のトゥヘルの好きな戦術に変更してからは
鳴かず飛ばずになりました。
手持ちを無視した戦術だったからですね。
以降監督が変わってもトゥヘル以下の引き出しなので
わかりきった成績でしょうね、この人選をしている限りは。
[ 2018/09/02 21:04 ] [ 編集 ]
こういう監督は結果を残さずに退場する未来しか見えません。シュテーガーに、続投させるべきだったと未だに思っています。
[ 2018/09/02 21:05 ] [ 編集 ]
09/02 21:05
分かります
ドルトムントはブンデス1、2の補強をしてるくせに優勝はおろか2番手すら入る気がない気がしますよね
じゃなければCLあるくせに国際経験の乏しい監督を連れてきたりしないと思いますし
[ 2018/09/02 21:41 ] [ 編集 ]
ここまで言われたら、名将としての引き出しを大公開するしかないでしょ。そこには香川くんという秘密兵器が潜んでいるんですよ。てな訳にいかないですかね。
[ 2018/09/02 21:43 ] [ 編集 ]
中位で評価されて上位チームに来て失敗する監督は大概フィジカルと守備重視しすぎて6、8、10番の選手のチョイスや組み合わせで失敗する。最初から兆候出てたけど上位チームを率いる器の監督ではないよ。フランスやBMGと攻撃が売りでやってきたドルトムントじゃ基本理念が違う。
[ 2018/09/02 21:43 ] [ 編集 ]
本物の中盤とかいう前に
香川とかゲッツェとかタイプ的がファブレの好みじゃないだけの話だと思いますが
戦術、守備重視で引いてよーいドンで行ってらっしゃーい戦術じゃ
創造性やアイデア勝負の選手は必要がない、それだけの話
実際、クロップのではゲッツェも香川も重要視され
昨シーズンをみればシュテッガーの元香川も重要視されたわけですし
ヒュルト戦やこのシュツットガルト戦の戦いかたをみるとファブレに多少?がついても仕方ないかなとは思いますが
[ 2018/09/02 22:04 ] [ 編集 ]
いろいろなコメを見て思いました。モイモイじゃない、激高しないハリル じゃないか、これは。細かい、相手にあわせた戦術を考えるのが得意というふれこみ。
[ 2018/09/02 22:14 ] [ 編集 ]
本職の選手を使うのは良い、メンツも優秀だからそれなりにやれるだろう。ただ、そんなにワクワクしないな。
[ 2018/09/02 22:31 ] [ 編集 ]
昨シーズンも感じたことですが、ヤルモレンコを始めブンデスが初めての選手はシーズンのスタートダッシュで張り切り過ぎてシーズンの中盤以降で疲れてパフォーマンスが落ちるように感じるんですよね
この試合13キロ走った選手がドルトムント側にチラホラいて果たしてこのサッカーで1年持つのか疑問
このようなサッカーは世界を見渡してもクロップとシメオネくらいしか長続きしないサッカーだと思います
[ 2018/09/02 22:55 ] [ 編集 ]
本物の中盤って何なんですかね。結局また同じようなタイプを揃えてるだけ。肝心なのはバランスだと思うんですが。
[ 2018/09/02 22:56 ] [ 編集 ]
ライプツィヒ戦が今シーズンベストゲームとかマジでかんべんしてほしいね
[ 2018/09/02 23:05 ] [ 編集 ]
なんかカップ戦から相手が全部強豪とは言わずとも同レベルに見えるのは気のせいなんだろうか。ライプツィヒ戦見て絶対対策されると思ってたけど。ドルトの取説バレちゃった。そしてファブレの話ぶりでこれが続いてくれと思う監督多いんじゃないの。でもファブレは本物の中盤が好みなんだしこの3人以外は本物じゃないみたいだね。そしてこのサッカーは手堅いそうなんで本物の中盤が創造性以外の戦術を与えられて試合も作ってくれるんでしょう。このやり方に香川が放り込まれてもまたケガするだけに思えます。ヴィツェルなんか大騒ぎして大金積んだし他の補強も要望通ってるみたいだし今ゲッツェはベンチに置きっ放しだし、メディアも詰めてくるの早くなるんじゃないですかね。あとヴォルフが次のトリャンになりそうな気がするんだけど大丈夫かなぁ。
[ 2018/09/02 23:23 ] [ 編集 ]
香川はこれまでのシーズンでも証明してきたように8番も出来ると思いますが、
もう実際のパフォーマンスは関係なく、若手を使う方針なんでしょうね。
フロントの方針としてベテランの選手にはバックアッパー以外の役目はないんでしょう。
悲しいことですが、香川は冬にどこか良いチームに移籍できれば良いですね。
[ 2018/09/02 23:43 ] [ 編集 ]
本物の中盤に香川も含まれてますよ、管理人さん。
ゲッツェは中盤の選手ではないので本物じゃないですね。
香川の価値っていうのは、中堅の監督にはわかり辛いようです。守備ばかりに気をとられて3人全部体格ある守備的選手で固めて安心しちゃう、自画自賛。ところが、いざ攻撃をみるとゴール処か録なチャンスも作れないと気付くんです。ハリルや西野代表監督を始めトゥヘルも最初はそうでした、けれども気付いた後は香川を使って良い成績をおさめてますよ。
ファブレ監督も上位クラブを率いていける技量があるなら香川を使いますよ、使わなければその内クビになりますから。
次の試合でどう修正してくるか楽しみです。幸い代表ウィークに入りますから香川もW杯の遅れた分、監督にアピールしてスタメン奪取してほしいです。
[ 2018/09/02 23:44 ] [ 編集 ]
やってるサッカーは中・下位のそれ。
工夫がみられないし、ロイス辺りは浮いてしまってますね。
まあこの起用法で美しいサッカーなど見られるわけがないので、これからもつまらないサッカーをやり続けるんでしょう。
[ 2018/09/02 23:54 ] [ 編集 ]
あれだけダイレクトパスの練習をさせておきながらまさか後ろで回す練習だったとはさすがに読めなかった
[ 2018/09/02 23:56 ] [ 編集 ]
ファブレは中盤でポゼッションしたいとどこかで読みましたが、あのメンツでポゼッションですか?
[ 2018/09/02 23:57 ] [ 編集 ]
前半終わって0-0
後半頭から真っ先に選手交代したのはハノーファー(浅野→ウッド)という。
これはドルトムントが弱いから行けると感じたからでしょう。

どっちが上なんだか…
[ 2018/09/03 00:16 ] [ 編集 ]
ゲレイロSBとして見られてない、香川はpsmちょこっと使って終わり
ダフード、シュメルツァー聖域化
ヴァイグル使われない、点取れないのに79分まで交代無し、交代枠1余、新加入選手贔屓
7000万ユーロ(笑)
[ 2018/09/03 01:10 ] [ 編集 ]
本職のCFが居ないと厳しい戦術に思えるけど、自分の理想の戦術に無理矢理当てはめてるようにしか見えない
ドルトムントのウイングや2列目のタレントを鑑みて、それでも現状の戦術や布陣がベストだと思ってるのなら、今季はEL圏内も厳しいと思う
超が付くほど頑固らしいけど大丈夫かなぁ?
[ 2018/09/03 01:19 ] [ 編集 ]
ハノーファー戦以降当て付けのようなコメントもありますが一試合勝てなかっただけで言い過ぎですよ(笑)

なにも中盤にフィジカルとインテンシティーを求めその上で前からボールを狙うというのはファブレに限らず多くのチームでやっていることです
トップクラブの中盤選手はだいたいフィジカルか走力もしくは両方を備えた上で+αの強味を持っているように思います

今回の試合では流石にダフードはボールロストが多過ぎて強みが消えていましたが・・・
そのダフードやヴィツェルから質の高いスルーパスもあり何回もチャンスはできていました
得点をとれていた試合だと思います
ボールを奪ってから選手が決められたところへポジショニングして決められたところにボールを送り裏をとる
いわゆる縦に早いサッカー(ハリルの場合は言葉が一人歩きしていましたがゴールまで最短距離で向かうという目的があってのプレーのことですね)を狙っているのが見てとれました
トップ下を置く戦術は限界が見えていたので今のやり方を詰めていくのがまずは先決でしょう
アルカセルをいれた場合には縦横両方の2トップも視野にはいるかもしれません
あとはSB問題をどうするか・・・
攻撃が得意な選手が多すぎる!
[ 2018/09/03 04:06 ] [ 編集 ]
本職のFWが居ても昨シーズンはオバは前線圧縮されて何も出来ずだった事が多々あったじゃん
ファブレの攻め方も前が詰まるし、それ以外は縦ポンだからアルカセルじゃなくマリオゴメス見たいなのじゃないとフィリップと変わらんと思うわ
それと大抵の人はPSMからポカール、リーグ戦見て評価してるだろうからお先真っ暗だわーって感じなんだよ
[ 2018/09/03 07:02 ] [ 編集 ]
当てつけ?
現地で内容の悪さからファブレについて懐疑的な記事が出てきてることも当てつけなんですか?
現地ファンの間でも試合内容に不満が出てるようですが、それも当てつけ?
そんな中、日本の熱心なドルトムントファンだけが試合内容も悪くなかったと自信満々に言い切るって凄いね
本当にクラブのファンならちょっと心配になる内容だったと思うのですが...
[ 2018/09/03 07:41 ] [ 編集 ]
PSMは失点も多かったのでまずは守備を安定させたいと考えてるのではないでしょうか。
いろんなフォーメーションを使いたいと言ってましたしCLも始まるので、これを継続させるとも考え辛いですが。
[ 2018/09/03 07:44 ] [ 編集 ]
戦術家というのは試合中にも修正できる監督ですよね。ファブレはそれだけ引き出しがあるんですか。
[ 2018/09/03 08:15 ] [ 編集 ]
PSMからポカールまでも不安しかなかったしライプツィヒも内容は良くなかったのに祭りしてたら案の定勝たなきゃいけない試合に勝てなかったこと、シーズン2試合目にして対策されたこと、これからもそれが続きそうだから当てつけ祭りなのでは。今はとてもクロップやシメオネ、フランスやベルギーやれるとは思えない。選手層違いすぎるし見ててつまんないもん。1:19さんと同意見ですが、ハリルですらシンジがいてくれたらってボヤいてたけどファブレには今のところそんな気はさらさら無さげだし。香川ファンですが好みの問題なので香川を使わないでもいいんです。これやりたいなら腹くくって香川をさっさと売って本物の中盤のバックアッパー買ってゲッツェもポカールから干しとけばもうちょっと形になってたんじゃないのかなぁ。香川がどれくらい食らいついて本物の中盤に近づけるかってのは楽しみな気もするけど…にしてもこれならヴァイグルもいらないでしょ。シメオネにこれが本物なんじゃ!と目の前で打ちのめされない事を祈ります。
[ 2018/09/03 08:40 ] [ 編集 ]
09/03 04:06

点は取れてたかもしれないけど、同じくらい点取られてもおかしくなかった試合。ハノーファーの下手さに助けられた。守備に人数をかけた分、守備が安定してる様に見えるてるだけ。
トップ下を置く戦術なんてファブレはほとんどやってないと思いますけど。

まずファブレはカウンターが出来なければダメといってましたけど、カウンター出来てないんですよ。遅すぎてカウンターにならない(笑)
ハノーファーは言うほど引いてなかったけど、これもっと引いて守るチームにどうやって点取るんだろう。カウンターもまともに出来ない、相手を崩すアイデアもないって本当に中位、下位と見分けがつかない試合するようになっちゃいましたね。

[ 2018/09/03 11:11 ] [ 編集 ]
まあまだ様子見じゃないですか?
就任して2節で色々言われるのは少し違うと思います
[ 2018/09/03 13:24 ] [ 編集 ]
09/03 04:06
文体の書き方からどうせ香川にはフィジカルが推進力がないファヴレは10番置かないからとか言ってた人なんだろうけど、10-11シーズンのドルトムントは香川バリオスのツートップでゴールまでダイレクトに繋ぐ縦に速いサッカーしてましたけどね、前線が大して機能してない今ファヴレは442も可能なんだし中盤に強度だけを求めるなら香川をFWの位置に置いて使うことも考慮出来るはずですよね、名将ならば
[ 2018/09/03 17:50 ] [ 編集 ]
様子見って笑
相手ハノーファーですよ?
53試合してハノーファーにスコアレスドローは初です
こんなんでバイエルンやシャルケと当たったらどうなるのか様子見ましょうか笑
[ 2018/09/03 17:55 ] [ 編集 ]
>ファブレが魔法を掛けたことなんかPSM含めて一度たりとも無かったでしょう

全く同感。まだ2試合とか言うけど、PSMだってよかった試合無かったよ。何がやりたいのか解らない。
細かく指示してるのが本当なら、ハノーファー戦は前の3人がしょっちゅうポジション変えてた。これはPSMでも上手くいかないとやってたけど効果的だった事は無い。終盤はCBもかなり上げてドリブルさせてたけど、相手がハノーファーで無ければ後ろスカスカで速失点のリスク負っての攻撃。もうやり尽くして、何をやりたいのかもわからなくなってる状態。ロイスはイライラし傷んでて寝転んだヴォルフ蹴っ飛ばしてたね。キャプテンの器疑ってしまったけど、それ位ピッチ内の選手はストレス感じてる様子。ビュルキのコメントも辛辣。

私は香川は移籍関連で干されてるけど、移籍しなければこの代表ウイークで必ずスタメン奪取すると思ってます。というか元々そういう計画を監督から言われてたのだと思いますよ。彼は今回の代表には呼ばないで欲しいとワールドカップ後直ぐに森保監督に直訴してますから、移籍したら移籍先の練習連帯、しなければドルトムントで…そういう計画だったのだのでしょう。
[ 2018/09/03 19:41 ] [ 編集 ]
>ハリルや西野代表監督を始めトゥヘルも最初はそうでした、けれども気付いた後は香川を使って良い成績をおさめてますよ。

たぶん香川の養護するつもりだったとは思いますけど、却って貶めてます。
ハリルは就任当初から香川の事は絶賛で、「ジンジの様な選手がいる事を日本は喜ぶべきだ」とずっとスタメンでした。
西野さんも香川をとても評価してましたよ。ただ怪我で3ヶ月も離脱していたので「選手生命を壊したらいけない」と、心配して慎重だっただけです。
トゥヘルも、「彼を一目見たときから、その才能は直ぐに分かった」と絶賛。開幕からずっとスタメンでしたけど。その後ファンタスティック・フォーと結果出したのに、スタメン外されたりと有りましたけど、スコアブックつけ続けているので、見直すとパサーに満足していた香川を再びシャドーストライカーに戻す為の手段だった事がわかります。実際戻りましたよね。
皆さん香川を過少評価し過ぎですよ。ファブレも香川を評価してますから、必ずスタメンにしますよ。
[ 2018/09/03 19:56 ] [ 編集 ]
香川いた頃のシュテーガーなんてプリ、サンチョ、香川、ダフード、オバ(バチュアイ)のほとんど若手の様なメンツで今より遥かにいいサッカーしてたがな。そこから香川を怪我で欠いてから展開力が消え、三銃士(笑)で迷走したけど。ここ4年のドルトムントできちんとゲームを作れた中盤はギュンと香川とカストロだけ、それ以外の選手は何かしらに問題抱えてる。今はもう末期。
[ 2018/09/04 01:15 ] [ 編集 ]
ワールドカップで香川がPKとったとこ、あれは縦に速い攻めではなかったんだろうか。そもそもクロップのサッカーってちんたら自分たちのサッカーしてたっけ。今季は新加入組が多くてスタメン、PSMから試合内容が良くないのにもう対策されてる、交代は遅い、試合中に修正できない、こっちもチャンスあったけどハノーファーにもチャンスいっぱい作られるときたら様子見できないというのもわかるけど。戸田さんいわくメングラでの続きをやりたがってるのではというのがしっくりきたけど、未だ形がぼんやりくらいなのに過密日程はやってくるし、やっと借りれたアルカセルがどれくらいフイットするのか、ロイスが無傷で代表から戻れるのかもあるし。
[ 2018/09/04 01:21 ] [ 編集 ]
まあパコ・アルカセルが来てからしばらくたつまでは様子見でいいじゃないでしょうか?
[ 2018/09/04 04:36 ] [ 編集 ]
クロップとの違いは、攻撃開始の高さだと思う。低い位置から攻撃が始まるファブレの戦術は、走力がどうしても必要になる。
[ 2018/09/04 12:54 ] [ 編集 ]
09/04 12:54

いやいや、低い位置でとっても遅いカウンターしてる時点で走力なんて意味ないでしょ。遅いカウンターって言わばカウンターになってないって事だから。ハノーファー戦見てて同じ事思った人いるんじゃないですかね…
[ 2018/09/04 16:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。