ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「彼はエゴイストだ!」クロアチア代表監督が、クリスティアーノ・ロナルドを批判‼《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

kroa.jpg


クロアチア代表監督がロナルドに怒り!“彼はエゴイストだ”


UEFAの欧州年間最優秀選手で、クリスティアーノ・ロナルドは、授賞式を欠席したことで輝いた。彼はこの授賞式への参加を直前にキャンセルしたのだ。彼がすでにチームメートのモドリッチに次いで2位だったことを知っていたからだろうか?


ワールドカップ準優勝のクロアチア監督ズラトコ・ダリチはこのポルトガル人に対する怒りをあらわにしている。

スポンサーリンク



彼はロナルドが授賞式に参加しなかった事、それからユーべから漏れてきた彼のコメントなどが、モドリッチに対して敬意がないものだ感じたようだ。

ダリチは“Sportske Novosti”において、“ロナルドはセレモニーにいなかった。それに加えてルカ・モドリッチに対するコメントだ。率直に言うが、ロナルドはエゴイストなんだよ。僕だったら彼をチームに入れることはないだろう。彼は‘チームが負けたことはどうでも良いよ。大事なのは自分のゴールだ。’と思うようなタイプだ。”


この授賞式の後で、ユーべのボス、ジュゼッペ・モラタがモドリッチが選ばれた事に落胆して、“我々はこの決断に悲しんでいる。この賞はチャンピオンズリーグに基づいたもので、ワールドカップに基づいたものではない。ロナルドが素晴らしい結果を出した事を覚えている。”と語った。


さらにユーべの監督アレグリはロナルドがこの決断に対して怒っていることを認めている。彼が授賞式を欠席したのはこのためのようだ。“個人の決断だから尊重しなければならない。”とアレグリは語っている。


控えめで丁寧なモドリッチはいつものように穏やかだった。“彼がここにいなくて残念だ。でも原因があるんだろう。彼に会いたかったけどね。”と語っている。




以上です。

ユーべの会長の発言によるとこの賞はチャンピオンズリーグに基づくもののようですね。ワールドカップは含まれていないとのことなので、調べてみましたが、実際に対象になるのは前のシーズンに行われた国内および、(ヨーロッパ)大陸間のすべての大会となるようです。


確かに名前も欧州最高選手なわけですから、ここにワールドカップが含まれているのかはちょっと良く分からないですね。


[ 2018/09/03 12:35 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(8)
ロナウドがレアルに残留してれば授賞していたのだろうけど、モドリッチのファン目線としては代表と同じようにクラブでも献身的に走り回っていましたしチャンスメイクもしてましたし授賞に値すると思うのですが…ロナウドの行動はちょっと残念です。
[ 2018/09/03 13:10 ] [ 編集 ]
いやクラブだけを基準にするなら優勝チームの得点王であるクリロナが妥当だろう
もちろんチーム内である程度均等に点が割れてモドリッチのアシスト数だったり他スタッツが他選手を圧倒していたなら致し方ないが
明らかにW杯の結果も加味されているし欧州年間最優秀選手賞ならば欧州の結果で最優秀ではなく欧州に所属する最優秀選手という解釈ならモドリッチになると思うからよく分からんよ
[ 2018/09/03 17:24 ] [ 編集 ]
で、そのゴールは誰のおかげでゴールできてんだっていう。全て自分一人でドリブルでかわして決めてんのかいっていう。レアルほどスター揃いなチームなら他のメンツにもマークが分散するから君もマークを外して決めることができてるんだよっていう。
[ 2018/09/03 18:31 ] [ 編集 ]
流石にちょっとエゴすぎない?www
負けず嫌いで自分以外興味無いのがロナウドの特徴なんだろうけどさー
仮にも元チームメイトでロナウドのためにアシストしたり、走って守備してた1番の貢献者でしょ?
この件は悔しさは心に留めておいて祝福の言葉を言って欲しかったな
祝福の言葉がホントに無かったのかは分かってないけど、代理人やアレグッリが言ってるあたりホントに不満タラタラなんだろうけどね
なんにせよモドリッチの受賞は妥当だと思うけどね、W杯の年でチーム引っぱって活躍してのMVPも頷けるし、レアルの3連覇に貢献した中心選手の中の中心、文句のつけようがない
[ 2018/09/03 20:58 ] [ 編集 ]
ロナウドがエゴイストなのはずっと前から周知の事実ですが
それと同じくらい試合には絶対に負けたくないタイプてしょ
4-0(0G)で勝つよりは2-1(2G)で勝ちたいってところじゃないですかね
[ 2018/09/03 21:11 ] [ 編集 ]
ロナウドのモドリッチに対する不満を美化して賞賛してる人はなんなん?
ハングリー精神が凄くて、負けず嫌いで、自分自身を追い詰めてる、のが凄いってのは分かるよ
ここのコメにあってけどいい見本て何?
上に書いたのなら今の現役でロナウド程のハングリー精神を持った人が少ないからとかなら分かるけど、ここまで来ると見本でもなんでもないでしょ
もうチームメイトじゃないけどチームの雰囲気も悪くなるでしょ
悔しがるのが悪いなんて言ってない
個人技もあるけど、でも結局サッカーってどこまでいってもチームスポーツなんだよ
1人が守備を怠れば失点に繋がる
ロナウドが点を決めてくれると信じて頑張って守備をする選手がロナウドの後ろに何人もいた
ロナウドの努力を肯定するのはいいけど、モドリッチの努力までを否定するのはやめろよ
[ 2018/09/03 21:30 ] [ 編集 ]
サッカーに正解はない。
だから面白い。深い。議論が絶えない。
チームワークは大事だが、個性が無いのもつまらない。
この二面性があるのがサッカー。
[ 2018/09/03 23:45 ] [ 編集 ]
いい見本とは言ったけどモドリッチを否定するコメントなんて一言も載せてないんですがね
ロナウドとモドリッチのどちらが選ばれるか際どいと思ってて実際にモドリッチが選ばれたのにも納得してますよ

ただ、サッカーはチームスポーツだけど手詰まりの状況を打開するのはこういった圧倒的な個の力が必要不可欠ですよ
今まで彼はレアルだけでなくユナイテッドやポルトガル代表でも沢山の成功を続けて来ましたし、そういった頼れる存在はチームに安心感が生まれて雰囲気を良くしますよ

この件に関しては確かに度量が狭かったり敬意を欠いてると言われても仕方ないですが
頂点へ君臨し続けることへのまるで衰えない貪欲さが彼をここまでの選手にしているのだからこの対応にも理解を示してるって事です
[ 2018/09/04 12:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。