ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長!ヌリ・シャヒンをクラブに戻すつもり!《ドイツの反応》

【ガイレトーレ】



ヴァツケ、ヌリ・シャヒンをクラブに戻すつもり!sahin6.jpg


シャヒンBVB復帰か?

ヌリ・シャヒンは、先週末ヴェルダー・ブレーメンに移籍し周囲を驚かせた。彼はたった100万ユーロで、ブレーメンの中盤に安定感をもたらすために移籍したのだ。さらにドルトムントは彼の給料の半分以上も支払うのだ!



スポンサーリンク



これはブレーメンにとっては素晴らしい交渉だった。しかしヴァツケ会長は、シャヒンが移籍して少し悲しいようだ。彼はそれどころか、できるだけ早く彼をドルトムントに連れ戻したいようだ。

ヴァツケはBVBのホームパージで以下のように表明している。


“私は昨日の夜にもう一度ヌリと話をした。ヴェルダーに移籍したいというのは彼の願いだったのだ。でもヌリの人生の中心はこれからもドルトムントだと確信している。どのような役割にしろ、彼が引退したらBVBに戻ってきてくれることを願っている。”


シャヒンの心にはいつでもボルシア・ドルトムントがある。この選手が引退後にBVBに戻って来る可能性は高い。




以上です。

引退後という事なので、まだ先の事でしょうが、確かに戻って来るかもしれないですね。シャヒンは夏にアメリカでスポーツのビジネスに関して学んだりしていますし、引退後もアクティブな活躍をするのではないかと思います。案外監督とかもあってそうですが、本人はまだその辺に関してはコメントしてませんね。

[ 2018/09/04 09:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(5)
「シャヒンが自ら出たがった」の前に
補強方針や新監督との話し合い、放出に対する圧力がまるで無かったかのように話すのは勘弁してもらいたい
補強して人数抱えて人が多いから放出すると言って実行したのはドルトムントでは?

こういう嘘くさい話は話さなければいいのに

[ 2018/09/04 09:48 ] [ 編集 ]
シャヒンは長い怪我の間も他の選手を支えてましたね。レアルに行ったほどの実力が有りながら、常に謙虚で道具等も若手に混じって進んで運んだりしているとトゥヘルからも褒められてましたね。
そして急に試合出す事にして、シャヒンも周りもびっくり。車に奥さんが準備してくれていたから出られたとか…懐かしい。
頭も良さそうだし、性格的にもヴァツケのお気に入りなのは納得。香川とも一番最初に仲良くなった人でしたよね。彼の将来が良いものであって欲しいです。
[ 2018/09/04 09:56 ] [ 編集 ]
BVBはチームの外、国外やドイツ国内ならバイエルンに関係してない人物を入れるべきだと思いますけどね
ケールですらフロントのスピーカーになりつつあるのに、派閥形成を阻止できなかったユース出身のシャヒンとか害悪にしかならないでしょ
[ 2018/09/04 09:56 ] [ 編集 ]
シャヒンは早い段階で放出候補として挙がっていたのに留まって欲しかったんですか
誰を放出するかは結局ファブレ監督の意思なんでしょうかね
香川の移籍容認発言がギリギリになってから出てきたのもクラブと監督の認識の違いから来てるのか
まあ香川の場合は本人も移籍をしたがってる雰囲気でしたので何とも言えませんが
今までの香川を見てると、例えばドルトムントで今シーズンも頑張ろうと決意すれば
必ずそういう発言をSNSでしてたんですけど、今回に限っては全くしてないので
気持ちは移籍に傾いてたのではないかと
そして期限間近にクラブもOKを出したのかと思ってます
冬に無事移籍できますように、願ってます
[ 2018/09/04 11:21 ] [ 編集 ]
ドルはクラブが切るというより選手達が出番を求めて出て行くケースが多いと思いますよ。ドルに来るぐらいだから他の中堅クラブに行ける実力はあるだろうし。そして実際にドルを出てから他のクラブでスタメンで頑張ってますから悪い判断ではないですね。
[ 2018/09/05 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。