ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

メッシ!「正直に言って驚いた」C.ロナルドのユベントス移籍について語る!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

messi.jpg


メッシ!ロナルドのユベントス移籍について語る!


バルサのスーパー・スター、リオネル・メッシはクリスティアーノ・ロナルドのレアル・マドリッドからユベントスへの移籍についてコメントした。

“正直に言って、ものすごく驚いたよ。彼がマドリッドからユーべに移籍するなんて想像もできなかったからね。”とメッシは語る。

スポンサーリンク



メッシはそれに加えて、レアル・マドリッドがロナルドが去ったことによって弱体化したと思っている。“彼らがもうそれほど強くないことは明らかだよ。”とメッシは続ける。それに対して、ユベントスはチャンピオンズリーグのタイトルも可能だと考えているようだ。“ユーべは明らかに優勝候補だね。”


メッシ自身はバルセロナから移籍することは考えていないようだ。“ここにはすべてが揃っている。もう13年もいるし、もう人生そのものだ。世界最高のチームでプレーしているし、街も美しい。家族もいるし息子はここで生まれている。これらすべてが移籍しない理由だ。


メッシは昨シーズン、ポカールとリーガでダブルを達成したが、2006年以来はじめてバロンドール候補の3人に入らなかった。メッシは、“そろそろ優勝する時だ”とチャンピオンズリーグ優勝を目指す。


バルサはこのためにこの夏4人の選手を補強している。アルトゥーロ・ヴィダルに続いて、マルコム(ボルドー)、アルトゥール(グレミオ・ポルト)、そしてクレメント・レングレット(FCセビリア)だ。


その中でも一人の選手がメッシの目に留まったようだ。“新加入の選手はみな良い選手だよ。でも一人を選ぶとしたらアルトゥールだね。”とメッシはこのブラジル人を称える。“誰かと比較するなら、彼のスタイルはシャビに似ているんだよ。彼は常にボールを要求し短いパスが出来る。彼は信頼できるし、ボールも失わない。本当に驚いたね。”





以上です。

メッシがスペインでインタビューをしたようですね。これまで何かとロナルドと比較されてきたメッシですが、さすがに彼がユベントスに行くとは想像もしなかったようですね。管理人は出ていくとすればマンチェスター・ユナイテッド復帰だと思っていました。メッシの目にはレアルが弱体化したと映っている部分は興味深いです。いずれにせよ、もうCLで3連覇もしていますので、次は別なクラブに優勝してもらいたいですね。





[ 2018/09/04 21:16 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
やはりねベイル無双してても所詮は下位相手だしね
アトレティコバルサやCL上位クラブにとっちゃサイドに蓋すりゃある程度抑えられる感じだったわ
ベイルがクリロナの代わりになれてもベイルの代わりがいないから今年のCLは厳しそうだベスト8ってとこか
[ 2018/09/04 22:32 ] [ 編集 ]
レアルはリーグ戦だけだったらベイルが怪我しなければクリロナが抜ける前より強いとは思いますし、優勝も普通に狙えると思いますが

バルサやアトレティ、CLの強豪との対決だとメッシの言うとおり彼の穴は絶対に何処かで出てくるでしょうね(既にスーパーカップではアトレティに手ひどくやられてますし)
[ 2018/09/04 22:48 ] [ 編集 ]
なんかロナウドがいなくてもベイルいるし弱体化してないから!とか言ってた人が居たが世界最高の一人であるメッシのコメントに間違いはないよ、リプレイだけ見ればレアル無双してたように見えるけど試合全体だとDFが広がる度に抑え込まれる時間帯もあったし何より下位相手だったから昨シーズンと比べると弱体化してるのは明らか、今年のリーガはアトレティコCLはユーベ優勝に期待してるけど少なくともレアルはもうないだろう
[ 2018/09/05 22:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。