ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙!ファンの人気者の香川のジレンマ!現状を分析!《ドイツの反応》

【Sport.de】

kagawa3.jpg


ドルトムント、香川のジレンマ。ファンの人気物が蚊帳の外に。

ボルシア・ドルトムントの香川真司は、現在役割を果たしていない。ここ最近彼はベンチ外となっている。彼が最も好むポジションがファヴレのシステムにはないのだ。しかし香川のクオリティーはBVBにとってはポジティブなものだ。

スポンサーリンク


8月半ばにシグナル・イドゥナ・パークで行われたシーズン幕開けのセレモニーで、香川のすべては上手く行っているかのようだった。

ノベルト・ディッケルが彼の名前を呼んだ時、ファン達はいつものように“シーンジ”と呼んだのだ。そして香川は控室の入り口からフィールドへ、笑顔でやってきた。


香川は若い選手たちの名前が呼ばれると、拍手をして応じたが、香川の名前に対する反応は他の選手よりも明らかに大きなものだった。


この29歳が、この時、シーズン序盤でこれほど役割を果たさないと思っていたかどうかは分からない。


その数週間後の結果は非常に悲惨なものだった。BVBはこれまで公式戦3試合を終えているが、香川はどの試合でもベンチ入りすらしなかったのだ。


8月31日移籍市場が閉まるまで、香川が移籍するのではないかという噂が流れた。イングランドの中級のクラブ、トルコのベシクタシュ、そしてFCセビリアの名前が移籍先の候補となっていた。


“我々はシンジのクオリティーを知っている。”とファヴレは記者会見で語ったが、どうやらワールドカップに出場してチームに遅れて合流した香川をどのように扱ったらよいか良く分かっていないようだ。


香川の大きな問題は:彼のもっとも好む、“9.5、もしくは10番”のポジションがファヴレのシステムにはない事だ。ファヴレは433を採用している。


新加入のアクセル・ヴィツェルとトーマス・ディレイニーのレギュラーは決まっている。彼らは昨シーズンドルトムントに大きく欠けていた、フィジカルと一対一における力強さを任されている。香川の長所は別な所にある。


この175㎝の素晴らしいテクニックの持ち主を起用する代わりに、ファヴレはグラートバッハ時代の教え子のダフードを起用している。彼は香川と比べてすごく大きいわけではないが、一対一では勢いがあり、プレーもよりフレキシブルだ。そして彼は監督の信頼に、十分に答えている。


これは香川にとっては良いニュースではない。香川はベンチ外になっている最も有名な選手だが、彼の状況が簡単ではないことを、SDのツォルクも認めている。


香川、昨シーズンはベストな攻撃的選手だった



はっきりしているのは、これまで6年間で香川が見せていた長所が、フュルト戦やハノーファー戦では見られなくなってしまったことだ。


予想に反したターン、最後のキラーパス、そして驚異的なシュートは、彼のレパートリーとなっている。


香川がシュテーガーの下でチームの要となったのは決して偶然ではない。少なくとも踝の負傷で離脱するまではそうだった。


そして香川のキャリア全体の数字も非常に素晴らしいものだ、彼はブンデスリーガの2試合に1回は得点に直接関与している。


ファヴレが今後のイングリッシュウィークに言及したことは、香川にとってはほんの少しの慰み程度だろう。


しかし香川はそれでも現状に文句は言わない。


“外の事に対してはどうすることもできませんから、自分自身に集中するだけです。”と香川は“日刊スポーツで答えている。”


しかし彼がこのような不満足な状態にいつまで我慢できるかは分からない。彼は将来に対して明言は避けている。“残るかもしれませんし、移籍するかもしれません。神のみぞ知る、です。”と、香川は語っている。


ドルトムントのファン達は、この言葉を聞いて不安になるかもしれない。なぜならBVBのファン達は再びスタジアムで“シーンジ”と叫びたいのだ。




以上です。


香川選手に関する分析記事が複数のメディアで出ていましたので紹介しました。

少なくとも昨シーズンの活躍と、これまでの数字は認められているようですね。まだゲッツェもいますから、メディアがどのような反応を見せるのかまだ読み切れませんが。これでファヴレが結果をだせなかったら、この点で監督を批判する声も上がって来るかもしれません。それより先にゲッツェを起用しない事が批判されるでしょうが・・。


※インターネットの調子が悪く、コメントの承認が出来ていません。明日の現地時間の午後には復旧する見通しです。

[ 2018/09/06 21:38 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(9)
>8月半ばにシグナル・イドゥナ・パークで行われたシーズン幕開けのセレモニーで、香川のすべては上手く行っているかのようだった。


この頃、すでに香川の表情を見て感じ取っていたファンはいましたね。
ちなみにこの翌日が、最後のプレシーズンマッチ・ラツィオ戦(出番無し)でした。
[ 2018/09/06 21:52 ] [ 編集 ]
台風、地震、そして身の回りのことなど色々あっても
香川選手が毎週末ドルトムントで試合に出て活躍してくれたら
勇気づけられるというか励みになる気がするので、不思議な魅力のある選手なのでまた輝いてほしいですね。
[ 2018/09/06 21:59 ] [ 編集 ]
10番がないからとか8番できないような内容はもう本当にうんざり
何回も何回もIHで結果出してるし、トップ下なんてここ数年ほとんどしてない
ちゃんと試合見て記事にしてる記者って全くいないんですね、、がっかりです
結局正当に評価をされることはないって確信しました
[ 2018/09/06 22:55 ] [ 編集 ]
現在の香川のプレースタイルやクォリティーの認識が「誰の話?」ってレベルですよね。
ダフードが香川よりフレキシブルで対人守備に強い、ですか。
香川は対人守備でここ2シーズンチームのトップ争いをしてますし、そもそもダフードのようにボールを失いません。
香川がトップ下しかできず、433にできるポジションはない、ですか。
むしろトゥヘル以降は433のIH起用の方が多く、トゥヘルはダブルボランチ(CL準準決勝)やアンカー(ポカール決勝)でも使って香川は期待に応えていました。(対人勝率はモナコ戦2試合平均62.5%、ポカール決勝100%)
(ファン・ハールも「IHで使いたい」と香川本人にユナイテッドへの残留条件を提示したほどです。もちろん当時の香川は拒否しましたが。)
[ 2018/09/06 23:10 ] [ 編集 ]
どの監督もまずは自分のやり方を試してみたいのは分かります。しかし結局は香川の力が必要になって来ます。近年のドルのタイトル全てに香川が貢献してきた事は紛れもない事実ですから、ファブレが成功したいのなら香川は外せないピースなのです。
[ 2018/09/06 23:16 ] [ 編集 ]
監督についての知識がないから今のところ何考えてるのかよくわからん。特に選手起用については全くわからん。ケガ持ちの主力ばかりだから長いシーズン通して見てローテーション考えてるのか、あるいは今組んでいる布陣がベストと思っているのか全然見えない。仮に後者だとするなら、とんでもサッカーだけどね。とはいえ、今の状況は相手に完全にバレてる。ハノーファーにはボールすら持たしてもらえなかったからな。使えるなら香川やユリアンさっさと使わないと9月で失速するかもね?
[ 2018/09/06 23:41 ] [ 編集 ]
>イングランドの中級のクラブ
これは初耳ですが、どこのクラブだったのでしょうか
スパーズの噂なら東スポ以外でも少しありましたが、スパーズは中級でもありませんし
[ 2018/09/06 23:52 ] [ 編集 ]
>しかし香川はそれでも現状に文句は言わない。
香川は今迄スタメンで無い試合が続いた時でさえ(ベンチから出場)監督に何故かと聞きに行った。コンディション良いのにベンチ外が3試合なんて無かった事。それでも余裕のコメントは、理由を知っていて話し合っているとしか考えられません。
つまり、移籍志願して遺留されて市場閉まるまでは使わないと言う話し合い。
まぁ今夜ハッキリしますよね。明日の代表戦は地震により中止になりました。つくづく呼ばれ無くて良かった。
[ 2018/09/06 23:52 ] [ 編集 ]
09/06 23:52
ウエストハムとエバートンじゃない?
それより具体的に金額提示してきたフランスのマルセイユやモナコが書いてないところに悪意を感じる
[ 2018/09/09 06:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。