ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、アルカセルの加入は香川にとって追い風か?《ドイツの反応》

【90Min】

kagawa15.jpg

香川!将来はポジティブだとの認識!


今シーズンは香川真司にとっては決して簡単ではない。しかしこのボルシア・ドルトムントのミッドフィルダーは、将来は決してネガティブなものではないと思っているようだ。そして今後徐々にプレー時間を得るだろうと思っているようである。

スポンサーリンク



最初の3試合のマッチレビューを読んで、香川真司の名前を探した人は、徒労に終わる事になった。ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファヴレ監督は彼を起用しなかったのだ。ファヴレの433のシステムには香川の居場所がなかったのだ。


しかしファヴレは一つのシステムにこだわるわけではない。将来的には4231を採用した時に香川に出番が回って来るかもしれない。それはパコ・アルカセルの加入によって、可能性がない事ではなくなったのだ。このスペイン人は、パスを受けたがる選手であり、さらに自分が走る事によって、チームメートにスペースを作る事が出来る。


そうなるとこれまで出番がなかったユリアン・ヴァイグル、マリオ・ゲッツェ、香川真司に出番が回ってくるかもしれない。システムが変わると、より創造的なパスの強さが大事となる。そうなると香川にとっては非常に有利だ。


“自分のクオリティーを発揮できると思っています。”とこの日本人はキッカーにおいて語っていたが、ファヴレも“将来的にはいくつかのシステムを持ちたいと考えている。”と述べている。





以上です。

この記事の通りになると良いですね。4231だったら、ラーセン、香川、ロイスの並びが見てみたいですね。ラーセンはテストマッチとは言え得点力がすごいので、このまま起用してみてほしいです。もしかしたら化けるかもしれません。ロイスを右にしなければならないのが少し残念ですが・・・。



[ 2018/09/09 05:57 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(20)
まともな監督なら使うでしょ
[ 2018/09/09 06:19 ] [ 編集 ]
昨日の試合は433だったのですが。
彼のプレー位置を見れば明らかですが、頑なですね。
4231だったらまったく違う内容になっていますよ。
[ 2018/09/09 06:30 ] [ 編集 ]
開始数分からすでにダイレクトでパス交換し合っていたので、かなりフィーリングが良いと思いますよ。
1目も2点目も絡んでますし、ゴール後には早速2人で話し合っていましたね。
テクニックある者同士、互いに意識し合っているのではないでしょうか。
後半68分のシーンでは、バイタルの密集でゴールを背にした香川が数人に囲まれながら裏にボールを出すという、スローで見ないと訳わからない技をやってのけて、パスが来たパコは驚いてシュート打ちに行ってましたね;
右サイドからのクロスを外した際も親指を突き上げて好感触でしたし、選手交代の合間には香川に近づいて「外してごめんね」と笑顔で話してましたよ。
人を活かせる賢い選手は大好きですので、活かし活かされるとともに、公式戦で彼自身が輝くシーンも大いに期待したいですね。
[ 2018/09/09 06:52 ] [ 編集 ]
普通に433でもダフートじゃなくて香川使えばいいのにと思う。
ミスの少なさ、パス精度、ポジショニング、プレスの技術、全部勝ってるのに。ダフートの博打みたいなプレーが好きなのかしら
[ 2018/09/09 08:07 ] [ 編集 ]
433でも442でも機能してたと思うけども何で4231限定なんですかね?
というか新加入の選手を覗いて今までの殆どの試合そして時間帯で4231だったことも4231気味になったこともないと思うんですが
例えばどの試合のどの時間帯で4231の形になったのか知りたいですねぇ
[ 2018/09/09 09:03 ] [ 編集 ]
ドルトムントの4231って中央密集になりがちなんであんま好きじゃないんですよねえ。ファブレがなおしてくれるならいいんですけど、そんな感じにも見えませんし。
[ 2018/09/09 09:41 ] [ 編集 ]
香川はサッカーIQが高くテクニックもあるので同じ絵を描ける選手なら相乗効果も得られると思います。それに香川は若手の使い方が上手いですよ。パコを生かすには香川が必要なのは明らかですね。

[ 2018/09/09 09:49 ] [ 編集 ]
YouTubeのドルトムント公式チャンネルのハイライト動画、コメント欄が香川(Kagawa)を絶賛する言葉で溢れてますね。
ベンチ外や序列のおかしさを指摘されてますよ。
もはや当然ですよね。
[ 2018/09/09 10:10 ] [ 編集 ]
だからなんで香川が4231限定な訳?この記者はテストマッチ見てこの記事を書いたのでしょうか。他の記事もテストマッチは4231システムとか書いてるやつもありましたけど。まぁシステム分析して書いてないよなって記事は以前から多かったけど、ここまでくると謎の力かなんかかと疑いたくなります。
[ 2018/09/09 10:19 ] [ 編集 ]
本当に、私もそう思います。 ただ怪我が多いので、後半近くの入れ替えを上手く出来るかですね。 
[ 2018/09/09 10:46 ] [ 編集 ]
正直BVBが実績のある一流のストライカーを他所から獲得する事は非現実的なので
自前を育てていくしかないと思います
[ 2018/09/09 11:09 ] [ 編集 ]
そりゃあ香川は楽観視しているでしょうね。監督交代の度に理不尽さは味わってますからね。
結局は4231や433のシステムじゃあないんですよね。香川の出番は内容と勝ち星次第でしょう。
監督が選手個々を評価する様に、選手側も新指導者を値踏みするのは至極当然。協会やクラブに忖度してゲッツェを最優先したり、力を無視して愛弟子を贔屓して使う、相手に合わせずに戦術を頑固に維持したがる程度の監督は底が知れている・・勝負師として勝者のメンタリティー(ベンゲル著パクリ)が欠けていると読み切ってしまうでしょう。二流監督に率いられれば先は知れた事と香川は思っているんじゃあないですかね。
[ 2018/09/09 13:04 ] [ 編集 ]
すぐに香川の出番がくるよ。

そしてリーグ優勝して、スペインに移籍するのが一番いいな。

まずは香川の試合が観たい!応援してるぜ。
[ 2018/09/09 13:10 ] [ 編集 ]
フォーメーション的にはそうでもやはりやっている役割やプレーがトップ下というように見えるのだと思います
あくまでも433の場合3CHが念頭にあるのでその場合は記事通りトップ下をおいたシステムというのは正しいでしょう
[ 2018/09/09 18:41 ] [ 編集 ]
アルカセルの方が追い風だと思う。
あの中盤トリオだと前までボール運べず
適当なロングボール蹴るか
苦し紛れで突っ込んでロストまともなチャンスボールは来ないから
[ 2018/09/09 20:08 ] [ 編集 ]
なによりも、香川の活躍に、ポジション争う選手の1人の途中出場したダフードが結果をって強引にシュートして焦っているように見えたのが、いかに香川が凄かったかわかる。そして本当に若手を使うのが上手い。香川と関わるとみんなが活き活きとプレーしてる。パコとの相性も良さそうなので、これからが楽しみです。
[ 2018/09/09 22:23 ] [ 編集 ]
ドルトムントで不動の地位を築けばよし。
セビージャなんかに行くべきではないし、移籍市場をずっと見ていたが、あそこは滅茶苦茶なクラブ。
香川ほどの選手に全くふさわしくない。


SNSフォロワー

◆ドルトムント
Instagram 569万人
Twitter 320万人

◆セビージャ
Instagram 46万人
Twitter 91万人
[ 2018/09/09 22:47 ] [ 編集 ]
2018/09/09 18:41

テストマッチの前半を見て本当にそう思うなら、ドイツ紙もあなたも余程サッカーを見る目が無いと言うコトです。
IHの役割を決めつけ過ぎてますよね。守備に必要なフィジカルを体の強さだけと思ってるのと同じですね。
後半に入ったダフードのプレーと見比べてみるといいですよ。
[ 2018/09/10 11:04 ] [ 編集 ]
ファブレの採用する433のシステムばかり便宜注目を煽っていますが、
システムが4231になろうと442になろうと、個人的には
昨今のドルトムントのぎこち無さの理由は違うと思って見ています。

グラディオラのマンCの連動とパススピード、
クロップリバプールの攻守の切り替えと前線からのプレス、
一言で言えば、昨今のドルトムントには攻守において連携の
決まり事が全く見えない事です。

ファブレの手腕が試されるのはこれからなのでしょうが、
クライフ流トータルフットボールよろしく10人の天才フィールドプレーヤーが
自由にポジションチェンジしながら全員で攻撃し、守備をする。
理想はそうかもしれませんが、そんな事が出来そうなチームは
恐らくバルサくらいです。
今のドルトムントには攻守の両面で基本的な連携、決まり事の確認を
繰り替えしチームに浸透させて、すべての面でスピードupを目指して
欲しいと思っています。






[ 2018/09/10 20:47 ] [ 編集 ]
>ファブレの手腕が試されるのはこれからなのでしょうが、
クライフ流トータルフットボールよろしく10人の天才フィールドプレーヤーが
自由にポジションチェンジしながら全員で攻撃し、守備をする。
理想はそうかもしれませんが…

ありがとうございました。なるほどそれがやりたかったのですね、細かく指示すると聞いていましたけど、あまりにも何がしたいのか理解不能だったので…
全く機能してませんが、やたらに前3人がポジションチェンジしたり、後ろスカスカになるのにCBが自陣からドリブルで持ち上がったりが、まさかのトータルフットボールだったとは(笑)
これは香川、ヴァイグル、ゲレイロ達が絶好調になって、奇跡的に皆が連動しないとムリそう。
[ 2018/09/11 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。