ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!トプラクが負傷離脱!《ドイツの反応》

【Sport.de】

toprak.jpg

BVBのセンターバックが負傷離脱!


エマ―・トプラクは肉離れを起こし、離脱する事になった。復帰のめどはまだ立っていない。今シーズン、トプラクはまだ一度もプレーしていなかった。


ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントは、しばらくトプラクをあきらめなければならなくなった。

スポンサーリンク



すでにクラブが発表しているが、この29歳は太ももに肉離れを起こしている。復帰の時期についてはクラブは公表していない。

トプラクは今シーズン、これまでブンデスリーガで行われた、ライプツィヒ戦、ハノーファー戦、そしてポカールのヒュルト戦のどの試合でもプレーしていなかった。




以上です。

トプラクの離脱が発表されましたね。クラブが復帰の時期を公表していないとのことですが、まだ診断結果が出ていない可能性もありますから、軽傷の可能性もあると思います。しかし一人抜けると、控えがザガドゥーだけになってしまうので、急に心細くなってしまいますね。

代表ウィークが終わると試合が増えますから、早い復帰を願っています。


[ 2018/09/09 09:30 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(5)
こうなると一気に心細くなりますね…
しかしLeo the Footballさんが言うように、ドルトムントの問題は、SBのシュメルツァーとピシュチェクの上がるタイミング、幅を取るタイミング、ポジショニングだと思うのですよね。
この2人は技術も高くないですし。
だから思い切って2人を削って、3バックでやって欲しいですね。
[ 2018/09/09 10:05 ] [ 編集 ]
トプラクは合宿中に筋肉のトラブルを起こし、プレシーズンだけでなく開幕後の練習を休むこともありました。体質もあるでしょうが、怪我人が多いのは毎年のことなので、ドルトムントのフィジカルトレーニングとメディカル体制にも疑問がありますね。
[ 2018/09/09 11:59 ] [ 編集 ]
踏んだり蹴ったりだな。かわいそう。
[ 2018/09/09 14:00 ] [ 編集 ]
実はこの4年間、今以上にドルトムントのスカッドは常に大きかった。でも今季殊更人員過剰が叫ばれるのは、皆元気だという幸運の為。
昨シーズン迄は、ギュン、シャヒン、スボデイッチ、ロイス、ローデ、ドゥルム等保険で給料支払われる位長期離脱者居たんだよね。
トプラクはオスナブリュック戦フルだったけど、それが良くなかったのかな?早い回復願います。
[ 2018/09/09 17:05 ] [ 編集 ]
まーバックアップだし、トプラクが出ると不安定になるしね
暫くは同じくらいのザガドゥに期待
[ 2018/09/11 15:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。