ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙!「デュッセルドルフ昇格の英雄!宇佐美が復帰間近!」《ドイツの反応》

【エクスプレス】
fortuna-duesseldorf-usami-wieder-da.jpg


デュッセルドルフ昇格の英雄!宇佐美が復帰間近!


宇佐美貴史が、アウグスブルクからローン移籍でフォルトゥーナに戻って来てからほぼ1か月が過ぎようとしている。この昇格の英雄が、ワールドカップとその後の休暇のため、シーズン開幕に間に合わないことははっきりしていた。

スポンサーリンク



しかし宇佐美のカムバックの時期が近づいている。“他の選手たちは2度の合宿をこなしたので、僕は特別メニューをこなさなければなりませんでした。他の選手が1度のところ、僕は2度こなしています。”と宇佐美は同僚たちとの差を少しずつ縮めていることを説明している。


宇佐美は、“状態も良いですし、準備ができています。”と次の週末に行われるホッフェンハイム戦ではメンバー入りする事に対して希望を抱いている。それどころかスタメンも。


“もちろん監督が決断しますが、フル出場を願っています。”と宇佐美は語った。


フォルトゥーナでは、昇格を果たした時のように、宇佐美がスタートできるか注目を集めている。昨シーズンは冬に原口がやって来てから宇佐美の調子が上がったのだ。宇佐美は8ゴールのうち6ゴールを後半戦であげている。


しかし親友の原口は去り、さらにジャスティン・金城もいなくなってしまった。これで宇佐美にとって難しくなるだろうか?


“みんな元気がきたから僕が良くなったって言うんです。でも監督は昨年夏に加入した時に、僕が冬以降に良くなるだろうと言っていました。チームメートともコミュニケーションがとれています。そして元気は今では対戦相手です。僕はフォルトゥーナの選手ですが、彼はハノーファーです。”と宇佐美は語る。


宇佐美がデュッセルドルフに残りたい事は、みんなが知っていることだ。それには一部に残留することが前提となる。“ブンデスリーガは僕の夢ですし、ここでプレーしたいです。まあ見てみましょう(バイエルン方言で)”と宇佐美は語る。


宇佐美は最後をベッケンバウアーの言葉でしめたが、彼のドイツの最初のクラブはバイエルンだったのだ・・。




以上です。

宇佐美選手の復帰が近づいているようですね。開幕戦でベンチ入りしなかった時に、監督が後2週間と明言していましたので、こうなるのはローン移籍が決まった時から計画されていたのではないかという気がします。

今度は一部のクラブが相手ですが、さらなる活躍に期待したいです。





[ 2018/09/09 13:30 ] 香川18/19 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。