ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元ドルトムント監督トゥヘル!パリSGで早速問題か?さらにネイマールも問題!《ドイツの反応》



tuchel2.jpg


【ドルトムント24】


元ドルトムント監督トゥヘル!パリSGで早速問題か?さらにネイマールも問題!



トーマス・トゥヘルは2018年の7月1日からフランスのパリSGで監督を務めている。しかしこの監督は最初の問題を引き起こしたようだ。すでにフランスの“Le Pariseinen”が報じたところによると、スポーツディレクターとの間に問題が起こったようだ。さらにネイマールも問題を起している。


スポンサーリンク



バルセロナと関係が深い“ムンド・デポルティーボ”が報じたところによると、ブラジル人のネイマールはバルセロナ幹部に泣きながら復帰を求めたようだ。それによるとネイマールはパリ移籍を公開しているとのことである。彼は昨シーズン、パリで常にカヴァーニやムバッペーと問題になっていたようである。


トゥヘル、スポーツディレクターに不満足



スポーツディレクターのアンテ―ロ・エンリケが批判にさらされている。“Le Parisien”によるとその主な原因は、トーマス・トゥヘルが望んだ選手をこの夏獲得できなかった事にあるようだ。


トゥヘルはチェルシーのミッドフィルダー、カンテやブラジル人ディフェンダーのあれクス・サンドロ、そしてバイエルンのジェロム・ボアテンを希望していた。しかしそのうち一人として獲得することができなかった。


FCバイエルンのウリ・ヘーネスは最近PSGとのボアテンをめぐる交渉について意見を述べている。“パリSGがワールドクラスのクラブになりたいのであれば、このようなスポーツディレクターではだめだ。”と語っていた。


トゥヘルは移籍をめぐってドルトムントでも問題を起していた。2016年にマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドガン、そしてヘンリク・ミキタリアンが去ってしまったが、これはトゥヘルにとっては気に入らなかった。トゥヘルはこの3人を残したかったのだ。しかもヴァツケはこの3人が皆移籍する事はないと明言していたのだ。しかし現実は違った。


ギュンドガンはマンチェスター・シティーに、そしてミキタリアンはマンチェスター・ユナイテッド、そしてフンメルスはバイエルンに移籍した。その次のシーズンでトゥヘルは若く勝利に飢えたチームを作り上げたが、ポカールで優勝したにもかかわらず、解雇となっている。


“Le Pariseinen”の報道によるとパリのボス、ナッセール・アル・ケライフィはトゥヘルの意見に賛同しているようだ。これによってスポーツディレクターのエンリーケがシーズン終了でクラブを去るとみられている。





以上です。

すでに噂されていましたが、トゥヘルは早速スポーツディレクターと問題を起こしたようですね。ただ今回はトゥヘルの方に分がありそうですね。

ネイマールのバルサ復帰願望にトゥヘルが関係しているかどうかまではこの記事からは分かりませんでした。



[ 2018/09/09 17:38 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(18)
>2016年にマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドガン、そしてヘンリク・ミキタリアンが去ってしまったが、これはトゥヘルにとっては気に入らなかった。トゥヘルはこの3人を残したかったのだ。

フンメルスに敬意を欠いた行為をして移籍の要因となったのはトゥヘルさんでしょうに。トゥヘルさんは、やった事とメディアにPRする事が違うのはBVB時代から変らないっすね。
[ 2018/09/09 17:51 ] [ 編集 ]
選手の獲得や残留にはSDの手腕のみならず監督のカリスマ性も重要でしょうからSDのみに全責任負わせるのはなんだかなぁと…
[ 2018/09/09 18:14 ] [ 編集 ]
ネイマール泣きすぎ
[ 2018/09/09 18:19 ] [ 編集 ]
ネイマール件はトゥヘル来る前からずっと言われていたので無関係だと思います。
個人的にトゥヘルが好きでしたから、ドルトムント去ったことは残念でした。でも言っている事は真っ当「ゲッツェは要らない。香川が居るから…」でしたが、たぶん言い方がドルトムントには相応しく無かったのでしょうね。ヴアイデンの引退試合見て、ファミリーだと思いました。なんかトゥヘルにはそういうファミリー感、温かさは無かった。普通に勝つ事に貪欲な監督。
まぁドルトムントってこういうクラブなのねって引退試合で改めてわかって、バイエルンや普通のクラブとは違う魅力を知ったので、トゥヘルはやはり合わないと。
パリでは存分に我儘言って手腕奮って欲しいです。
[ 2018/09/09 19:10 ] [ 編集 ]
これに関しては完全にエンリケが勝手に暴走してる感が...まあ会長がトゥヘルに賛同してるのはホッとしました。

ちなみに、ドルトムントの時のギュンドアンとムヒタリアンは別にトゥヘル悪くないですけどね。
ギュンドアンはクロップの時から移籍する気満々で、上手くいかずに一年だけ契約伸ばして残ってただけ。
ムヒタリアンはトゥヘルが解任されたら移籍できることを契約延長の条件に要求していた。
なんかこの二人の移籍に関してまでトゥヘルが悪いみたいに語られるのは納得できません。
[ 2018/09/09 19:20 ] [ 編集 ]
後悔先に立たず
泣くなネイマール!
[ 2018/09/09 19:39 ] [ 編集 ]
ネイマールはPSGのとの契約が終わるまでスタンドに置いておけば良いと思う
[ 2018/09/09 20:19 ] [ 編集 ]
今思えばトゥヘルもかわいそうでしたね。
主力中の主力3人が同時に移籍、悪戦苦闘の中ポカール優勝したものの突如解雇。
バステロ翌日の試合も選手側の立場にたち延期要求したにもかかわらず却下。
フンメルスに関してはトゥヘルともめて出て行ったか。
ムヒタリアンとギュンドアンはどうにかならなかったのかな?
誰か当時の状況詳しく覚えてる人いますか?
せめてムヒタリアンは何とかならなかったたかな。。。また例のごとく外国人だから給料が低かったんだっけか?
[ 2018/09/09 20:28 ] [ 編集 ]
構想に入れていたロチェルソを無断で放出した噂が本当だとしたら相当にきてるでしょうね。エンリケ は代わりにロボツカを引っ張ってくる構想だったみたいですけど。トゥヘルは拒否。
結果的に構想内の選手が流出しただけという。
あとはゲレイロやボア店を入れてマルキを一列前で使ったりいろいろ試したいことがあったでしょうに。それらもおじゃん。
その煽りかディマリアがエグい使われ方してますね。しかもきちんとそれに応えているという。
今のところ公式戦5試合で16得点と爆発してますが、どうなることやら。やりくりが楽しみですね。ムバッペもしばらく出場停止くらいましたし。
[ 2018/09/09 20:34 ] [ 編集 ]
エンリケが無能なのはほぼ確定だな
[ 2018/09/09 20:49 ] [ 編集 ]
ネイマールの話が本当だとしたら、あまりの愚かしさにって感じですな。
[ 2018/09/09 20:58 ] [ 編集 ]
結局ムバッペの方がスターになってますもんね。
[ 2018/09/09 21:08 ] [ 編集 ]
ネイマールの移籍はムバッペの存在が大きくなったために、PSGで王様でいられなくなり居づらくなったのではないでしょうか。片方はW杯優勝でもう片方はコロコロ倒れる様を嘲笑されて散々な結果でしたので。
トゥヘルはドルトムントの経験を活かしてPSGではうまくできると思います。選手獲得はどこも色々とごたつくのでしょうね。
[ 2018/09/09 21:32 ] [ 編集 ]
ネイマール以外であれば、そうかな?とは思いますが、ネイマールに関しては間違いなく関係ないでしょうね
[ 2018/09/09 22:23 ] [ 編集 ]
移籍市場最終日に駆け込み移籍でマインツ時代トゥヘルの元で結果を残したチュポモティングを獲得したことも不思議な移籍として大きく取り上げられてますね
[ 2018/09/09 22:41 ] [ 編集 ]
ネイマールとムバッペで何とか3冠の安定に戻れそうなのはいいけど本当は1617のCLで敗退した時点でエメリを解任させて休暇を惜しんででもトゥヘルに指揮を執らせて自棄でネイマールやムバッペ何かを獲らずに現有(1617)の主力をスタメン起用で最大限に育てさせるべきだったと想う
[ 2018/09/10 02:33 ] [ 編集 ]
09/09 18:14
ボアテングに関してはトゥヘルと選手間では合意してたけど、エンリケの態度にバイエルンがキレて破談になったって話ですよ。もっと真面目に交渉しろってね。
バイエルンの要求額見ても結構前向きに売却しようとしてたんですけどね。
[ 2018/09/10 02:37 ] [ 編集 ]
フンメルスはキャプテンでしたし、あのタイミングでの移籍発表でしたし、何がしかの相応の口実は必要としていただろうね。
[ 2018/09/10 10:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。