ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!戦術を4231に変更することが問題解決に!?《ドイツの反応》

【フスバールエック】

favre6.jpg


BVBシステム変更は目的のための手段か?


ボルシア・ドルトムントは、ルシアン・ファヴレの下でスタートを成功させたと言っても良いだろう。ポカールでは2回戦進出を決め、リーガのライプツィヒ戦とハノーファー戦ではポイントを獲得している。しかしそこには輝きはなかった。この3試合でどのようにしてドルトムントを攻略すれば良いかが明らかになったのだ。

スポンサーリンク



もしかしたらシステムを変更することがこの問題を解決することになるかもしれない。


これまでの公式戦全てにおいてBVBの意図は見え見えだった。フュルト戦ではその問題を最後の所でアクセル・ヴィッツェルが解決したが、ライプツィヒ戦では、4:1の結果ほどうまく行かなかった。すでにその試合ではBVBを止めるにはどうすれば良いのか明らかだったのだ。プレッシングと中盤でのマンツーマンだ。これによって攻撃はほぼマヒしてしまった。


ルシアン・ファヴレ自身もこれまでのチームの出来には満足していない。だから彼はチームからたった10人の選手しか代表でいなくならない事を喜んでいるに違いない。これでスイス人監督は、他の可能性を探る事が出来る。木曜日にBVBは3部のオスナブリュックと対戦するが、それでファヴレは新たなヴァリエーションを試すことができるだろう。新ストライカーのアルカセルもプレーするとみられている。この新加入のスペイン人は、そのシュートのクオリティーにおいて新たなレベルをもたらしてくれるかもしれない。


それに加えてここ最近出番のないマリオ・ゲッツェと香川真司、ユリアン・ヴァイグルにもチャンスがやって来るだろう。ゲッツェと香川はアルカセルにとって決定的となるパスを出せるかもしれない。ヴァイグルの組み立てにおける力は疑いの余地がないだろう。彼ならばプレッシングをかいくぐる事も可能だ。


可能性としては、ファヴレが4231を採用してくる事もあり得る。これまでの433は大きな穴を残したままとなっていた。その解決策となるのが4231だ。それによって中盤での中継点が増え、さらに創造的な香川やマリオ・ゲッツェ、そして組み立てのうまいユリアン・ヴァイグルの居場所もできる。


ファヴレも“将来的にはいくつかのシステムを用意したい。”と語っていた。このスイス人監督にとっても自由さとバリエーションの豊富さは重要だ。すべての問題がシステムを変更しただけでは解決できないが、少なくとも相手にとっては少しは予想不可能とはなるだろう。




以上です。

この記事はテストマッチの前に出されたものですが、システム変更に言及していたので紹介しました。すでに公式戦3試合で弱点が見えてしまったというのは、割と広まっていますね。

確かにヴィッツェルとディレイニー、ダフードを起用する事で、守備的に見れば良い面もあるかもしれませんが、これまでドルトムントの象徴でもあった攻撃力がかなり失われてしまっては、勝てる予感も薄れてしまいますね。

すでに守備的なアンチフットボールばかりでリーガが面白くないというのに、ドルトムントまでそうなってしまったら、本当に見るに堪えない試合が増えそうです・・。



[ 2018/09/09 21:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(25)
既にBVBはファブレの元でアンチフットボールになっているでしょう
ファブレ自体が中位からEL取れたら大金星の監督でしかないですしね

クロップという得がたい監督が指揮してたのこんな監督しか連れて来れないのが興ざめです
個人的にはゲッツェ縛りの無い2年目のシュテーガーが見たかったですね
そういった意味ではゲッツェを跳ね飛ばしたトゥヘルは、その点だけは芯の通った監督でした
[ 2018/09/09 22:07 ] [ 編集 ]
守備的な戦術や哲学を好き嫌いや楽しいか楽しくないならいいですが、アンチフットボールというのは横暴ですね。
サッカーが文化として根付いているところでは、そこの人の考えが反映されています。
その文化を否定するのは人として傲慢ですね。
[ 2018/09/09 22:20 ] [ 編集 ]
ヴァイグルにプレスをかわす力があると思ってる時点で感覚が違うように感じる
[ 2018/09/09 22:32 ] [ 編集 ]
問題は誰の居場所ができるとかじゃなく
あまりにも攻撃部分で単調なことなんだと思いますが
ヴィッツェルとディレイニー、ダフードを同時起用することで守備的にと言っても失点はしているわけですし

[ 2018/09/09 22:46 ] [ 編集 ]
普通に香川トップ下ヴァイグルヴィツェルボランチでいいと思うんですけどねぇ。別に433でも香川やゲッツェができないってことはないと思いますし。
いずれにせよ中盤に一人はパサーがいないとジリ貧になるのは間違いないですね。ハリルも長澤井手口山口とかやってましたが失点はへるけどそれ以上に得点が減ってどことやっても泥仕合でした。
CL出るチームなんだし、堅守で行くならアトレティコくらいの完成度にしてほしいですね。
[ 2018/09/09 23:02 ] [ 編集 ]
香川、ゲッツェ、ヴァイグル、ダフードに加えヴィツェル獲得したんだっけか。ローテーションしてカップ戦も取りに行くつもりなのか。そうじゃなく過剰戦力で選手干すならはっきりと使わない選手は放出するべきだった。
[ 2018/09/09 23:36 ] [ 編集 ]
ほら来た!さんざん香川を要らない子扱いしてたくせに~もうブレブレですなこのチーム
こっそりゲッツェを混ぜてるし~アルカセルじゃなくて香川に決定的なパスを下さいよ
[ 2018/09/09 23:37 ] [ 編集 ]
2点とられても3点とって勝つがドルトムントの魅力だった
攻撃時にはペナルティエリアにCB含め5~6人飛び込んできて攻撃で圧倒するのがドルトムントの魅力だった
そんなドルトムントをもう一度!
[ 2018/09/09 23:37 ] [ 編集 ]
個人的にドルトムントがやる4231あんま好きじゃないんですけどねえ。
というかテストマッチも普通に4141だったように見えましたが。
あと数年前に比べたらアンチフットボールなサッカーやってるクラブだいぶ減ったと思いますよ。
[ 2018/09/09 23:47 ] [ 編集 ]
魅力的な攻撃的なサッカーのリバプールか
そこそこ強いが守備的で面白みの欠けるマンUかなら
圧倒的に前者を選ぶ
[ 2018/09/10 00:19 ] [ 編集 ]
単純な話だ
香川を出せば面白いサッカーになるし強くなるしバイエルン以外には勝てるし怪我さえしなきゃ優勝戦線にだって残れる
[ 2018/09/10 01:00 ] [ 編集 ]
個人的にはダフードの重用が本当に理解不能ですね。
ドリブルで持ち運ぶ力はありますが、パス、シュートは精度が低く、状況判断もよくない。
若い選手を使いたいという気持ちも解りますが、これで弾かれる選手はたまらんでしょう。
[ 2018/09/10 04:23 ] [ 編集 ]
来る監督、来る監督、BVBのサッカーを知らないのはどうして?
[ 2018/09/10 05:51 ] [ 編集 ]
現代サッカーは一つの戦術で勝ち続けて行くのはむずかしい。監督に求められるのは修正能力なのでチームとして引き出しを多く持つ事は大事ですね。それに毎年怪我人が出て来るので、中盤が多いと言いますが上手くローテして行けば良いのではないですか。香川は絶対必要ですが酷使されても困りますし。
[ 2018/09/10 06:52 ] [ 編集 ]
どの監督もクロップとの違いを作りたい意識がかなりあるんでしょうかね。
[ 2018/09/10 08:40 ] [ 編集 ]
09/10 05:51
監督変わったらやってるサッカーが変わるのは当然でしょう
別にクロップやトゥヘルのサッカー=ドルトムントのサッカーではありませんから。
[ 2018/09/10 09:11 ] [ 編集 ]
BMGの頃と同じ事をやっているのなら、他チームからはあっという間に対策をたてられてしまうのでは
[ 2018/09/10 11:27 ] [ 編集 ]
香川移籍、ヴァイグル怪我で泣く泣く使っていたってことはないかな?
テストマッチでもうまくいかず一人イライラしていた姿を見て、ダフートも別にスタメンを保証されているわけじゃないんだなと思いました。
香川が除け者にされてたのは、マスコミやファンが勝手にそうされていたと思い込んでた部分があるんじゃないかな。普通に考えたら実績、人気ともに高い香川が戦術とはいえ急にベンチ外にされたのはやはりありえない。
試合中も香川に何度もグッドサインを出していたし、今後の展開を見ないとなんともいえないかな。
前線の希望はアルカセル、ロイス、香川、ラーセンの四枚。
アルカセルは味方をうまく使うのが得意そうだから、点の取れる2列目を活用するのが効率的ですね。
ラーセンはプリシッチより使ってほしいなー。
[ 2018/09/10 11:51 ] [ 編集 ]
個人的には監督によってチームコンセプトを変える必要性は無いと考えています。
見合う監督を探せなかった時だけ擦り合わせを行えばいいわけです。
そこのギャップが今のBVBの状態なんだと思っています。
今のところ監督の方向性は成功とは言えませんね。

クロップ監督時代のスタイルをBVBのスタイルと思い込んでいるサポーターが大勢います。
本当にそれでいいのかをワタシは敢えて問いたいですね。
守備から入るスタイルは決して悪くはないです。上手く行っていないチームを立て直すには必然な策だと思っています。
ただ、あくまでも策であって常用としていいチームではBVBは決してありません。
そこの調整と決断をどうするのかが今後のファブレの手腕だと思っています。

[ 2018/09/10 12:00 ] [ 編集 ]
ドルトムントがやる4231あんま好きじゃないんですけどねえ

ドルトムントがやる4231って何?
数字を並べたフォーメーションのこと?
監督、メンバー、システム、タクティックスetcによって違うでしょ
[ 2018/09/10 17:24 ] [ 編集 ]
そりゃクロップのサッカーで黄金期築き上げて、唯一無二のスタイルがBVBから生まれたのに、それを捨てるのかって話ですわ
捨てるならCL出場なんて無理だし、順位も8位くらいからEL取れれば良いなってクラブチームに逆戻りって事ですわ
今更守備から入るような詰まらないサッカーで満足できるなら御めでたいほど幸福なんでしょうね
だいたいBVBのスタイルって何だよ
[ 2018/09/10 18:24 ] [ 編集 ]
09/10 17:24
ドルトムントが4231やると監督変わっても無駄に中央密集して停滞することがよくあるんでね。
まあ選手のタイプの問題ですかね。サイドに貼ったり流れたりするよりは中央でボール受けたがる選手が多かったので。
ファブレがそこら辺のポジショニングや循環をちゃんと整備してくれるなら別にいいんですけどね。
[ 2018/09/11 10:55 ] [ 編集 ]
ドルトムントが4231やると監督変わっても無駄に中央密集して停滞することがよくあるんでね。

クロップ最終年の中央密集はトゥヘルが解消したでしょ
シュテーガーの中央密集はドイツ三銃士の同時起用が原因だよね
連携が成熟しないと循環は期待出来ないんじゃない?
ファブレが評判通りの戦術家なら
トップ下はプレスがきつくても中央で受けて捌ける選手、
サイドはサイドに張る選手を起用するでしょ
[ 2018/09/11 17:39 ] [ 編集 ]
>ドルトムントが4231やると監督変わっても無駄に中央密集して停滞することがよくあるんでね。

本当に試合見てました?トゥヘル時は両サイドラインにロイスとミキタリアン張り付かせたて4231やってる事が多かった。確かにデンベレは中に入るタイプだったけど、逆サイドはサイドラインギリギリに張ってることが殆ど。
シュテガー時も、どちらかはサイドラインに張ってますよ。
無駄に密集するのはドルトムントでは無く日本代表の試合。本田、乾、清武は常に中に入って来る。
[ 2018/09/11 17:47 ] [ 編集 ]
2018/09/11 17:47
本当に試合見てました? 
ああ、見てなかったのが分かる内容です。
ロイス、ムヒタリアンのサイドは両方中に入るタイプで香川がいつも窮屈そうに、時にはサイドに逃げるようにプレイしてたんですよ。
[ 2018/09/14 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。