ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ゲレイロ!またもや代表で負傷!!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

guerreiro 2


ドルトムント:トプラクに続き、ラファエル・ゲレイロも負傷!!



やっとドルトムントの負傷者が0になったところだった。しかし週末にかけて二人の負傷がでた。日曜日にラファエル・ゲレイロが筋肉の負傷によりポルトガル代表を離脱し、ドルトムントに戻ってきた。

スポンサーリンク



土曜日にはエマ―・トプラクが太ももに肉離れを起こしたことをクラブが発表したばかりだった。


ゲレイロは昨シーズンも筋肉に問題を抱えてており、後半戦のほぼすべてを欠場しなければならなくなった。さらにシーズン開幕はコンフェデカップで踝にひびが入ったために、出場できなかった。


このポルトガル人はすでに公式戦30試合を負傷のために逃していたのだ。


BVBは詳細な診断結果と復帰の見通しについてはコメントしていない。




以上です。

また代表で負傷ですか・・。ゲレイロの代表戦での怪我は初めてではないだけに、本当に参ってしまいますね・・。これでシュメルツァーが左サイドで出続けることになるかと思うと、チャンピオンズリーグが心配です。

とにかく重傷でないことを祈りましょう。

[ 2018/09/10 06:00 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(11)
ユーロ2016でポルトガルが優勝して以来、代表で怪我せず帰って来たことがありましたかね…
[ 2018/09/10 06:13 ] [ 編集 ]
代表戦での怪我が多過ぎですね。香川も代表で怪我したりコンディションを落としたりしているので代表との両立は厳しいとは思いますが、ゲレイロの怪我は残念です。
[ 2018/09/10 07:01 ] [ 編集 ]
こういうニュースを聞くと、補強するポジションは本当に今回の内容で正しかったのか…と問いたくなります。
[ 2018/09/10 07:37 ] [ 編集 ]
まあ代表はしょうがない
[ 2018/09/10 10:39 ] [ 編集 ]
ゲレイロも含めて代表で負傷して戻ってくるを繰り返し過ぎてやばい
[ 2018/09/10 10:53 ] [ 編集 ]
ゲレイロ、また、怪我ですか?
昨シーズンもほとんど怪我だった気がします。
残念です
[ 2018/09/10 11:02 ] [ 編集 ]
残念。おとといの親善試合のチームにシュメの代わりにゲレイロがいたら、ますますバルサみたいな連携が取れただろうと、期待してたのに。
[ 2018/09/10 11:13 ] [ 編集 ]
ファブレが怪我人の数に恐れおののくはこれからですね。ツォルクも怪我人ゼロの状態で人数が多い云々よりも、メディカルスタッフを充実するべきだと思います。週2ペースで試合が続くわけで、ロイス頼りだと間違いなくロイスも怪我で居なくなるでしょう。スポーツディレクターは毎年何を見ているのやら。
怪我人過多と成績低迷で香川頼りになり、遮二無二こなして危機を救い酷使からの怪我。そして来期ベンチ外からの放出要員・・冬には逃げ出して欲しいものです。
[ 2018/09/10 11:34 ] [ 編集 ]
なんだかゲレイロは代表へ行く→怪我して帰ってくるが常態化してきてますね
軽傷であってほしい
[ 2018/09/10 13:08 ] [ 編集 ]
>ツォルクも怪我人ゼロの状態で人数が多い云々よりも、メディカルスタッフを充実するべきだと思います。

確かに。でも、ゲレイロや香川は勿論、他の選手もクラブ内の怪我よりも代表での怪我率が圧倒的に高いと思うよ。代表はなんか違うスイッチ入って、お互いに(選手も監督も)無理したりさせるんだろうな。
[ 2018/09/10 16:24 ] [ 編集 ]
暗いニュースだなー
ファブレはSBで使わないからまだマシだろうけど、完全なゲレイロのプレーを見たいわ
[ 2018/09/11 15:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。