ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!プリシチ移籍に備えて、メキシコ代表のロサノを獲得か?

【ゴール】

lozano.jpg

BVB、ロサノの獲得に興味か?


ボルシア・ドルトムントが、どうやらイルヴィン・ロサノの獲得に動いているようだ。







スポンサーリンク



“カルチョメルカート”が伝えたところによると、ドルトムントは、クリスティアン・プリシチを放出した場合に備えて、イルヴィン・ロサノを抑えておきたいようだ。

現在ロサノは2023年までアイントホーフェンと契約している。BVB以外にはインテル・ミラノやマンチェスター・ユナイテッド、ユヴェントス、アトレティコ・マドリッドなどが獲得に動いているとされている。





以上です。

ロサノはワールドカップドイツ戦で決勝ゴールをあげた選手ですね。しかしSpoxの報道によると、移籍金が4000万から5000万ユーロとみられており、これがドルトムントにとっては問題になるだろうとのことです。ドルトムントと噂になったのはこれが初めてではなく、4月にも一度噂になったようですね。

しかしプリシチの代わりというところが気になりますね。個人的には出してほしくない選手ですが、やっぱりクラブは高く売れるうちに売ってしまおうと考えているのでしょうか・・・。




[ 2018/09/10 13:36 ] ドルトムント18/19 | TB(-) | CM(4)
プリシッチは残しててもこれ以上成長しないでしょ。ユースとか関係なく高いうちに売った方がいい
[ 2018/09/10 13:39 ] [ 編集 ]
サイドの選手も過剰なのになんでそんな価格で取るんだよ
[ 2018/09/10 15:38 ] [ 編集 ]
プリシッチは売却OKですよ。
ドルトムントは守備が弱いのとアルカセルを活かす為にこね過ぎないSHが必要ですね。すでにヴォルフサンチョラーセンロイスゴメスがいるのですから新規選手は不要だと思います。
ドルトムントの駄目な所は、駄目な選手を無駄にスタメンにして、有望な若手を無意味にベンチに置くところですね。
もっとサンチョもゴメスもラーセンもヴォルフも出場機会を与えなくてはいけません。機会を与えないからより下手になって不良債権と化してしまうと思います。
[ 2018/09/10 18:57 ] [ 編集 ]
プリシッチの代わりにはなるけどもう代わりはいる。わざわざ取る必要はないと思うけどね。ラーセンやサンチョ、ゴメスに競争は必要だろうけどこのプレーヤーまで取るとなると過剰競争になるんでないの?
今のドルに必要なのはウイングじゃないよ。香川の代わりがいない。攻撃的ミッドフィルダーがいない。ここのポジションにいいのがいないと攻撃が空回りするよ。現にそうなってるしね。
[ 2018/09/10 20:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。